« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月29日 (月)

精神的に

昨日さんざん遊びまくって元気そのものの10歳が
「足が痛い!」と言う。
ありゃどんな感じに?と聞くと
「精神的に」
私、一瞬「えっ!?」
そのリアクションに10歳本人も
何だか違うと思ったようで
「どうした どうした?」
と聞きに来た13歳には
「何でもない!」

どうやら「神経的に」と言いたかったらしい。
痛みの表現難しいですな。

夜、足の様子を聞くと
「何のこと?」って顔をしている。
冷えたかな?
13歳と10歳、来年のカレンダー製作に燃えている。

今朝は15歳に「雪積もってるよ」と起こされる。
期末テスト当日の今朝、鼻歌交じりで勉強している。
子どもは別の生き物であることを今更ながら実感する。
あ、でもギリギリになってエンジンかかるのは
確実に同じ。ただし私は鼻歌は出ないが。

雪降りに親子共々ワクワク。豪雪地ではないからこそ。
それほど冷え込まず、雪のおかげで外が明るい。

...が、久々の頭痛。
精神的でも神経的でもないのだが。
偏頭痛でもないし。
二日酔い?や、それほど飲んでない。
カキ氷食べた時の頭痛って経験ないけど
こんな感じだろうか。
薪ストーブガンガン焚いて、梅生番茶でやり過ごし中。

| | コメント (4)

2010年11月25日 (木)

雁・鴨

貴重は晴れ間。朝はマイナス5度だったけど
日中は10度くらいにはなったのでは?快晴。

蜘蛛が糸を長く出し、風に飛んでいる。
いわゆる飛行蜘蛛。太陽にキラキラ糸が反射して美しい。
卵から孵った蜘蛛たちは方々に散る術を持っている。
共食いが始まる前に、さー散り散りに!
山形あたりでは雪迎えという。
この蜘蛛の糸が飛ぶ頃には雪もボチボチ降りますねぇ。という季節。
他に中国では遊糸、英語ではエンジェルヘアとか言うらしい。
どれもなるほど。

先日イギリス人のお客さんとそんな雪迎え、
キラキラと飛ぶ蜘蛛の糸を眺めていたら
イギリスでは「グッ サマー」と言うと聞いた。
Godかと思ったらGoose。
こんなポカポカと暖かい日に雁が渡ってくるのだとか。
あちらの小春日和という感じかな。

さきほど実家から合鴨が一羽送られてきた。こちらはダックか!?
知り合いの田んぼで働いた合鴨さん、ありがとうである。
サムゲタン作ってみたいとも思いながらも
今日はあれこれ材料がない。
ネギ、セリ、豆腐、白菜ならある。
今夜は鴨鍋。
さー解体始める。合掌。
その前に小春日和なうちに煙突掃除!
もうちょっと手が大きかったら...と思うのがこの時。
細い煙突?や、機能しないだろう。

| | コメント (2)

2010年11月23日 (火)

頑固ちゃん

1

オランダにいる3歳の姪っ子と、久しぶりにスカイプで会話。
頑固ちゃんの3歳、がんばっていた。
ゾウとサル劇場を見せてくれる。
年末は松江で日本語で遊べそう。

オランダのクリスマスソングを
ギターと鍵盤ハーモニカで15歳と演奏すると
妹の連れ合いに
「faster...」と言われた。
ちょっとボブディラン風だったか(笑)。

連れ合い本日盛岡でイクメントーク。
や、ごくろうさん。
子どもに関われることに感謝。

この3日間フィールドノートきってのベストカップル、
ナイトー夫妻と共に。あやかりたいもんです。
ナイトー旦那の髭の変化にいち早く気づいた私の勘もなかなか(笑)。
人生などイロイロ考える夜になった。
よっしゃ私ももう一頑張りしよう!
とゆるゆる思ったりした。

写真は13歳のもの。2日前の大霜の朝。

| | コメント (2)

2010年11月15日 (月)

とことん遊ぶ

3兄弟遊び倒した週末。
3人揃ってというのも、もはや貴重な時間。
渓雲荘主から借り受けた新デジカメで3兄弟激写大会!?
暗くなるまで外で遊ぶ。
ドングリで構成されたクマの糞を数箇所でみつけ
ドングリや石や棒を突っ込み・・・。
こういう遊びはコー糞、いや興奮するらしい。
一応13歳の鳥の記録のためのデジカメなはずなのだが
鳥がいないとすぐそんなことになってしまう。
満足顔で家に入ってきた10歳「あー今日は遊んだ!!」。

それにしても15歳に喉のそこまで出掛かって言ってみたい3文字
「勉・強・は?」
うっと呑み込む。
言ったところで本人がその気にならなければ
動かないことはこれまでで経験済み。
やるときは確かにモーレツな集中力を発揮するのだけど
短時間。
もしかして来春も高校に行かずに家にいたりして・・・。
などと思ってみたり。それもよし。本人がそう決めるなら。
行きたい高校に行けたらいいのだけど。
願いがかなわなかった時もまた成長の時なのだよなとか。

私もやらなきゃいけないときに鍋釜磨きに没頭したりして
そんな背中を見てきた息子なのだ。
土曜日はせっせとカステラを焼いてくれた。
「障子も貼ろうか?」と申し出てくれたのだけど
「ありがとう」と言いつつ断ってしまった。
一緒に貼ればよかったか。
どこでも自分らしく生きていく力を育てているとも思うのだけど。
カステラ食べながらあれこれ思い巡らす。

気温は上がらないけれど明るい空から雪が舞っている。
明日は独唱大会「涙そうそう」3番はまだ覚えてないというのだけど
歌詞の垂れ幕持って行くべきか...。
夜は高校入試の説明会。

| | コメント (2)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »