« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月31日 (日)

サンライズ

一月は行く、二月は逃げる、月は去る…

いつもあっという間に過ぎるこの3カ月

今年は更に実感。

タイマグラ3兄弟の中学、高校、高専卒業の春。

20歳が高専に入学した5年前、しばらくして

そうなるらしいことに気がついて目をパチクリ。

 

4月からは上から順に函館、山形へ、

先日3番目も決まった。

18歳と入れ替わりで15歳は隠岐へ。

 

大雪で閉じ込められる前に予定を一日早めて

タイマグラを出発。

二日間のフェリーの欠航を経て日程通りの試験を終え

一週間後の合格発表の日は松江の家で、

叔母たち二人に妹、102歳の祖母と私

の見守る中、学校からの電話を待つ。

気分はまるで誘拐犯からの連絡を待つようで…。

 

高校から中学校へ結果連絡の後、

中学校から息子へ。
15
歳の神妙な表情で、

「…はい、はい」ほぐれる笑顔

「ありがとうございます!」

その声を聞いて私、泣きそう!

…と横を見ると、涙もろい叔母が先に泣いていた。

皆々ありがとう。

 

またまた松江と隠岐とタイマグラ近くなる。

いつもわいわいガヤガヤ笑ったり泣いたり

今回も賑やかに松江の女系家族劇場の

観客になったり助演女優になってみたり。

 

寝台特急サンライズ出雲で岩手へ帰る私と15歳に

昨夜は車内で食べられるようにと

叔母愛たっぷりのお弁当を持たせてくれた。

食べながら鼻の奥が熱くなる。

松江、隠岐でハラハラドキドキパタパタも飲み込んで

タイマグラへ。

 

わが家の子ども時間は間もなく終了。

季節の移ろいを刻んできた3兄弟、

3人3様新しい場所で

どんな出会いが待っているのだろう?

明日の朝はサンライズタイマグラになるかなぁ。


雪は降ったけど冷え込みがこなかった1月。

しびれを切らし、

冷凍ストッカーの力をかりてジャガイモを凍らせた

明日は凍みホドの皮むきに取りかかるぞ~。


| | コメント (6)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »