« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月27日 (水)

鳴龍の間

紅葉真っ只中のタイマグラを満喫していたら
早池峰初冠雪。
タイマグラも雪がちらつく。

ただ今わが家の奥の間!?お砂場状態。
いよいよ大工タコー君の手によって改造。
あのウエーブする床ともお別れかと思うと寂しいような。
畳を上げると
よくここに寝ていたなというウエーブではありました。

子どもたちは大喜びで、「ココで暮らす!」
と盛り上がる。室内テントか!?
妙に声が響くので
「鳴竜の間!(日光東照宮)」とか言って手を叩いて喜んでいる。
何でも楽しい人たち。

私としては本、布団諸々、右のものが左へ行ったわけで
他の部屋の床が危ぶまれる。
本日連れ合いは材料を調達に。
しばらくお客さんは限定2名さま。
ご不便おかけします。ご了承ください。
今日明日はお砂場として楽しむことも(涙)。


Sunaba

| | コメント (4)

2010年10月21日 (木)

賑やかな秋の夜長

子どもたちを見送ってから
薪取りの翁と嫗よろしく連れ合いと薪とり。
軽トラが不調のため、ケンイン要員として乗用車と2台仕立てで。

軽トラ無事に往復できてよかった。
雪が降るまでに、あと4、5往復分はありそう。
ズラッと薪が並ぶ。考えただけで暖かい気分。
カラマツだけど贅沢は言いません!

一昨日初霜で刻々と紅葉は進む。
大根も抜き、葉っぱを茹で
おやつにはサツマイモプリン。
大根たっぷりおでんコトコト。
台所に立つ時間が長いことと
ココロの充実度、比例しているなぁ。

週末の文化祭に向けて15歳佳境に入る。
友達からエレキ借りて大変な騒ぎである。
とにかく後夜祭。

英語の暗唱(暗礁が変換第一候補・涙)は大丈夫なんでしょうか?
そして文化祭が終わったらいよいよ受験態勢に!?
...と思いきや
「オレ独唱やるから」

いつ?何歌うの!?模試は!?
何だかチャレンジャーになってしまったなぁ。
ま、やりたいことやりなはれ。
優先順位も忘れずに。

静かな秋の夜長...ほど遠い。

| | コメント (4)

2010年10月 8日 (金)

疲れない映像

栗、くり、くり!!!な日々を送っている。
茶巾絞り、マロンペースト、
それから薪ストーブの上で乾燥させてカチ栗製作中
(晴天があまりない)秋真っ只中。

数年前、「月の明かりで早池峰を撮りたい」と
マイナス20度の早池峰の撮影にチャレンジした
NHKの希少種カメラマン(笑)Yさんから
昨日は予約の電話をいただく。
この夏の移動でぐぐぐっと北上してしまった。
来月さっそく休暇をとって岩手へ
挨拶まわりツアーをしたいとのこと。
7月下旬出発前は会う間もなく、
こちらも残念に思っていたところだった。

念願のタイマグラの澄川カントク、
井上カメラマンとの会談を勝手に計画。

独特の粘りのあるカメラワークで
岩手の人と自然を撮り続けた。
転勤が宿命ではあるが、残念な移動だった。

澄川カントクの映画の魅力の一つは、いつの間にやら
映像の中に入り込んでしまう、
ゆったりと流れる「間」だと思う。
私はこれがたまらなく好きなのだが
Yカメラマンもまたそんな「間」が好きだという。
そしてテレビでは表現できないことでもある
と話していた。
や、よく組織の中で魅力的な世界を築き上げていると思う。

テレビを普段見ない私がたまに見ると
とにかく早い。映像や音の他にテロップは流れ...。
見終わった後、
大概は何ともいえない疲労感が残るのである。

10月17日島根県松江市でその澄川カントクの
「大きな家  タイマグラの森の子どもたち」
の上映会がある。
私も駆けつけてお手伝いしたいところだけれど(笑)
帰省は年末の楽しみに。

前回の松江での「タイマグラばあちゃん」
上映から6年が過ぎる。
今回も澄川カントク松江入り。
2回の上映の間にトークも。
きっと素敵なお話をしてくださることでしょう。

タイマグラからトチの実やクルミも送った。
来場の方へプレゼント(笑)。
(今日は今年豊作のマツタケも送ったよ~・
業務連絡シツレイ)
お近くの方是非!!

『大きな家』
日にち 10月17日(日)
会場  松江市総合文化センタープラバホール
時間  午前10時半、午後3時からの2回
     澄川監督の講演会は午後1時から
料金  前売り一般 1000円
     小中高生   500円
問い合わせ 0852-21-1465 山代まで

| | コメント (4)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »