« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月10日 (金)

シーナさん

家の前は
「いつでもカーリングできますよ」状態。

1週間前に始まった14歳のインフルエンザ。
順調に回復したが、
今週は月曜午後から水曜まで学校閉鎖。
昨日から再スタートした。

ウイルスの侵入を防ぐべく
「さあ来い!」とゴールキーパー気分で待ち受けていたが、
11歳罹らなかった。まだまだ油断するのは早いけど
警報から注意報レベルかな。

わがフィールドノートの宿主(寄生されてる宿主ではなくって)
以上に気の利くお客さん!?
仙台の奥田民生ことチーバさん(笑)から一報。

…で、業務連絡
3月3日の味噌ツアーエントリーありがとうございます。
参加費についても未記載でした!
1泊3食(お土産の2009年モノの味噌付き)7000円

16歳味噌ツアー後の3月8日から春休みで
帰省、揺れております。(笑)
豆踏みと間もなくの春休み・・・。近々決定しご連絡します。

あと味噌ツアーの料金ともう一点。

「『タイマグラばあちゃん』テレビ放送あるって…」。
「???」
チーバさんありがとう。
今度歌って下さい。声も似てるかも!?

あ、・・・で、監督に詳細を聞くと
「テレビないから伝えてなかったよ…」
うむ、わが家にテレビは確かにない(笑)。
いいわぁ。澄川カントクのこのテンポ。

NHKのBSプレミアムで
「タイマグラばあちゃん」放送予定。
明日2月11日の13:00~
まだごらんになってない方
も一度見たい!と思っていた方是非。

番組の詳細はコチラ↓
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2012-02-11&ch=10&eid=21177

冬の休日、タイマグラ時間で過ごされてはいかが?
明日は盛岡のチーバさん(女子)。もし観たいとなれば
おじいちゃん家行ってみんなで観ようかなぁ。
凍みホド(芋)見ながら、凍み大根見ながら
ばあちゃん、これでいいのかな?
って聞く今日この頃だったのだ。

そして今日の午後、先日発売になった
「福島の子どもたちからの手紙」
をアマゾンで注文していたその時、郵便が届いた。
福島の母さんシーナチエコさんから。
お知らせ、通信やらドッサリ。

福島の悲鳴あり繋がる希望あり…。
フィールドノートの掲示板っつか壁ね、
脱原発コーナーをやはりしっかり確保しなければならない。

福島県出身の彼女はお隣宮城の南端、丸森町で
農的な暮らしをしながら
世界中からのウーファーを受け入れていた宿、「山里刻」
そんなシーナさんの暮らしをぶち壊した原発事故。

「もうお客さんを迎えることはできない・・・」
と電話があったのは昨年の5月。
今は福島市に転居して
というか経産省前テントひろばに拠点を移して
「原発いらない福島の女たちの会」世話人として
座り込みが始める。

昨年末12月1日から9月11日まで
「未来を孕む女たちのとつきとおか(十月十日)のテント村行動」
として続けられる。

6年前真冬のタイマグラでそして子どもたちの学校で
朗読パフォーマンスをしてくれたシーナさん。

3年前初夏のタイマグラで野を駆ける少女のように
伸びやかに体を動かし緑の中にとけていったシーナさん。

テントで編み物したり、民謡歌ったり、餅つきしたり
シーナさんワールドが経産省前で繰り広げられている。

| | コメント (12)

2012年2月 5日 (日)

糸でんわ

金曜の夕方、中学校から14歳発熱でお迎えの要請。
その足で診療所へ行ってほしいとも。

県内ではインフルエンザ流行警報が出ていた。
宮古市内も幼稚園から高校までずずずいーと流行中。

14歳診察が早かったためか
インフルエンザの判定としては陰性。

その日は、14歳の席の周辺では欠席と早退で5人。
哀れ14歳、昨日は39度1分まで熱が上がる。
魔女の台所よろしく大根湯作ったり
くず湯、フットバス、
ラベンダーオイルたらしてスチームバス
湯たんぽも随時熱いのに入れ替える。

それが効いたのか今年のタイプなのか
つかそもそもインフルではなかったのか
朝になってケロリ。
ワクチン、タミフルなし。

昨日はまだ熱のあるうちに弱々しい声で
「治ったら食べたいものがある」
という。
私「何でも作ってあげる!」
14歳「肉ジャガ…」
私「…」

カワイイことを言うではないの。
思わず
私「よろこんで!」
どこかの居酒屋みたいな返事をしてしまった。

普段から大の仲良しの14歳と11歳。
今日も5分おきくらいに
チョコチョコと14歳のそばに行ってはお話したい11歳。
「離れてなさい」と言っても
障子越しにとか、わざわざ縁側まわって枕元へとか。

日曜日離れるのが不可能な状態。
「糸でんわでも使ったら」と私が言うと
「そっか!」(ここで納得するのがさすがわが子)
早速糸電話を作り、14歳と11歳は繋がる。
11歳症状がこのまま出なければいいのだけれど。

マスクも必須アイテム。
本気でこの2日マスクしてたら
唇荒れが治った!!冬のカサカサお肌にはミイラ男ね。

16歳がインフルに罹ったらちょいと厄介。
40分で行く中学校とは比較にならない。
寮へ迎えに行く規則になっている。
2人部屋の相方が罹っても大事をとって帰宅とか。
冬の一関行き。4時間はかかるかもしれない…。
とにもかくにも罹らぬようにと願うばかり。

腸内菌の活性化を図るべく
麹三昧な日々。
松江で仕入れてきた麦麹で金山寺味噌
甘酒、
塩麹、
凍る寸前の沢庵もベストシーズンを迎える。
加えて寒さの作る
凍み芋と凍み大根も製作中。

にしてもすっきり美しいフリーズドライを作るべく
寒さを待っているのだけど
何だかこの後は緩むみたい。

震災後初めての仮設住宅暮らしの沿岸では
例年にない厳しい寒さらしい。
宮古津軽石に知人を訪ねた折
こんな冷え込みは30数年ぶりと。

タイマグラ的には例年通りの印象
雪も今のところは少なくて助かっている。
マイナス17度鼻毛も凍ったけど(笑)
そんな日は放射冷却で日中も続くわけではない。

このまま春になるとも思えないのだけど。
やたら歩くアルキニストの兄にお正月の帰省で会って刺激され
万歩計をつけその歩数に一喜一憂している。
冬の家事労働も薪運びも雪かきもおかげでへっちゃら。

子どもたちとロシア・サハ共和国の
オイミャコンの映像を見ながら
ここでも人は生まれ、人の営みがあるのねぇと見入る。
冬の平均気温マイナス50度という。

あっと今年の味噌玉。
先週若き女子のお客さんと味噌の話題となり
少々早めに口開けをした。
美味!

放射能汚染時代にうちかつべく
せっせと免疫力を高めよう。

今年の仕込みは3月3日と4日。
是非ご一緒に。詳細お問い合わせください。

11歳ドラえもんの映画公開日ではあるが
そこんところは涙をのんで協力してくれるらしい。
3年目ドラ新聞も「続けます」宣言。

| | コメント (2)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »