« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月28日 (日)

弾けどころ

どんより曇った空模様だが
紅葉前線真っ只中
辺りを明るく感じる。

カメムシも昨夜は元気に照明の下を飛び回る。
まだまだ 全然 全く こんな数では足りないんだけど(笑)
11月はお客さん予約が続くのだが(感謝!)
カメムシの長逗留も始まるので、皆さん悪しからず。

ゴキブリには不寛容な私だが
タイマグラにはいないので
あとの虫たちは、
「まあまあ・・・」と、ココロは良寛さん。

15歳、文化祭終了。
気が抜けてのんびりの本日。

学年劇で大道具担当。
背景画を描くのでこの一週間はてんてこまい。
英語の暗唱で星野道夫のテキストを
8月に宮古市で発表したものを再び文化祭でも。
プラス勉強もあって
ご苦労さんの日々よくがんばるなぁと
すぐにラクな道を探してしまう私は思うのではあった。

私の中学校の文化祭って人数も多く
皆々の影に逃げ隠れしていたような。
クラスの新聞とかもあったようななかったような。
クラスの合唱のピアノ伴奏をしたのは中3だったような。
グループで作ったミョーな創作ダンスが
学校で選ばれて発表したような。
あいまいな記憶ばかり。

部活もサッカー部見学部(テニス部に在籍しながらの)
放送委員会で給食は放送室で時間外行動
DJごっこをしてデモテープを作ったり
こそこそ遊んだことは覚えてるけど。

いい加減な中学校生活をしていたので
ほんとあまり記憶にないなぁ。
わが子たち、影に隠れられない人数だからなぁ。

私が中学生時代に抱いたことのない
やりきった感、そりゃ良かった!と
30年の時を経てわが身を振り返ってる。

17歳が中3のときの後夜祭、思えばあのときに
弾けスイッチが入ったのかと。(笑)
昨日15歳に
「何かやったの?」
って聞いたが
「後夜祭で発表・・・トンデモナイ」。
弾け所がまた違う。

家では弾ける15歳。
お気に入りを口づさんでいる。

足りない足りないと思っていたかつての15歳だったなぁ。
満ち足りた30年後・・・(笑)。

| | コメント (6)

2012年10月20日 (土)

インターバル

「オレのこと覚えてる?」
的な風が今宵は突発的に吹く。

懐かしい冷たい風。ヒューン。
あ、オレじゃなくてワタシでもいいんだけど。
周辺にオレ人口が多く、ついオレ。

先日も「あ、オレだけど・・・」by17歳。
そのオレってのやめてよ。
ま、お金請求されたところで振り込みませんけど(ピシャリ)。
電話越しの息子の声ってのは未だ耳が鳴れてなくて
えっ?はっ?と一瞬クルクルしてしまう。

そう風である。
気温が今朝(昨日か?)はがらりと変わって
7時の気温は3度だった。
ようこそ!もう10月も後半。

バタバタ度は変わってないのだけれど
辺りの落ち着いた色彩にあやかって
自分まで落ち着いたような錯覚を覚える季節。

日中岩手県内で上位を競う冷え込みの(笑)
区界高原へ打ち合わせで出かける。
標高もタイマグラより高く700m
少し季節先取りで賑やかな彩りを一足先に。

そこでお会いした御曹司氏にマツタケとクリをお土産にいただき
何だか昔話のおばあさんになった気分で
帰宅してからせっせと渋皮煮。
ようやく目途がついた。
お砂糖いれて味を含めるのは明日にしよう。
マツタケも明日いただきます。

・・・と、金曜の夜。
いただきものの牡蠣、夜は炒め物にしたけど
まだあるので
皆々寝静まってから牡蠣のオイル漬けなど作っている。
味見(牡蠣の)にワインを少々。

17歳中学に入った数年前から送迎に明け暮れた週末。
14歳も部活引退して
来春12歳の部活が始まるまで送迎もインターバルに入っている。
おぉ週末!満喫している。

ま、5時半起きは変わらないけど。
これは性分ですな。何か損するようで。
貧乏性・・・。

家電製品を滅多に購入しないわが家であるが
この度24年間使ったアイロン、
サーモスタットがおかしくなり
勝手な行動をとるように。
危険なのでさようならすることにあいなった。

アイロンの新人くんがやってきた。
・・・が、アマゾン経由で頼んだのをすっかり忘れていた。
書評に頼まれてた本もぼちぼちアマゾンでやってくる頃かと
覚悟してた。
本一冊にしてはえらく大きな箱。
どんだけ緩衝材入ってるのかと開封したら、
自分で頼んだアイロンであった。
ごめんねアイロン君、いきなり忘れてて。大事に使うよ。
アイロンがけますます楽し!

| | コメント (6)

2012年10月13日 (土)

反芻

ゆるゆると秋が進んでいる。
早池峰が白くなる日も秒読みかな。

それほど豊作ではなかったけど
クルミがポトンポトン落ちるんで拾うことにした。
クリも見れば拾いたくなる。

リスやクマはせっせと食べているわけで
何だか悪いなぁと思ってしまう。
動物たちは何も知らずにせっせと食べているのに。

クリやクルミや山菜、キノコを
めんどくさいって若い人は食べなくなって
追い討ちかけて放射能で離れてしまえば
食べ方も保存の仕方も
トドメをさして分からなくなるんだろうなぁ。

クルミもクリも食べなくても生きていけるけど
降ってくる恵みにヨロコビを感じるのは、ココロの糧のようなもの。
それを感じられなくなって何にココロを満たされるというんだろう。

秋の日はそんなことを思ったりしながら
ま、日々を重ねている。

ここんところの私のブームはパン焼き。
夏の間あまりの暑さに遠のいていた。
酵母の元気がなかったのも遠のいた理由の一つ、
忙しさを理由にイーストで発酵させる
ベーグルに浮気したってのもある。
作りかえようと思いつつ夏が過ぎ・・・。

冷蔵庫で2ヶ月軟禁されていた可哀相な酵母。
恐る恐るホーロー容器の蓋を開けると
それはそれは賑やかに別の菌が繁殖していた。
10年種継ぎしながら酵母液を時に足しながら
育ててきた酵母。
ごめんねの思いで、新しく作り変えた。
レーズンと酒粕酵母大事に育てるからね。

これまで目分量で計っていたパン作りだけど
酵母の供養にと
電子秤に温度計まで使って
いつもはレシピ斜め読みの私らしからぬ
忠実なパン作りをしている。
それでも今日はあーだ、昨日はこーだと一喜一憂の日々。

そんなことに一喜一憂せずに
日々淡々と重ねていた「タイマグラばあちゃん」
久々の上映のお知らせ!
本日13日から19日まで毎度おなじみ
宮古市のシネマリーン(いわて生協ドラ2階)で
ジモトエイゾウサイ2012企画。
岩手にちなんだ映画4本公開。
「早池峰の賦」3時間10分の大作も是非。
(トイレ休憩もきっとあるので大丈夫!)
お近くの方、お近くではなくっても(笑)
是非宮古シネマリーンへ!

あと「タイマグラばあちゃん」澄川カントクの著書も出ますた!
今月発売
ちいさなかがくのとも11月号(福音館書店)「どんぐりみーつけた」。
まだ手元にないのだけど、
準備段階からちらちらと・・・。
とっても楽しみ。

おまけで、こちらは定期購読している
たくさんのふしぎ11月号
今月は待ってました!
かしこい単細胞 粘菌」(同じく福音館書店)
先月の予告から心待ちにしておりました。
賢いわぁ単細胞。(笑)
よく子どもの頃きょうだい喧嘩して兄から
「単細胞!」とののしりのコトバをあびせられたけれど
この本読んでて
いやはや「単細胞結構!」今なら言える。

うかたま(今号はアベチホさんのステキ味噌レシピ満載)
の次号も勝手に締め切り延長させてもらって
本日(昨日か)手が離れ「ほっ」金曜の夜である。
が、明日は小学校は登校日お弁当であった。
明後日12歳最後の学習発表会。
一つ一つ行事が終わっていきますなぁ。6年生。

体育の日の連休
訪ねてくれた大西くん
沿岸での思いなど
寝不足頭で反芻しながら
何となくゆっくり時間が流れる贅沢な気分の1週間であった。

| | コメント (3)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »