« 雪のあと | トップページ | コワゴワ ユラユラ ユルユル »

2018年2月14日 (水)

寒さの底

雪の日から一週間が過ぎる頃、屋根の雪がとけた。
本日は晴天なり。しかし寒いなり。

ドドドーッ!と雪の塊が落ちて来るのを覚悟して、屋根の下は素早く通り過ぎていたけれど、今回はチタチタ ツツツ…根気よく雫になってとけていった。

お日さまさまさま。暖かく、風はふんわり春を思わせるよう。そんな暖かい日もあるにはあるのだけど…。

基本的には寒さの底を漂っている。
「…でも、風が吹かないのが助かるね」いいとこ探しをしたら、リクエストと勘違いしたのか、早池峰おろしも雪を従えて、寒さを増幅させてくれる。まだまだひと波乱ふた波乱?お手柔らかに。

ここのところラジオはオリンピックに持っていかれている。…ならば!夜は朗読を聞いている。松本清張の犯人に動機が甘い!とツッコミ。向田邦子の結末にうまいねーと唸り…。藤沢周平のつましい夫婦モノに、重なるコトやら、サッパリ違うコトやらを思う。つげ義春を聞いた夜など、その続きのような夢を見た。市原悦子や岸田今日子、江守徹の声がまた聞かせる。繕いものがはかどる冬の夜。





アナーキー靴下復活
ヒョウタン大活躍!


虫食いセーターの敵討ち


|

« 雪のあと | トップページ | コワゴワ ユラユラ ユルユル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雪のあと | トップページ | コワゴワ ユラユラ ユルユル »