« 靴下びろろーん | トップページ | 夏休み男子 »

2011年7月22日 (金)

ゆるゆるタフ!

どうやって過ごしてきたか記憶が定かではないが
かれこれ7月もあと1週間。
千手観音に憧れる夏が来た。

子どもたちの夏休みもあと1週間。
今日は14歳の面談。来週は11歳。
16歳は無いのかと思ってたけど
よくよく手紙を読んでみたら面談があるらしい。
しかしもはや親は何も言うことないかも…、
あ、あちらの話を聞くのか?
14歳冒険の夏休みになりそうで
パスポートやチケットの手配にわらわら。

7月は来週予約の方も入れると、のべ49人のお客さん。
3月の震災後はお客さんのないまま、フィールドノート
フェードアウトかと思ったこともないではなかったが、
ありがたいことである。

ボランティアに来てくれた
北海道の虫博士のオカザキさん6泊。
大学生の息子君も初フィールドノート
息子と二人旅ってのも何だか楽しそう。
二人の強力タッグで
宮古市高浜の水産加工会社の泥出し作業。
岩手大学での「タイマグラばあちゃん」もご一緒に。

その後を引き継いでカゴアミドリさん4泊。
作業が終わってから
「ミツバチの羽音と地球の回転」シネマリーンへ、
横田かごのスズキさんとも再会できたとか。
着実な歩みにただただ感心。

オオニシカメラマンは4月ぶり。
5月、福島県飯館村の立ち上げ集会に参加の宮城・丸森町の友人から
「誰か継続して福島取材する人、探して!」と電話。
即座に「オオニシ君!」と
彼の住む岐阜から行ってもらうつもりで電話すると
「今飯館村にいるんだけど」。
すでに取材で飯館村入りしていたという。
その時の動画を見せてもらう。
『地域』NO.6 農文協、明日届く。(…はず)
カゴアミドリさんとこれからも繋がりがありそう。

もし私が男だったら、こんな女の子を
彼女にしたいかも!(笑)の植木屋オノデラさん。
東京から岩手の一押し銘酒、
酔右衛門(一升瓶)担いでやって来た。感謝。
免許の更新で盛岡に行ったので一緒に散策。
型染めの風呂敷も素敵だった!

石巻、田老で仮設住宅で暮らす友達も来てくれた。
あえて元の住所を書いてくれたイシカワ君
昔の写真をうちのアルバムから探す。
虫採り名人8歳Tくん、ひょいとゲンジボタルつかまえて
蚊帳の中へ入れて寝る。夏休みにまたおいで。

早池峰登山も5グループ。
そして私は今年何度登れるのだろうか…。

皆々さんのタフっぷりに、よーし私も・・・。
と、ゆるゆるやる気を奮い立たせる。ありがとう。

それにしてもこの涼しさ。というか寒さ。朝は11度…。
ウールのカーディガンをしっかり着ても寒い。
夜はなんと毛布まで登場。
数日前まで蚊帳の中で何もかけずに
寝た日もあったというのにこの温度差に戸惑う。
畑のキュウリやゴーヤも不安そうに風に揺れていた。

明日と月曜は大槌と田老へチクチクの会。
沿岸に行く度に
思わず背筋をシャンとさせて
大きく深呼吸。
ハンドルをキュッと握りなおす。

|

« 靴下びろろーん | トップページ | 夏休み男子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 靴下びろろーん | トップページ | 夏休み男子 »