« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月12日 (木)

予定など

朝からの雨、小康状態。

北九州の雨、大丈夫だろうか。
何だかより伝わりやすい表現に変えたとかで
「これまで経験したことのないような大雨・・・」って気象庁
すっごく怖い。
もうこれ以上降らないで!

こちらはそこまでではないにしても
久しぶりにまとまった大雨で
川も増水、雨漏りチタチタ
本日トイレの汲み取りをやるつもりで
汲み取り覚悟ハイだったのに(何だそれ)
朝からのドシャ降りで
ぐぐっとテンションが下がってしまった。

水も細くなってきたので
タンクに貯めて備えてみたりしてる。

夏のバタバタモード全開。
お客さん、学校行事に、面談に・・・
分身の術を身につけたい日々。

おまけに今月末は
15歳と11歳と3人で松江行きという
嬉しくも信じられない予定になっていて
耐えられるのか、夏の松江!!乗り切れるのか夏の予定・・・。

ちなみに3人でお出かけした分
17歳と連れ合いは北海道へ一攫千金ねらって
秋に出かけるとかなんとか・・・。

期末テストも終わり目標点をクリアしたとかで
15歳は盛岡のクライミングジムへ行きたいと。
先週は早池峰。
夏休みは富士山。
いい感じの受験生だ。

いつも鼻歌歌いながら宿題している
11歳、今週末は学校キャンプ。
お天気心配だけど友だちと一緒に学校に泊まるってのが
楽しいんだねきっと。
さてお母さんは男子の教室に寝るか車で寝るか。
うーむ。
今年は体育館ではなく男女別で教室に分かれてとな。

そんなこんなの
明日13日の金曜日(特に意味はないが)
のお知らせ。

宮古市周辺の方、岩手県内の方、(じゃなくても)

震災後に知り合った
宮古の若いお母さん企画
「内部被ばくを生き抜く」上映会。

いつも彼女、私の使えない絵文字もバンバン使ってのメール。
初々しさがいい感じ(笑)。

ってなわけで、
以下はたんぽぽ舎からのメルマガ転送
岩手県内の方(じゃなくても間に合う方は)是非!

◇福島・二本松の佐々木さん一家が登場する鎌仲監督の
『内部被ばくを生き 抜く』の上映会を開催します。
宮古で活動しているママさんグループ
 (子育てを楽しむ会)に便乗して、岩泉の上映会もする事にしました。

 ☆宮古上映会 7月13日(金) 10時から13時 場所:山口公民館 和室
  参加料:300円(お茶・お菓子付) 上映終了後、茶話会あります。
  主催:子育てを楽しむ会 問い合わせ:古館090-7067-8489

 ☆岩泉上映会 7月14日(土)1回目14時から15時半 2回目18時から19時半
  場所:岩泉・うれいら商店街内「あっけら館」
  資料代・場所代として300円、上映終了後、懇親会あります。
  主催:岩泉上映実行委員会
  問い合わせ:穴田0194-22-4858(モーとんふぁみりー)

| | コメント (0)

2012年7月 6日 (金)

若いわぁ。

日の長い初夏、久しぶりにまとまった雨が降って
緑がムクムク音を立てるよう育つ。

16歳改め本日17歳。
息子の通う学校の体育会系の子たちの東北大会とかで4連休。
ケイオンな息子帰宅。
ご丁寧にギターも担いで帰る。
駅まで30分重いのに・・・若いなぁ。若いわぁ17歳。
夏休みに友だちが盛岡のも一つ向こうっ側から
自転車で遊びに来るという、若いなぁ。

昨夜は滞在中のタケハーナいち子さんからケーキのプレゼント
前夜祭でローソクを灯す。
いち子さんアドバイスのもと
11歳クリームホイップしていちごでデコレーション。

昨日連れ合いと宮古へ出かけるいち子さんに

「何かプレゼントしたいのだけど
子どもたち何が好きかな?」
と聞かれた。

「そうねぇ何かなぁ・・・
  そだ!買ったもの!ホールのケーキとかドヨメクです。おそらく」

何と言う愚答。

子どもたち、もちろん作ったもののおいしさも
わかっているとは思うのだけどね。

それしても、ヒラメキ・トキメキ料理人のいち子さんに
ケーキを買わせるというのも贅沢な話この上ない。

17年前を振り返ってみたり。
48センチが175センチになった感慨のようなものも。

いち子さん、差し上げた味噌のお礼に!と
坂口恭平さんの「独立国家の作り方」を置いていってくださる。
ここ何ヶ月かにわかに私のアンテナがビリビリしている人。
マツロワナイ生き方があっちこっちに誕生している。
楽しみに読もう・・・。

その前に原稿。
かなりメーワクをかけている状況かもしれない。
申し訳ない。
お尻に火が一週間付きっ放しなのだが。

ああ、それなのに、明日はのっぴきならない予定で気仙沼へ
一泊おでかけ。
タイマグラの友だちとドキドキドライブ。
いっこ下の後輩を訪ねる。
おそらく20年ぶりになる。
泣かないようにしたいのだけど。

| | コメント (2)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »