« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月24日 (土)

非日常な日常

数日前から「息が白い!」だの
「ウールものはどこ!」だのしてたけど
今朝はズシリと冷えた。10度なかったんじゃないかな?
初霜も近い。

そして薪ストーブ稼動!
一旦火がつくと…ココチ良いので、もうやめられない、かも。
畑のキューリも最後、佃煮にしておしまい。

「ゲージュツの秋」というか「芸術家との秋」で
先日はお隣の町の友人
蛇紋岩にアツイ眼差しを注ぐヤエガシ画伯
そして画伯の知人、千葉からカイヅケンさん。
昨年に引き続きその感性にすっかり魅了されている。
カイヅワールド…。
…に浸っている間もなく
台風の置き土産のように
新しい出会いのフィールドノートであった。

盛岡に惚れて移り住んだ福島市出身のアズサさん。
東京方面からイケガミさんの鋭い嗅覚によりわが家へやってきた
素敵なお仲間、そして郡山市出身のイケガミさん。
福島の深い悲しみ、怒り、不安
福島市内の一見普通なようで妙なピリピリ感、
福島差別。
お話してくれてありがとう。
警戒区域ではない地方都市の異常な日常。
やっぱり、やっぱり原発はいらない。
また是非お会いしたい方たちだった。

予約時の電話で
「福島ナンバーの車で行くのですが…」
と不安そうに訪ねたアズサさん。
そう聞かれた時、
そんなことを彼女が口にしなけりゃならないワケを思い、
胸が苦しかった。
でも聞いてたお陰で、ちょっとわが家を通り過ぎて行った所を
私の車とすれ違って
「あっ福島ナンバーの女子だ!」
ってすれ違いざまに声をかて
通り過ぎたこと伝えられたのだけど。

や、岩手だって全然人ごとではない。
ポトンポトトンと
音を立てて次々と落ちてくるクルミを拾っている。
今年は豊作なのだ。無邪気に喜べない。
ナッツ類・・・。
一関も不安。
16歳夏休み始まる時、迎えに行きながら
計測しつつ一関に。
「オレの部屋測ってくる」って部屋に戻る息子の背中見ながら
やっぱり普通じゃない。と思う。

突然住むところや、家族が奪われたわけじゃないけど
緩やかに奪われた。

そして日常は巡る。
日中は晴れ。蚊帳を干す。
片付けようか。
しかしこの薪ストーブの暖かさに誘われて
ヤブ蚊もフヤフヤ復活するかも。
茶箱行きはやはりもう少し様子を見ようか。
油断ならぬヤブ蚊であるからして。

…そんな訳で今夜はサトイモの煮っころがし
豆鼓と生姜を効かせて中華風。
薪ストーブにでお任せ中。
子どもたち「何だ!この危ない匂いは!?」
そーぉ?いい匂いじゃないですか?

明日は盛岡へ11歳学校で参加のマラソン大会。
親、センセイたち新しく作ったお揃い応援Tシャツでゾロリ。
私もその一員。
11歳マラソンよりその後のジュンク堂
14歳その階下石井スポーツでバックパック研究
それぞれ楽しみにしている模様。

| | コメント (0)

2011年9月21日 (水)

ヨッシャー!

「来たーっ!」の次の「ヨッシャー!」…。
我ながら、何とも語彙の乏しさを
感じないではないが、そのまんまな今のキモチでもある。

お昼あたりから偏頭痛ビリビリが出ていない。
一週間まとわりついていた偏頭痛から
ようやく解放されたらしい。ちょっと手ごわかった。
お灸とアロママッサージな一週間だった。ふーっ。

ついでにヨッシャー!
朝から忘れないように「PTA PTA…」と呪文を唱えていたのだけど
今夜のPTA理事会台風で中止!
天気図とにらめっこしながら
今日は忘れてないし、急用もなく
11月の講演会の参加など呼びかけたいし
しかし、夜の県道25号線で
一人倒木に挟まれて身動きとれなくなっても
虚しいし、無理はしたくない。
で、ガマンできずに先ほど学校に電話を入れると
「中止のお手紙持たせました」と先生。
早く教えて!!

もひとつヨッシャー!
夜はそんなこんなでご飯早く作って!
と、早めの準備で、もう出来てしまった。
寒いのでポトフ。鍋帽子の中。

薪ストーブつけようか、
でも薪取りに行って濡れると寒いし…
と逡巡するこの二日間。
お客さんがないので、着込んでしのいでいる。
何とか許容範囲内。

雨雨雨で洗濯する気力はマイナス値。
子どもの運動着だけは洗うけど。
しかしこの雨が止んだら、夏の間活躍した
子どもたちの甚平、洗濯して茶箱でお休みいただこう。
さすがに夜は気温も上がらないでしょう。

数日前からパタパタ外を飛び回ってるヤママユガは
この台風をどうしのぐんだろうか。
せっかく羽化したというのにご苦労さんである。
でもヤママユガから見れば、ニンゲンもいろいろご苦労さんだよな。

| | コメント (4)

2011年9月14日 (水)

来た-っ!

今朝、目に違和感を感じる。
顔?歯?肩コリでもないし…
と右後頭部に
鈍痛が囁く…。
「ワタシよ、ワ・タ・シ」
来たーっ偏頭痛。

5月の連休に沖縄大学から学生たちとやってきた
スドーさん久高島の映画のカントクさんと現れる。
映画楽しみに拝見。

昨日は帰られたその後からアクロバティックにギリギリ原稿。
ホッとしたタイミングでの偏頭痛。
やっぱりホッとしちゃいけないんだ。

アルコール抜き3日(今夜も!)で
明日はPTAの親子レクで早池峰登山があるので万全を期す。

今年はまだ山頂へ行っていない。
花はすっかり終わっているだろうけど
ちょっとご挨拶に行きたくもあり。

クールな14歳は「団体登山なんて屁だよ屁」(シツレイ!)
親が行くというのが、だいたいイケナイらしい。

月曜日の代休には、
「ハードなコースで行きたい」
と、わざわざ川原の坊コースそれも霧の中を連れ合いと。
ハードにするために、連れ合いの荷も自分のザックに入れる。

「シュラフも入れる?」
って、どんだけ時間をかけるつもり?
石でも詰めて行きそうな勢いであった。
大満足で帰宅。

連れ合いの古巣、槍ヶ岳に行きたいのだそうである。
困難をあえて選ぶご苦労さんな人である。
6,000m(8000mだった)級の山の名前と標高を書き出し地図を眺めてる。
どこへ行くのだろうねぇ。楽しいお年頃突入である。
明日私の荷物などズゥェッタイ!持ってくれないだろうなぁ。(笑)

| | コメント (5)

2011年9月 9日 (金)

ホンキ

1週間が終わる。
が、この土日は新人戦とやらで中学生は明日もいつもどおり。
14歳いつもより1時間早い帰宅でご機嫌で逆立ちの練習。
風呂上りに、も一度汗かいている。

お盆に薬師岳悪天候で登山をあきらめた横浜カノーさん
本日リベンジ。願い通じて文句なしの晴天。
連れ合いガイドでご一緒に。
そんな晴天に誘われてか次々訪問者(人間)の日でもあった。

宮古から北上から。そして釜石のスズキさん。
いつもひょっこり現れる。

いつだか白土三平さんを連れてきたのもこの方。

津波で家を失ったが幸い家族は皆さん無事だった。
3分の違いで命が助かったと。
ご一緒にお昼というか昨日のカレーを分けっこして。

きのこ採り、吉里吉里ゼンベイ、
避難生活、勉強、教育、とりとめの無い話。
でもこうしてとりとめのない話ができる時間をありがたく思う。

そして夜は妹の友人アヤさん三宅島から
南三陸町ボランティアの帰りに今日から3日間。
ボリビアにいたり隠岐の島へ移住下見に行ったり
染織の研修でインドへ行ったり。
妹にもそんな逞しいお友達がいたのねと嬉しくなる。
スカイプでお話。

「いいなぁインド。子連れでも行けるかな」と妹。
「あなたがホンキなら行くのでしょうねぇ
         (ってか誰にも止められない)」
と言ってはみるものの…。
どう転がっていくのか妹よ。

その彼女を迎えた帰り道のこと
タイマグラのキャンプ場の上でクマに遭遇。
昨日もフレッシュな糞を見つけたし
「この辺クマがいるよ」と言おうと思った瞬間現れた。
単体で会えば仔熊サイズだが
更に小さいコロコロ仔熊が2匹。

ありゃりゃと思ってみてると、
車から10mくらい離れていたのに
母熊ったら車にむかってきた。牙もむいた。
何だか凄まれてしまった。

「ごめん ごめん」と思わず開いてた窓を閉める。
でもギリギリのところで踵を返し
仔熊たちを鼻先で「早く早く!」と追いたてながら
キャンプ場の方へ降りていった。

母熊のホンキを見た。
あの勢いで子連れの母熊に襲われるのね。
不要な出会いはしたくない。気をつけよっと。

| | コメント (2)

2011年9月 5日 (月)

オトナ18歳

「オレ18歳になったら絶対行きたいところがあるんだ」

何の話の流れだか突如力を込めて16歳が言う。
背中で聞いていた私、
「何?どこ?」眉毛ピクリッ!

「国会図書館行きたいんだよね」

「…そっかー。行けるよ。そのうち」
あーびっくりした。オトナが行く所
っていろいろ頭の中で飛躍しました。

というか親には言わないはず。
あんまりびっくりするようなことは。

や、だがしかし、
いろいろと「へっ!」
というようなことはやらかしている。

夏休みになって帰宅後3日ほどは
ナイフのようにとんがった目つきだった。
こりゃ困ったかも、とも思った。
が、次第にいつもの16歳。

サバの炭火焼を頼んだら
火おこしから焼き上げるまで
ヨッシ!居酒屋でバイトできる!

と思ったが
今時これだけやらせてくれる居酒屋も
ないかもしれない。

昨日で夏休み終わり。寮に戻った。
「何か静かだね。」と14歳。
確かに。
それはそれはもう賑やかなエレキな夏だった。
エレキに加えアコギも寮に連れて行った。

ま、がんばってね。
と言うと
「がんばりますっ!」
立候補者かと思うよな返事。こちらが戸惑う。
頑張れとか言っといて何だけど、何頑張るの?と聞くと
「ギター・・・。あっ勉強とかも」

それにしてもすんごい雨続きで、またまた洗濯物飽和状態。
ホース流されるかもしれないので
水を貯めまくって寝るとしよう。
家の雨漏りもかなり深刻。雨はコリゴリ。

いや放射能もね。
原発はもうコリゴリ…に世界はあふれていたけど
半年過ぎれば
「ま、そうは言ってもね…」という流れムクムク健在で
ある意味オトナ社会か。
と思ったりする今宵。

| | コメント (2)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »