« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月28日 (水)

ポーター

寒波もようやく峠を越した。
道路は相変わらずツルッツルのテッカテカ。
穏やかに星空が広がっている。

結局16歳ギター持って帰った。ちなみにアコギも。
思わず
「帰りは松江からですけど!!」というと
「貴重品は寮に置いとくなっていうから…」
「…」
かついで松江まで行くらしい…。

宅急便を出したものの
やはり他にも、もろもろ荷物はある。

入学祝&クリスマスプレゼントという名目で
ワウを入手した16歳。
もちろんそれも松江へ持って。
幸いアンプは家に置いていくとか。

それはそれは賑やか。
トホホと思いつつも
「ムムッこの音『太陽にほえろ』のテーマソング…!!」
と、つい盛り上がってしまう
やはり天然の親バカだ。

さていよいよ出発。
午後からは東京めぐり
御茶ノ水楽器屋コースと
神保町本屋コース。
ICI山道具コース。
ぞろぞろ一緒に歩いてた頃が懐かしい。
皆興味はそれぞれに。私どのコースで行こうかな。

「うかたま」もこの2日、お尻に火がつき
なんとか手放す。
新聞のほうも目指せ年内…。

昨年は豪雪やら受験生やらで
揃えなかった甥っ子姪っ子総勢10名も
この年末年始はぞろりと揃えるみたい。
楽しみ楽しみ。飲みすぎ注意報だ。

短い冬休みだけど楽しむぞ。
(…って世の中的には10日休めれば十分!って声が聞こえそう)

それにしても息子たちよ
その重装備なんとかしておくれ!!

「大丈夫、荷物は持ってあげるから」
と、筋力アップに余念のない14歳から
嬉しい申し出ではある。涙!頼むよ。
ま、頼もしく育ってはいる。

スラックラインほんとに持っていくのね。
そして鳥の本と山の本とそしてロ、ロープ!!
出番はあるのか!!

エレキな16歳と重量的にはさほど違わない。

とかいって年賀状書けなかったので
持ち歩いてしまう母も涙。
プラス凍って破裂してはいけないという名目で
車中の人となった時のために
エビスの缶ビール二本&坂角えびせん
カバンにしのばせました。
つまり皆重量級の同じ穴の…。

フィールドノートは年末年始お休み、
新年10日からスタートです。

いろいろのいろいろあった2011年。
それでもここで暮らし、
松江には迎えてくれる両親がいて、
祖母がいて
揃って新年を迎えられること
有り難く思う。

皆さんもどうぞ穏やかな年末年始を
迎えられますように。

| | コメント (2)

2011年12月22日 (木)

休日前夜

のんのん のんのん雪が降っていた。
が、雨に変わった。
そしてこれが明日の朝になって凍っていたら・・・
磨き上げ道路。
避けたい工程である。

今夜16歳帰って来る。
年明けは松江の実家から寮へ直行のため
今回はギター持って帰らないはず。

「冬はウクレレにしよう」と言ってたが
アンプも置いてくるだろうし
ジャガジャガギュイーンはない。…はず。たのむよ…。
小さい頃から帰省のとき無駄に荷物を持って歩いていたから
テスターとか…。ちょっと心配。

今年は14歳までスラックライン持って、更に
宍道湖バードウォッチングの機材持って行くとか
皆さんなるべく身軽に、お願いします。

岩手県内、8割の公立の小中学校2学期の終業式。
が、一応宮古市の当地
長かった春休み分帳尻合わせで
27日終業式の11歳、14歳。
3学期も11日から。
寒さ真っ只中、今回の冬休みは短い。

明日からの連休が何となく無意味なわが家。
や、そんなことはないか。14歳の部活も金・土なしで
今夜はのんびり。ご飯も16歳帰ってから。

じーっと、じーっと賑やかな家の中で過ごす。
「年末の出発までに宿題終わらせる…」
高らかに目標を掲げているけれど。
どんなもんだか。

昨日は今年最後のお客さん。
靴職人さん一家。
お父さんとお母さん、1歳3ヶ月のタキコちゃん。
フィールドノートに優しい声が響いた。
人生で初めての靴はお父さんの作った靴。

家族がスタートして3年。
私もあーでもない こーでもないって
模索していた頃を懐かしく思い出す。
お父さんとお母さんの間で
しっかり着込んだ着膨れちゃん。
またおいで。

靴職人といえば島根のクヤさん。
そんな人が島根の出雲にいるのだと彼らにお話して
年末は会えるだろうか、なんて思っていたら
「お久しぶりです」とクヤさんからお手紙が届いてびっくり。

どういう巡り合わせか
私の幼なじみとも出会ったとか。
年末は出雲に行こう。

帰省の切符も先月の発売日
「みどりの窓口」の人と
チケットぴあ並みのドキドキ感。
2分で完売したサンライズ出雲のびのびシート無事入手。
駅員さんも10:00発売5分前から3人がかりで時計と
にらめっこだった。
私の真剣マジな視線が痛かったのかも。
寝台料金不要のこの座席、そりゃぁ気合入りますって。

東京での乗り換えは
世田谷『タケハーナ』へ寄り道。
昨夏フィールドノートを訪ねてくれた
タケハナイチコさんのお店。
食べること、食べさせることが大好きな
イチコさん。

昨年の年末もおじゃまして
その独創的なお料理、どれもこれもおいしく
デザートにもうっとり。

昨年から閉店して次の展開を準備中と聞いていた。
究極は屋台だとも。

「今年は行けないのかな?」
と、子どもらとも話していたが
何とか最終日に間に合った。
発展的閉店を遂げる
タケハーナへいざ!

鎌倉ユーコさんも待ってるよん。
業務連絡、連れ合いがご招待したいそうです。

世界が変わってしまった2011年を
いつものメンバーで過ごせることを感謝して。

| | コメント (2)

2011年12月17日 (土)

Eテレ

仙台のアラユル面でセンパイ小山厚子さんからの流石のメール
そのまんま転載。
昨日の私のブログの説明ですな(笑)。
以下転載文です・・・・・・・・・・
本日、NHKのEテレで、午後4時から1時間番組
「明日へ・復興サポート みんなで働く場をつくろう 大槌町吉里吉里から」
が全国放映されます。 結城さんがアドバイスして取り組んでいる、
新しい「生業づくり」の取り組みです。
ご都合がよろしければどうぞご覧下さい。 ドキュメンタリー映画「タイマグラばあちゃん」の監督、
澄川嘉彦さんが、結城さんに密着取材してつくった番組です。(NHK盛岡放送局制作)。 解説文から・・・ 住宅地のおよそ半分を津波で流され、
主産業だった漁業も壊滅的な被害を受けた
岩手県大槌町吉里吉里地区。
多くの人が仕事を失う中、新たな生業を作
り出そうと始まったのが、新しい林業・
自伐林業の取り組みだ。
高知のNPOの知恵を借りて、
今まで荒らしていた地域の山林を自分たちの手で伐採し、
材木を出荷して生計の足しにしようとし始めた。
また、水産加工の仕事をしていた女性たちが始めたのは、
手作りのプレハブ食堂。
さらに、地域の最大の課題は、ホタテやカキなど、
養殖漁業の復活である。地域で芽生え始めた新しい
「生業作り」の取り組み。
この小さな芽を大きく成長させるための知恵とは、
どんなものなのか。番組では、これまで各地で
町おこしに取り組み成果を上げてきた、
民俗研究家の結城登美雄さんが、
吉里吉里地区をくまなく歩きアドバイスを送る。

| | コメント (2)

2011年12月16日 (金)

ユーキさん

島根の母アキレス腱など切ってしょんぼりモード
転んで全身痛い私とおのれののろまさを反省しあい、
手伝いにかけつけるわけにもいかず
この距離をもどかしく思うことが
これから多々起こりそうな気配。
わずかにそんなことを感じつつ
それでも連れ合い、私、
お互いの両親が元気でいることがありがたいこの頃。

でスカイプで久しぶりに話してたら

「澄川カントクNHKで岩手沿岸の番組放映のメール
届いたよ。結城登美雄さんのお話も是非聞きたいわ」
と岩手情報を逆輸入。
映画「タイマグラばあちゃん」を母はタイマグラにいらした結城さんと
二人見せてもらうという贅沢を味わった母なのである。

わが家でも結城登美雄さんのお話を先週シンポジウムでうかがった連れ合い
「よかったわー」といろいろかいつまんで聞いていた。
やはり東北の海山里を歩いてきた結城さんの伝わるお話伺いたい!
と私も思っていたら
明日その番組。

澄川さんとは電話で昨日も話してたんだけど、おせーてください!(笑)
ま、教えてもらってもテレビはないんで仕方ないが。
最近覚えたオンデマンドで見られるかなぁ。

12月17日(土) NHK教育テレビ 全国放送

  16時~17時「復興地域ミーティング」

| | コメント (0)

2011年12月15日 (木)

と・ろ・う

昨日はいい調子でいろいろやっていたのに
後半からガタピシ。

ガラスを拭きまくった。
「ま、こんなもんでしょ!」と切り上げて2時間後。
台所前のサッシを越えられず、すっ転び
拭き終わったばかりの
入り口のガラスに手を突っ込む。
のわりには、大惨事にはならなかったけど
ガラス割れる。手切れる。
サッシでつまづくというのもこれまたショック。

優しい11歳。ダンボールにクリスマスの絵を描いて
窓替わりに貼ってくれる。
あーいい感じに貧乏っぽさに拍車がかかる。
はぁー…。

宮古のガラス屋さんにはいついけるのだろう。
でも待てよ、薄いガラスだったら
ダンボール2枚重ねの方が暖かかったりする?
と、ふと思うが、取り消す。
連れ合いにそんなことをうっかり言ったら
「それも そうやなー」
と納得してしまいそうだ。
やっぱりガラス屋さん!

その後気を取り直して夕方の慌しくなってきた時間帯に
酒かすクラッカーを作ったのだが
慌しく作ってはいけない。
塩ひとつまみを入れ忘れた。
塩の入ってないクラッカーとかパンとかって
ほんとにもうどうしようもなくトホホ感が込み上げる。
が14歳に
「塩かけて食べたらけっこういけるかも」
と励まし(?)を受けなんとか納める。
ふぅー…。

や、いい子だなぁ11歳、14歳。
困っている人を見たら優しくしてあげてね。
困った人にならないように私も気をつけよう。

そして今朝
台所すっ転びのおかげで全身が痛い。
でも暖かい朝だったので、これまた気を取り直して
フフフンと朝の用意。
仕事へ出かける連れ合いのお弁当も
品数多く自画自賛。

そして7:00、11歳と14歳を送りに車を出す。
…と、県道25号線へ出られない。
凍ってる!!車が流れてる!!
危うく崖っぷち!!

子どもたち走って集合場所へ。

ようやっとバックで養魚所の駐車場で車回転させるも
そこもツルッツル。橋のたもともツルッツル。
どうやって今しがたここを通ったのか謎。

スクールバスも途中でチェーン巻いて若干遅れたらしい。

気温は1℃。それほど冷えてるわけじゃないのだけど
だからこそか、
夕べの雨が薄っすら凍りになって
前面滑走可能状態。

10:00過ぎ、わずか日もさしたりして
更に更に気を取り直して
お風呂の焚口から灰をかき集める。
スパイク長靴履いて
バケツ抱えて花咲ばあさんをするべく、
道路に出て、いざ灰を撒かんとす!
って足元見ると

「何かありましたか?」
って道路が言ってる。
何事もなかったようにアスファルトが顔を出してる。

頭に「と・ろ・う」の文字がクルクルと。
ほんとに、全く、なるべく車に乗りたくない季節であーる。

や、「ココロして運転しなさいよ」
ってことよね。そういう季節であーる。

| | コメント (5)

2011年12月10日 (土)

実況中継

数分前まで雪まじり
私あきらめモードだったのだけど
子どもたち「奇跡が起こった!」
と、報告に家に飛び込んでくる。
完全防備で外へ出てみると
左下のお月さん地球の影が薄っすらと・・・。

あったかいココア作ろっと。
今朝はマイナス9度。
冷え込み緩んだといっても
おそらく今も氷点下。
まだまだ続く天体ショー。
土曜日で良かったよ。

11歳と14歳満月の夜、コーフン気味に実況中継中。

16歳に皆既月食メール送ると返信アリ。
「だね」。

| | コメント (2)

2011年12月 9日 (金)

来た

どんと来ーい!と言ったら
来た。
この冬一番の冷え込みドッシーン。

そんな寒さもなんのその、
11才の5,6年クラス
6年地層5年川の流れや石の成り立ちの勉強
と宮沢賢治と岩手の空の玄関(はなまき空港)
理科やら国語やら社会やらミックスの授業で花巻へ。
連れ合い石っこのセンセイで花巻イギリス海岸。
私も皆々と一緒に「へぇー!」
っつか何度も連れ合いから聞いてるはずなんだけど
その度新鮮なお得な性質。

家族や友達と何かって言うと行った
北上川の賢治が名付けたイギリス海岸、しかし真冬は始めて。
北からやってきた白鳥にも会えた。

皆々一杯面白い石を発見。
外は雪が舞ってたけど
100万年前の地層を見て賢治も立ったこのイギリス海岸で
子どもたちは何を感じたかな?

植物の化石をみたり。
遠野猿ヶ石川が運んで来たらしき早池峰の蛇紋岩も。
中には鮭の卵を一粒見つけた子も。
「目が動いてる!」
センセイはじめ皆々驚き。私も始めて!

お弁当にイクラをまぶして持たせたのだが
11才帰宅後
「さすがに何だか食べにくかったよ」と。
日々粛々と命いただいておりますよ。

外は氷点下1度。
しっかし子どもたちは寒さも何のその
次々とこれは何?これは?

私はソレルのブーツにダウンジャケットに
お腹と背中にカイロを貼って。
外を歩いていると
それほど効いているように思わなかったが
子どもたちと別れて
シートに背中をつけて運転してると、メリメリ熱くなって
危うく背脂が溶け出すところであった。

その後久々の「おいものせなか」へ。
フェアトレードの素敵な衣類を横目に見つつ
冬の調味料等を買い込む。

考えてみると電話ではいろいろ連絡とってたけど
今年最初で最後のおいものせなか。
ぶんちゃんいつもいつもほんとにお世話になってます。
ってこの場を借りて…(笑)。

花巻から戻るとタイマグラも真っ白。
いやーな感じで道路も凍ってる。
対向車でゆるゆる踏んだブレーキ
ググッググッググググッと久々にABS作動。
運転には嫌な季節になってきた。

明日は宮古へ14歳の剣道迎えがてら
映画「うまれる」。
峠はないけどタイマグラ脱出の道路が…。
時速30キロな季節。

| | コメント (0)

2011年12月 1日 (木)

どんと来ーい!

日が短くなり気づけは6時には夕飯が終わっていた。
長い夜。

11歳の最近の日課。帰宅後木登りもしくは電柱によじ登る。
本日も「行ってきます!」
と、ひと登り。
薪運びでは見事な働きっぷりをみせる。

一輪車(荷物運ぶほうのね)の扱いも手馴れたもの。
ドラ新聞、彼としたことが11月号が遅れに遅れてまもなく完成。
今月のドラ言葉
「いいじゃないか、つまらないことにいつまでもこだわらないで」

14歳は期末テストも終わり、のーびのびよい時間が流れる。
彼は薪を運ぶというよりいかに美しく積むか、
一輪車にどれだけ積み上げられるか
とかに関心が向く。感性の人。

ここんとこ休日の朝はホットケーキ作り担当の11歳と14歳。
ちゃかちゃか進める11歳と、
卵を割るのも微かにひびを入れて薄皮を残して殻を剝くとか
泡だて器であわ立てた卵白に美しさを感じる人。
美しいものを見つける目はなかなかのもの。

最近岩に加えて今度はヒップホップの
グラフィティアートとやらにはまり
何でもかんでもグラフィティのロゴ。
凝り性である。
16歳にも「ROCK」とハガキに書いて送ってた。
なぜか「O」の文字の中は
ローリングストーンズの舌マークになってたりして。
どこで覚えたのかなぁ。

16歳は今日から中間試験。
殊勝にも「がんばります!」と決意メールなど届く。
いーなー相変わらず事前の取り組みはさて置いても
当日の気合の入れ方はそのまんまだ。

明日は一関の朝の気温はマイナス4度の予報。
盛岡などマイナス7度
タイマグラは一体何度になるんだろう。
楽しみ楽しみ。
これまで何だかんだ言っても暖かかったもの。
一応お風呂へつながるホースは水を抜いて、
消し炭もツボの中にしっかり作る。
朝のストーブの着火用意もばっちり
さー来い寒さ!
気合十分気分は高見盛。
でもあったか寝具とかあったか下着とかの生協のちらしを
気づくを真剣に読んでいたりもするのだけれど。

仕込んだニシン漬け、沢庵、マスとかぶの麹漬け
その他もろもろ発酵もののためにも
低温大歓迎!

2ヶ月ぶりの週末の美女(微女との自己申告あり)ヨガチーム
あんまり冷えると気の毒なのでお手柔らかに…。

| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »