« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月25日 (木)

春の日

次々押し寄せてきて
待ったなしの春。
もうちょっとゆっくり楽しみたい
「待って~!」と思いながら春のまっただ中。
子どもの成長とも重なる・・・

というようなことを先週の新聞エッセイに書いたのだけど。

そして今日は、ばあちゃんの眺めていた
コブシも開花。
「ほに、キレイだよ」

Dsc06953

エイザンスミレも

Dsc06956

カタクリ3兄弟も

そんなポカポカ春の日に
畑仕事をしていたらタヌキが寝ていた。
ひなたぼっこかな?
声をかけると
面倒くさそうにモゾモゾ動く。
タヌキ寝入り?
しばらく見るともなしにいたけれど
どうも様子がおかしい。
ほどなくタヌキは眠るように死んでしまった。

何でわざわざ森の中ではなくて
畑の真ん中だったんだろう?

こんな春のうらうらと暖かな日に
カタクリの紫色を目の端に眺めながら
眠るように死ねたらいいなぁと思った。
生きるのにも死ぬのにも春の日はいい。
タヌキ・・・合掌

| | コメント (0)

2013年4月24日 (水)

ビバ・GW!

午後から雨。
予報通り、午後から暗い雲に包まれて
怪しい風が吹き始め
ポツリポツリ・・・。

そんなこんなで昼までに・・・と
トイレのくみ取りと
雪解けの本日より畑スタート!
といってもまずはギシギシ抜き。
スタート以前か・・・。
何とか雨の前に終わる。

それにしても春になって
シンソコ良かった良かった。
と呟いている。
何故って・・・薪が足りない!!
真冬かってくらいに厚着を楽しんでいる。
ま、そんなに冷えてないのだけれど。
気分だけでもシノイデル感を盛り上げている。
今から灯油を買うってのも
何だかなぁ~だし。
乗り切るぞ!おぅー!
なわけでお散歩がてら風の落し物を集めている。
感謝。

連休もパタパタと予約が入り、これまた感謝。
初めての方やら毎度おなじみ常連の皆みなさんやら
穏やかな連休が過ごせますように。

新学期が始まり、何やらココロを入れ替えたとかで
勉強とギターをベリベリやっていたはずの17歳
早速買ったばかりの(中古)ギターが故障し
トホホ。また賑やかなギター小僧が帰省する。
人生楽ありゃ苦もあるさぁ。

9連休の15歳。
きっと寮の友達も皆帰省するのだろう
「連休帰れないよね」なる心細さ120%のメールが
先週はじめに届き、こちらも一応調べたりしたものの
やはり日程的にも
道路も空もお財布もキビスィ・・・。
私の両親も春から15歳の暮らす島のお隣の島に来たりで
島から島の島尽くしで過ごしてもらう。
愛用のスラックライン(綱渡り)を送っておいた。
とりあえず楽しそうに高校生活を送っているらしい。
忙しいのか落ち着いたのか、
さっぱりメールも来なくなったけど。

12歳剣道部入部で
早速私の送迎生活もこの週末再スタート。
いざ宮古!
連休もあるよなないよな。

連れ合い仕事の合間に鉱物観察。
いや、鉱物観察の合間に仕事・・・。

5月12日一関市の北峯氏を講師に
遠野市(宮守村)で地質観察会。
何が出るか。
参加希望&問い合わせは
T/F 0193-78-2888
フィールド・ノートまで

Dsc06935

↑着々と整理がすすんでいるようないないようなコレクション!
 目指せ私設博物館

Dsc06936

↑鉄電気石(マジックで描いたんじゃありません!)

| | コメント (0)

2013年4月21日 (日)

ガチで。

20139421

雪が降るとは言ってたけど
こ、これは・・・。
本気で降っている。

春休みに17歳の
イマドキコトバが溢れ
条件反射的に
ガチ降り・・・と出てくるあたり哀しくもある。

カメラ小僧16歳から
タスキを渡された2代目カメラ小僧12歳
縁側より。
(ホントは動画、特撮を得意とするのだが)

