« 冬のシアワセ | トップページ | 「やさしくなあに」実践編 »

2017年12月31日 (日)

フツーの大晦日

冷蔵庫はもちろん、冷凍庫いらずのタイマグラ。冷えている。

裏の部屋に置いてあるものが、片っ端から凍っている。そんな部屋でここのところ寝ていたのだけど、湯たんぽの助けを借りれば、なんとかなるもんだなぁ。寒くて、冷たい日が続くけど、暖かな気持ちに包まれている。

厳冬のタイマグラを訪ねてくれた初めてのササキさん。山形で始まろうとしている活動が楽しみ。行ってみたいと思っていた大江町から!

そしてサイキファミリー!もはや親戚のよう…⁉︎初めての冬のタイマグラを楽しむコムギちゃん。…を眺めるのが、私は楽しかったよ!

年末恒例のデクノボーコンサート&餅つきも無事終了した。今年は久々に子どもたちが揃った。わが家の三兄弟だけでなく、一緒に育ってきた子どもたちもズラリと。

それは頼もしく、眩しく、壮観で、楽しく、嬉しい時間だった。社会人1年目1人、大学生7人、高校生8人。大人12人…。そして来ることが叶わなかった亡くなった大切な人たちを思う時でもあった。

ナゴミさんの伸びやかな歌声は、タイマグラの星空を越えて、天国にまできっと届いていたと思う。ホントにホントにありがとう!

最近短い時間の記憶があやふやな連れ合いお母さんから、たびたび電話がかかってくる。電話が繋がってもコトバがうまく出てこないことが多い。
しかし数日前のこと「トミオカ高校出てるで!」近年稀に見るクリアな、かつてのお母さんの声だった。巷ではダンス部が話題になっていると22歳が教えてくれた。連れ合いの活動した山岳部と地学部は残念ながら廃部になったようだが…。

「年越しそば食べながら、紅白の郷ひろみ、見ましょうねっ!」お母さんと約束している。フツーに大晦日を過ごせることが、何よりも嬉しい。

母のレシピ帖をめくりながらのおせち作り、紅白歌合戦までに終わるかな?

今年も一年ありがとうございました。
来年も明るい方へ向かって!









|

« 冬のシアワセ | トップページ | 「やさしくなあに」実践編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬のシアワセ | トップページ | 「やさしくなあに」実践編 »