« 冬のソワソワ | トップページ | 雪のあと »

2018年2月 3日 (土)

2月…雪の日

皆既月食を眺めた1日の夜。
赤いボンヤリ満月に誘われて、寒さも忘れる。

2日、氷点下…15度くらい?快晴の朝。
ダイヤモンドダストの舞う中で、
寒いな・キレイだな・寒いな・キレイだな…。世の中全てがキラッキラと輝く。

そして本日、3日の朝。
布団の中で今日のアレコレを考える。
朝一番で洗濯を済ませて、
ラジオを聞きながら、明日のシチューとパンの仕込み…。
土曜朝は朗読→ピーターバラカン→ゴンチチで台所仕事。
軽くストレッチをして「よしっ!」
起き出して外を見て「えっ!」

本日の予定。雪かきに変更!
なんとか動く体と、雪かきをする気力があってよかった。
久々の大雪。50センチは降ったのではなかろうか。
始まったばかりの2月。
3日目にしてノックアウトされるわけにはいかない。
「立つんだジョー!」と繰り返しながら
辺りが暗くなるまで雪かき。
この後どんな冬の日が待ってるのかな。

「レポート締め切りギリギリに提出完了!」20歳「卒論提出!」22歳
ご苦労さん。
本日は恵方巻兄弟。各地で作った太巻きの写真の競演!?に母胸が熱くなる。きちんとごはん食べているのが何より嬉し。
17歳の隠岐の島では節分にナマコを食べると…。

さて、大学生は長い春休みに入る。
そこで~
『フィールド・ノートにおいでよ 
  大学生春休みキャンペーン!』

宿泊料が割引されるらしい~
暮らすように泊まる宿、お手伝いが(も)待っているらしい~
2019年2月・3月 
1泊2食(朝・夕)3000円

ウチの子たちがアチコチでお世話になったり、旅先でいろんな出会いをしている今日この頃、ヨソの子おいでというわけ。

そしてここ数年、かつての大学生たちが「あの頃タイマグラに出会ったのが…(笑)」なんて嬉しい再会が続く。

痛いような厳しい寒さ
宝石のような美しい朝
何時間もかけてわかす薪のお風呂
初めてなのに懐かしい薪ストーブ
いつも誰かと一緒のごはん

大学生おいで。
今日みたいな大雪の日には強く…思う。(ふふっ)



ダイヤモンドダストの中、縦横に走るシカの足跡を追いかける。今日の雪で、シカどうしてるかなぁ。



なにもかにも、雪だらけ。「空からの手紙」殺到しました!中谷宇吉郎センセイ!




この後もガンガン降って橋のたもとに除雪車到着16:00過ぎ。道がつながりひと安心。除雪車に拍手!






|

« 冬のソワソワ | トップページ | 雪のあと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬のソワソワ | トップページ | 雪のあと »