« タメライ顔あるいは般若顔 | トップページ | 夏の終わり »

2016年8月12日 (金)

楽天家

私、基本楽天家である。私を上回る楽天家の連れ合いのおかげで、若干影は薄いのだが。 「あーよかった!」だの「ちょーどいい具合!」と、発想する癖と言うかなんと言うか。まぁそうでなくっちゃ、タイマグラで暮らしていけなかったかな、とも薄っすら勘付いてはいる。
良かった探しは、松江の祖母に由来していると思う。5年前の冬、当時危なっかしくも、叔母たちのサポートで一人暮らしをしていた97歳の祖母を訪ねた時のこと。私が現れるや「あーよかった!」と言う。何かと思えば「今、二階で洗濯物干し終わったところなの。見つかったら現行犯で、叱られるとこだった」。茶目っ気たっぷりに言った。階段が危ないので、二階に行かぬよう言われていたけど、まきストーブで吹き抜けの家の二階は、洗濯物干しにはうってつけ。

こんなこともあった。まだわが家の三兄弟が幼い頃、私の兄たちの子も同年代のそれぞれ三きょうだい。大賑わいでお年始に押しかけ、祖母が作ってくれたおぜんざいをいただいていると、誰かが「バシャーン!」と、ひっくり返した。とっさに祖母は「あーよかった」と言う。どこが?と思った次の瞬間「…お膳の上で」と。一同おばあちゃん、凄いなぁと思った。良かった探しも年季が違う。

「お盆頃かな」。日頃からお年寄りを看取ることの多い父が8月に入った頃言った。102歳の祖母、10日の夜、天へと旅立った。79歳の母を頭に5人の子どもたちが揃って元気に、思い出深い家で、その最後に立ち会えるなんて、本当に最後まで幸せだったと思う。きっと「あーよかった」と半世紀前に先立った祖父と会えたかな。

19歳16歳、連れ合いと私の四人、山形朝日連峰の大朝日岳へ出かけた。久しぶりの小屋泊まり。

今朝6時から歩き始め、お昼前に無事下山。電波の入る所まで来て、祖母が天へと旅立ったことを知った。
14:04発、山形から新幹線乗り継いで、岡山から特急の最終で松江入りできることがわかった。お盆の帰省ラッシュを覚悟してたけど、これまた絶妙なタイミングで自由席に座れてしまった。帰ったらお客さん、申し訳ないのだが、連れ合いの仕事を入れてなかったのも、お手伝いの達人16歳が帰省しているのも、原稿を二週分書いていたのも「あーよかった」。一人新幹線に飛び乗る。
ただ三兄弟それぞれの場所に巣立った今年、9月海士町の高校に行くのに合わせて、松江でいくらかでもお手伝いできるかなと、帰りの日にちが決まらず、切符を買っていなかった。遅かった。年々岩手へと帰る日、祖母との別れ際は、こみ上げる思いを抑えられなかった。「夏の終わりに来るからね!」と、手を握ったのが、お別れになってしまった。それは、私の都合でしかないのに。
さ、新神戸まで来た。次は岡山。





安らかに安らかにと日本海に沈む夕日を見ながら祈り、
安らかに安らかにと今朝の朝日にも祈った大朝日岳の山頂から。山小屋の管理人さん、「こんなに綺麗に見えるのは、久しぶりのことだよ」と。

|

« タメライ顔あるいは般若顔 | トップページ | 夏の終わり »

コメント

お目にかかったこと無いけれど、良かった探しのお祖母さまのファンでした。
 
ご冥福をお祈りします。

投稿: の・いそじん | 2016年8月13日 (土) 06時08分

すてきな偉大なおばあちゃん、ほんとうにお疲れさまでした。
そしてyamaさん、帰省お疲れさまでした。

そんな楽天家のおばあちゃんは、生ききって笑顔で旅立ったのかなぁ~。「あーよかった」ってむこうで言っておられるのかな☆
楽天家って、周りを明るくして、素晴らしいですよね!

ちょうどわたしの祖母も4年程前に、102歳で亡くなったのです。
心配性で働き者でした。
来月お墓参りに帰る予定です。

山の風景も素晴らしいですね!

投稿: riepon | 2016年8月23日 (火) 09時45分

の・いそじんさん
こんにちは!ありがとうございます。
私がタイマグラ暮らしを始めて
真っ先に訪ねてきたのは祖母でした。
前向きで好奇心旺盛で人が好き。

「良かった探し」きっと長い人生には
すぐに「良かった!」と思えないことも
あっただろうけど結果オーライ。
そうありたいものです。

投稿: yama | 2016年8月27日 (土) 13時51分

rieponさん
ありがとうございます。
ここのところハトが随分と接近して飛んでくることが重なって
ふと祖母が何か伝えに来たのかな?
なんて思ったり。(笑)
rieponさんのお祖母ちゃんも102歳でしたか。
すごいことですよね。100年生きるって。
お元気で!

投稿: yama | 2016年8月27日 (土) 14時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タメライ顔あるいは般若顔 | トップページ | 夏の終わり »