春の天気はジェットコースター気分。

今夜は鍋とかの気分ではあるが
連れ合い名古屋土産の
矢場とんみそだれをかけるべく
意味もなく味噌カツ。
エビフリャーも名古屋では味噌ダレで食べるのかな。

213042102

2脚歩行ブタくんナイス!
矢場とんの店には等身大?のブタくんが立っているとか
出迎えられたい。

太平洋フェリー楽しそうなので、夏の島根行き
仙台ー名古屋間フェリーを計画している。
名古屋~。

昨年は何故か名古屋方面からのお客さんが続き
名古屋の魅力をこれでもか!的に伝え聞き
その気になっている。

それにしても雪、降ってるなぁ。
カタクリ、今年はそんなこんなで
本領発揮できず
かわいそうにすっぽり雪の中で凍えてる。

| | コメント (0)

2013年4月 6日 (土)

スタート

このままの気温だと、来週にはカタクリが開花しそう。

マンサク、フクジュソウも春を黄色で
意思表示。
カメムシもヨロコビを隠しきれず動きだした。
ウグイスも3日前に「ホーホケキョ」。
いきなり上手に鳴いていた。

昨日3兄弟スタートの日

「ギターしかない」と17歳。
勉強の意味を見出せるのか。
荷物運びができなかったので
寝袋もって寮へ。
今日運ぶ。
一関まで3時間、遠いと思ったけど
隠岐という対象が登場して
近いよ、県内だよ、陸続きだよ。

パッキングを楽しみながら出発したものの
早くも家へ帰りたい気持ちに押しつぶされそうだと
東京からメールを送ってきた15歳
桶屋さんから頂いた桶を担いで。
別れ際握手。ほんとはハグしたい気分だったが
中学校の入学式へ出かけたついでの見送りだったので
ワキマエタ。
ヒョロヒョロと細身で色白の野生児
3年の成長を楽しみにしている。
友達をはじめ海士に暮らす大人たちと
どんな出会いがあるか。

兄二人に振り回されつつ
母も15歳の準備にテンテコ舞いしてるなか
着々と準備をすすめ
入学式堂々誓いのコトバの12歳。
いよいよタイマグラの子ども12歳だけに。

ま、皆々何とかなるでしょ
何とかなる方法を探していって頂戴ね。

連れ合い入学式へ
もちろんお出かけのお供にハンマーも同伴。
帰路、山口・四国方面に行きそうになったので
「一応北上方向で鉱物採集してはいかがでしょう」
って提案させていただく。
先日訪ねてくれた大西カメラマンと話が進み
岐阜へ、そしてダムに消えた徳山村も案内してもらうとか。
私も行きたかった。
いつかいつか。

先週久々にぞろぞろお出かけ。山形へ。
クラゲの加茂水族館と土門拳
そして知人を訪ねる。

クラゲは・・・惚れた
一緒に暮らしたいと俄かに思うほど。
そして館長始めスタッフの覚悟にも惹かれた。
ドン底水族館から世界一の展示数を誇るクラゲ水族館へ。
館長はかの基督教独立学園の卒業生。
息子たちに見学へ行ってみようと以前誘ったが
「フツーがいい」と断られた学校。

年明けケータイをなくし、
何かストラップよいものはないかと探していたのだが
見つけた。
アカクラゲのストラップを購入。
かなりステキだ。

知人との再会は10年ぶりだろうか。
相変わらずバイタリティに溢れている
素敵なご夫婦。
別れ際に息子さんが昨年亡くなったことを聞いて
言葉を失った。

わが家へ来てくれたのは高校生だったかな。

「子どもたちと一緒にいられる時間を大事にしてね」と。
深く深く頷いた。

子どもたちにあれこれ伝えたいことはあるけれど
やっぱり望みは一つかもしれない。
生きる方へと向かっていくこと。

さて私も嬉しい宿題を一杯もらって原稿書き
頑張ろっと。

爆弾低気圧、15歳は無事島へ渡れるのだろうか
隠岐でのスタートに
相応しいような気もしないではない。

| | コメント (4)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »