« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月26日 (日)

入居者募集中

春、あちらこちらで始まる、新しい暮らし。
去年は、息子二人の部屋探し『神田川』の歌の世界のような部屋を探したのだが、こちらの探し方が足りなかったのか、風呂もトイレもある部屋となった…。銭湯も無くなっていく時代、しかたなかったかなぁ。

さて、ただ今入居者募集中。敷金礼金なし!好条件の物件アリ〼。カラマツ、オニグルミ、ハルニレ、サワグルミに寄り添って、程よく離れた6軒の小さなお家。
タイマグラでの暮らしを考えているヒト…ではなく、モモンガたちの住宅。

先月末、夕暮れ時に飛び交っていた3頭のモモンガが、ピタリと姿を見せなくなって、早一カ月。どこに行ったのー!
それでも日の長くなった夕暮れ時、未練がましくモモンガを探す。夕暮れ時の雪かきでウロウロ歩き、連れ合いの両親のお家まで、お散歩を兼ねてモモンガ探し。手足はポカポカ温まるのだけど、肝心のモモンガが姿を見せない。


束の間帰省中の21歳、モモンガ住宅設置にかり出される。

| | コメント (0)

2017年2月10日 (金)

妄想雪かき

ここのところ、雪かき➡︎グッタリ➡︎読書のルーティン。折り返し地点は通過したと思われる冬を、しばし楽しんでいる。昼過ぎに登場する郵便屋さんまでには、サラッと済ませておきたい雪かき。

真っ白な世界に身を置くと、ある時は京都の古寺の枯山水庭園…またある時は老舗旅館(「老」だけは現実ね)、雪景色の日本庭園を眺めながらエントランスまでのアプローチを掃き清めるように…。
かと思えば、安部公房の「砂の女」がよぎる日も。砂丘に閉じ込められ、来る日も来る日も砂をかき続ける暮らし。嗚呼外へ出たい!自由になりたい!否、外界と関わりを持たない自由…。

…と、そんな妄想の旅人をしながら雪かきができるくらいなので、取り敢えず大した雪降りではありません。
ホントに大雪になったら、もう、無心です。

数センチほどの雪かきをやるか、放置するかは、後々に関わる。車の轍が縦横について、それが凍りつくと、なかなか手強い。

さあ、本日の第2ラウンドのゴングが鳴った!午後の部雪かきを始めよう。こんな気分で!👉⚫️






| | コメント (2)

2017年2月 3日 (金)

冬シゴト

北風だか早池峰オロシだか全方向から吹く風。「コレよコレ!」と地吹雪を眺めるも、夜になって収まる。雪も冷え込みも今のところは緩い。
キリリッとした冷え込みの来ないまま、1月を見送り、油断のできない2月が、ドキドキワクワクスタートした。そんな暖冬ではあっても凍みホド作り(ジャガイモのフリーズドライ)は、待った無し。文明の力(冷凍ストッカー)に手伝ってもらうことにした。
タイマグラ沢でのアク抜き2週間➡︎軒下凍結乾燥1ヶ月。3月、寒さが続くうちにジャガイモの水分が抜けないと、芋が傷んでしまう。
今日は芋の皮剥きをして、沢でのアク抜きが始まった。

寒さのタイミングを逃さず、平行して3月には一週間続いた味噌玉作り、乾燥させて、仕込み。それも、大量の凍みホド、大量の味噌玉…。
ばあちゃんの迷いのない所作、真っ直ぐな仕事を思う。

さて、今年も味噌豆踏みます!丸めます!
3月4日・5日
●4日13:00〜フィールド・ノート集合。湯気をモフモフ浴びながら豆を潰し、粘土遊びよろしく味噌玉作り。(や、真剣です!空気を押し出しトントントントン)潰した豆の美味しい事!(摘み食いはそこそこに)
●5日午前中〜藁をないながら、前日の味噌玉を吊るす。藁ない…現代ではなかなか出番のない藁を縄にする作業。コツを掴めぼ、永遠にやっていたいような、シゴト。お昼には作業は終了の予定。

小さな1日を重ね、巡る季節に添いながら、今年も同じシゴトに向かえることに感謝!微かに春めくタイマグラで、お待ちしています。

雪が少ないとは言え、風が続かないとは言え、吹き溜まりが、アチコチに。が、タイマグラ橋の手前まで除雪車が入ってくれていた!除雪車おじさんのシゴトが美しい。明日の雪かきの力がみなぎって来た!(…かも)

冬は本読みも楽しいシゴト⁉︎中谷さんと星野さんは冬になるとお世話になる。茨木さんのコトバに背筋をしゃんと伸ばし、片桐さんは…もう…タイマグラで是非お会いしたい!






| | コメント (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »