« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月23日 (金)

年末お天気雨

16歳の期末面談で隠岐海士町へ。来春からの文理選択。まごうこと無き文…なのだろうな…。子どもイロイロ。

その前後に立ち寄った隠岐の島の実家では、重曹液のスプレーとボロ布片手に過ごす。

獲物を探すハイエナのように、汚れを探してウロウロ。ガラス、風呂場、洗面所、台所、エアコン…。
母には「もういいから〜」と言われながらも止まらない。松江と隠岐の島を行き来する私の両親の暮らしも四年目。元気でいてくれることに、感謝。磨くことくらいしかできない。そして旅人の目は、汚れを逃さない。

タイマグラに帰宅して3日は、私もわが家で、旅人の目をギラつかせてきたのだが、タイムアウト…。目が慣れました。もはやいつもの風景に。
旅人の皆さんにはいつもの風景に巻き込んで、ご迷惑おかけしております!

島根からの帰り、久しぶりに東京で寄り道をした。
詩人ぱくきょんみさんの優しくて力強いことばに再会。賑やかな渋谷の街から一歩入ると…心地よい世界がひろがっていた。
「詩は生きていくリズム…」と言うぱくさん。
今年は豊田勇造さん、国分寺エクスペリエンスのおちょこさん、ことばを旅する機会に恵まれた。

一旦雪に包まれたタイマグラも、ここ数日の気温上昇、そして昨夜の雨で茶色の世界。

さて、この日曜日は今年もありがとう!のデクノボウブラザーズライブ。
今回、バタやんセンセイがドラムセットを持ち込むという。まぁ、ご近所迷惑は、森の動物たちくらいのこと。どーぞどーぞ。

と、先日会ったデクノボウタケちゃんが「ドラムセット、ホントにいいの?」と念を押す言葉に、ちょっとドキドキ。床やガラスの心配もチラリと頭をよぎる。

お腹の中にいる時から和みくんの歌を聴いてきた三兄弟、21歳はギター担いで帰省とか。16歳は文化祭で送り込んだベースを再び送り返し、兄弟でデクノボウに挑むのか⁉︎19歳は今回は揃えず残念。
久々に「本土本土!」と舞い上がる16歳。年末はディープな山形に迫る19歳。わが道を探り、進む21歳。
米はたっぷり用意した。
そしてワタシャ、飯を炊く〜
オンボロロ オンボロボロロ〜

早池峰挽歌…
お別れした人たちを思いながら仰ぐ早池峰。

今年は三兄弟それぞれの地で、そして私たち夫婦は再び古くて新しい二人暮らしが始まった。
子どもたち、旅人さんたちが、いつでも帰りたい家でありたい、もんです。





東京では浅草の田中忠三郎コレクションを訪ねた。小豆が包めるほどの一寸の布も大事に使ってきた下北地方の命を繋いできた布。





一年の波乱を振り返るような天候。雪、凍結、気温上昇、大風、大雨…そしてそろそろ雪降りかな。

| | コメント (0)

2016年12月 4日 (日)

本日は晴天なり

ちょっと早めのクリスマスプレゼントをもらったみたいに、気持ちの良いお天気。おっかなびっくりだけど、暖かいのはやっぱり嬉しいね。薪ストーブも朝焚いた後は、夕方まで火をつけないで過ごせるほど。体もノビノビ。カメムシも越冬先に落ち着いたのか、暖かさにうっかり出てくることもなく、少々…ホントにちょびっとだけ物足りない。

もはや曜日なんて木曜日の可燃ゴミの日だけ覚えておけばいいくらいに無縁な暮らしとなったのに(⁉︎)、金曜日の夜や、土曜日はなぜだか嬉しい。
お日様でカラリと乾いた洗濯物。布団もズラリと日向ぼっこできて嬉しそうだ。
本日のヨロコビ、まだあった。この一ヶ月壊れていた二層式洗濯物機の脱水機のタイマーが(試したことはないけど、永遠に回り続ける気迫を漂わせて回り続けていた)突如直った!自然治癒!
それから先日いらした山田町のNさん、船越半島の山から真っ白な早池峰が見えたよ〜、その麓にタイマグラですね…と電話を掛けてくださった。私も海の町山田へ向かってヤッホー!

沿岸潮風トレイルは12月、好天なら年明けも歩ける。「いつ行こっか?」連れ合いとカレンダーにらめっこ。

そんなささやかな「ヨロコビたち」を貯えて、この冬もゆるゆる始まった。


カラマツ落葉終了!眺めるには良いのだけど…



待ってました!集落の無人販売で赤カブ登場早速漬物に



雪の前に薪仕事終了!ご苦労さま!
ココロして使いますゾ!



先日新蕎麦を訪ねて山形へ。星飛雄馬似のキリリ眉毛の山伏でジャケ買いの乾蕎麦。土曜の昼は麺…

| | コメント (2)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »