« 観察会のお知らせ | トップページ | 夏の色 »

2018年7月14日 (土)

梅雨明けまぁだ?

西日本のとんでもない大雨。何でもない一日を過ごせることが、奇跡のように思える夏の日。島根へ向かう伯備線の車窓から眺めた静かな街並み、山間の集落、高梁川のヤマセミ…。一日も早く日常の生活が戻ってきますように。

ジンクトミーさんからスタートした7月のフィールドノート。初のマンドリンと共に。息子との音楽談義も盛り上がり、私はチンプンカンプン…だけど楽しそう。その複雑な音色とタイマグラの縁側の似合うこと!

早池峰登山リベンジのファミリーは、雨に合うこともなく、花々に歓迎されて、良かった良かった。珍レコード・コレクター氏とのお話で、わが家の石・コレクター氏との共通項が見つかる楽しいひと時。

海水を天日と風で乾燥させ、塩作りを手がけるハシモトさんは、旅の人。軽々と対馬から。あれから私も九州の地図を眺めている。近いうちに…。

クマの親子、クワガタ♂♀、ホタル、タヌキ…。一泊のタイマグラ滞在で出てくる出てくる山の生き物たち。共通の知り合いも出てくる出てくるトワ君親子。わが家の三兄弟と重ねながら、年長さんの可愛いおバカ男子っぷりを眩しく眺める。

さてと、この後もコワイくらいに楽しみな再会、ウレシ、ハズカシ⁉︎初登場の方まで、続く夏の日。梅雨明けまだですかぁ?



「ワタシも梅雨明け待ってます」和歌山田辺のハシモト梅の呟き。


やって来るのは人だけじゃない、フィールドノート。昨夜は蛾のパーティー。今朝はその残党が、余韻を楽しんでいた。


アチコチ忙しく飛び回っている連れ合い。出かけ先での鉱物採集もぬかりなく。先日仲間入りしたバーバファミリー…じゃなくて、青森の「津軽小僧」、あまりの可愛いさに、お箸置きとして食卓に友情出演中。

|

« 観察会のお知らせ | トップページ | 夏の色 »

コメント

おととしの台風騒ぎから、この度は何とも心地よいタイマグラ滞在本当にありがとうございました。
①熊の親子との遭遇②ヒメボタルの乱舞③タヌキとの対面
④夕立の後の二重の虹⑤マンドリンとギターのセッション談議
⑥緑の木々を見渡しながらのマキ風呂湯船⑦縁側での夕闇晩餐
(お酒も料理も大満足)⑧おまけ・・・キャンプ場からの車救出要請
(奥畑氏の技量にて難なく終了)秋には別のタイマグラロケーションを楽しみたいと思う次第です。

投稿: JNKU-TOMY | 2018年7月19日 (木) 01時12分

JNKU-TOMYさん
今回も本当にありがとうございました!そうそう、虹も良かったし、ホタルも。あの2年前の台風前夜と今回のゴクラクのような時間との対比が…。また秋にも是非!そして、FBで息子たちよろしくお願いします⁉︎

投稿: yama | 2018年7月20日 (金) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 観察会のお知らせ | トップページ | 夏の色 »