« チョロチョロ焚き | トップページ | 一本道 »

2017年6月23日 (金)

蜘蛛女

梅雨入り宣言の日は、納得の土砂降り。本日は梅雨明けのような好天。

今朝も畑はセーフだった。ホッ!何がセーフかといいますと、畑への招かれざる客、鹿!!毎朝起きるや否や縁側に立ってグルリと見渡す。

4日前までワサワサ繁っていた食べ頃のリーフレタス、前回5月の襲撃に耐えたレタス3株、同じくサトイモ3株。ピーマン、トウガラシは、伸び盛りの柔らかな芽がムシャムシャ。
畑全体を囲い、更に二重に囲ったのは(網が残ってたので)鹿の好物、モロッコ豆とレタス。見事に無い無い無い…。あるのは鹿の足跡。

悔しい、悲しい。なんちゃってな畑ながらも、春から秋は食卓を賑わせてくれる。
途方にくれて畑を眺めつつ、夜までに手を打たなければ、次の襲撃がくる。心を決めて、いざ下の集落のよろず屋さんへ。
「スズランテープ!下さいっ!」
帰宅後スズランテープと脚立をもって畑へ直行。頭の中は、迷うな!手を動かせ!
もはや目的も忘れ、無心で糸を出し続ける蜘蛛。グルグルル〜。
息子からは空間アートの域ですなと。そう言われればまんざらでも…。お城をグルグル巻きにしたり、島をピンク色で囲んだり、クリストがチラつかないでもない⁉︎
風が吹くと、バタバタバタバタとテープは音をたてる。

消えたモロッコ豆とリーフレタスの種を蒔きなおしながら、鹿の嫌がることを鹿の気持ちになって考えている。
蜘蛛になったり鹿になったり。人になったり…。








|

« チョロチョロ焚き | トップページ | 一本道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チョロチョロ焚き | トップページ | 一本道 »