« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月24日 (火)

春の日

何気なく沈む夕日を見て…思わず二度見。
ずいぶん早池峰寄り(太陽の位置が高い)に なっている。
今さら気づいた。
春だなぁ。

春の日差しに雪どけがすすみ
土と雪の割合が半々。
…になったところで、しんしんと降り続ける雪。
これも春のお約束。

3月、若いお客さんが続いた。

や、30代の手習いでギターを始めたサイキさんや
40代の同年代サイトーさんもご一緒できてうれしい時間だった。
八幡平ナカムラさんとは初めてなのに
共通の知り合いが次々!
お客さんの取り合わせで、どんな話が広がるか
ライブの宿。

示し合わせたように
20代のお客さん、それも遠く
九州、島根、高知、そして今夜は
福岡から。
息子たちのお兄さんお姉さんという年代の
大学生や院生、この春働き始める人、
数年働いた後、これから新たな暮らしが始まる人。

皆それぞれの場所で踏ん張っていると思うと
私もここでやっていける。
また仕事についたり、迷ったり、家族が増えたり・・・
折々に遊びに来てね。

人生の春を生きる人達と
タイマグラの春の日を一緒に過ごせてよかった。

もうすぐ3兄弟が揃って
ご飯作りや洗濯三昧…
ヨロコビの時間をかみしめよう。
フクジュソウのお花見ランチ
今年もできそうだね。

| | コメント (2)

2015年3月 6日 (金)

なごり雪

雨!?
「ポトポトポト・・・」
さっき月が出てたのに?

外はモチモチの木のよう。
月に照らされたオニグルミの木。
きれいに月が見えている。

音の出どころは
ストーブの上でお湯が沸いてる音だった。
3月の雨にドギマギ
雪かきというより、もはや白い泥遊びをしているような
ぬかるみ。
雨が降ったり雪になったり。

味噌玉がぶらさがって1週間。
部屋の中も外も春。

初めまして!の・いそじんさん。
子ども時代の暮らしや食卓の記憶が素晴らしい。
秋田の向田邦子目指して
是非筆をとっていただきたい!
秋田のガッコ&酒にやられてしまいました。
「あさづけ」気になります。

岩手の暮らし、食、環境をZINEで
発信するサトーさん。
岩手暮らし始めた時のような旅人気分で
また広い岩手いろんな場所や人に会いに出かけたくなりました。

もはや親戚?感覚で私失礼ばかり
『君』呼ばわりしていたことが判明したチ~バさん(笑)。
感動のプリンを本日も14歳しみじみいただいておりましたよ。
純米酒をその仕込み水と共に飲む。これは是非やってみたい。
本当に毎度毎度ありがとう!

今年口開けの味噌、あろうことか
納豆風味になっていた。
こんなことは初めてで
大量の「にんにく味噌」に変身させるか
納豆なしの「あらかじめ納豆汁」として食べるか
頭の中でいろいろと思い巡らせる。
納豆断ちの期間を
もうちょっと長くしなくてはいけないのだろうか。
う~む。
「教~えて おばあちゃん」(ハイジの歌で)

味噌玉が賑やかにぶら下がった後に
いらした京都からのお客さんは
数学の研究者と画家というお二方。
それもお一人はドイツの方・・・とは思えないほど
滑らかな日本語。
初めての東北、初日がタイマグラ。

「数学なんて何の役に立つんだろう」
14歳がモヤモヤ抱く思い(私もかつてはそうだったのだが)
を訪ねると

  『・・・「%」、使いますね~。
  「関数」とかはやらなくてもいいと思う(笑)。
  「代数幾何」モノゴトの考え方の幅を広げてくれる・・・』

数学だけではなくではなく自転車、クロカン、音楽
その趣味の広さ、
そいでフィールド・ノートの時間も堪能してくれて
数学的奥深さを垣間見ました(笑)。
と言いますか、ドイツ人に
酵母ちゃんのライ麦パン
美味しいと言われ
気を良くしている。あ~簡単な方程式。
ありがとう!

さ、19歳が帰省してくる。
別名!?わが家の味の審査委員長(笑)。
明日はゾロリと先生たちと5者面談。
19歳の覚悟を聞かせていただきましょう。
もはや親離れ感アリ。
20歳のお祝いに
回らない寿司でも行きたいなぁ。
・・・息子にかこつけて。

浅草の弁天山美家古寿司、イキにつまみたいねぇ。
冬ごもりは妄想の季節。

ま、家でみんなでいただくお寿司に
まさるものはないよね。
今月末にはフクジュソウ花見寿司だね。

とりあえず明日の夜の豆カレーは仕込んで
鍋帽子で包んでおいた。

| | コメント (6)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »