2007年5月13日 (日)

暖冬の弊害

雪が少ない暖冬で何の文句あるんだ!
と言われそうだけど
暖冬のため雪の少ない畑で
子どもは遊びまわり
あちこち穴をほり・・・
春先には畑の畝が消えていた。

畑の土はよーく踏み込まれた
てかってか目のしっかり詰まった状態。

子どもにはかわいそうだけど
ここは遊び場ではなく
キミたちの食料がとれるとこだから!
と今更ながら不要な立ち入り禁止となった。

昨秋知り合いから豆トラをもらった。
うちみたいな石垣農園(石が湧いているように多い)
では使えないのでは?と思ったが
以外に使える。
不耕起というのも気になりつつ。
ここまで岩盤化!?した畑を
どうすればいいのだ・・・と、とりあえず豆トラで
ふっくらさせ、堆肥を入れてみる。
見た目だけかな~。
調子づいて私の手にも豆ができるくらい
やっていたら、ピタリ!と豆トラ突然停止。
それからうんともすんとも言わず。
うーん結局クワ使ってます。
雨も降ったしお休みだ。
どこまでいっても体が頼り。

| | コメント (2)

2006年6月16日 (金)

招かれざる客・・・

ここ数日歓迎しないお客さんが訪ねてきます。
アナグマです。「クマ」といってもイタチなどの仲間で
大きさはタヌキくらい。
夜行性で道路などでもモコモコと歩いて、
のんびりしてそうだけど
実はなかなか強気で獰猛なのです。
「ねー、ちょっと・・・」
と優しく声かけるくらいでは動じません。

この時期まだ雑草がそれほど生い茂らず
わが家の畑も畑らしい姿、ようやく移植した苗が根付き
遅まきの種も芽が出揃った・・・こんな時期に、
畑を掘っくり返しに来るのです。
土の中のミミズが目当てなのでしょう。
2、3年あまり姿を見かけず、頭数が減ったのかな・・・と心配したら
無事の報告にやってきました。
でもでも花壇や畑が朝ひっくり返っていると悲しくなります。
「山の生き物がたは先に住んでいて、オラたち人間が
後から来たと思っている・・・」
山の生き物たちにも寛容だったばあちゃん。
私もそうは思います。
アナグマ君無事でいることはわかったよ、でもね、畑はやめて!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

石垣農園 2

家の前の畑は連れ合いが19年前にタイマグラ入り
したときからはじめました。
戦後の開拓地とはいえ、この場所は畑としては
使われていませんでした。
大家さんが当時牧草を作っていたのが畑だった場所。
連れ合いは家の前を畑にしようと開墾はじめたのです。
家に近い側はずいぶん土もよくなってきました。
石もなく野菜もそこそこできます。
しかし少し川のほうへ進むとザックザック大判小判ならぬ大石小石。
養分もスースーと抜けているのでは?
石が湧いているのでは?と思うようなところ。

マメや芋、大根、この地にあったものをきちんと作りたい・・・
と思ってここ数年手をつけていなかったササ薮の開墾です。

コツン「あっ石!」掘っていくとその全容があきらかに。
大きな大きな石が姿をあらわしました。
連れ合いと金棒で少し動かしては
石をかませ、持ち上げていきます。
そのうち子どもたちも帰ってきて応援がにぎやか。

数センチずつジワリジワリ・・・。
最後は連れ合いがゴロン。
出したはいいけどもう動かすことはできません。
畑のど真ん中休み石になりました。

私の研いだ鎌の切れ味も悪く、ササも丈夫すぎ!
片手では鎌が使えず、テニスのラケットのバックハンドの要領で
ザックザック刈っては腰を伸ばし、休み休みのササ刈り。

そんな作業をしていると朝から晩まで来る日も来る日も
開墾してきた昔の人ってスゴイ!と思えるのです。
私は「やーめた やめたっ」て他の仕事をしたりするけど
ばあちゃんたちのあの集中力というのは
「ここで生きていく」という覚悟が生み出す強さなんだろうな・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

石垣農園

今日は「晴れ~!」って天気ではなかったものの、今シーズン一番くらい暖かかったかな?ストーブは朝だけ。日中そして夜もなしでも平気です。
今晩は湯たんぽもなし!お風呂で暖まってそのままお布団へ・・・。の前のひと時です。カタクリも今日みたいな気温が2日続けば咲きそう。そして畑仕事も始まりました。
といっても今日は堆肥場作り。これまで縁側のすぐのところだったので気持ち奥の方へ穴を掘って新堆肥場を移動させました。しかーしそう簡単には作業はすすみません。なにしろ川の近くなので10センチも掘るとザックザック大判小判ならぬ石石石・・・。大きいのなんかは連れ合いが腰をぬかしそうなほど。一抱えもある石3つぐらい入ってました。
ほんの1畳ほどのスペースを連れ合いと二人午後いっぱいかけて40センチ。
出るは出るは二人して呆れてしまいました。出てきた石は家の周りのぬかるみにばらまいたけど石欲しい人、石と戯れたい人、石と心ゆくまで楽しみたい人歓迎です。
・・・っていないよね。「ハコベ農園」とか「よつば農園」とか「七草農園」名前いいよなーと思いつつうちは「石垣農園」ってところかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)