« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月16日 (金)

明日(お知らせ諸々)

頭痛に打ちのめされている間にも時は流れ…

間近に迫ってしまいました。
上映会お知らせ3つ!!是非お近くの方はお出かけください。

『大きな家』
「タイマグラばあちゃん」から5年。
東京から移り住んできた澄川監督
3人の子どもたちのいのちに囲まれた暮し。

   10月17日(土)  
   エルパーク仙台 ギャラリーホール
   (旧141ビルの上)
   ①10:30~
   ②13:30~
   ※監督舞台挨拶(多分)2回ともあり。

   問い合わせ オールライト・ちえみさん 090-9393-3074

仙台初の上映会。11月21日からポレポレ東中野での上映も決定。

『風のかたち』文化庁映画賞受賞(おめでとうございます!)

小児ガンの子どもたちの10年の記録。
「子どもは死んじゃあいけない人たちだよね」
聖路加国際病院の細谷先生中心にはじまった
サマーキャンプの様子など。
   10月18日(日)
   東京・シネマート六本木
   13:00~
   伊勢監督×細谷医師のトークあり
   問い合わせ 03-5413-7711

も一度観たいと思っていたら宮古シネマリーンで上映があるらしい。
11月には婦人之友社から細谷亮太先生のエッセイ集が出版。
タイトルは「優しさはどこから」

4人の子どもの父親でもあり、小児科医の細谷先生が綴る
子どもと生きる幸せ。

伊勢カントク先日NHKラジオに出演というので
1時間しっかりラジオの近くで過ごそうと
雑巾がけの用意やら友達にファックスしたり備えて待つ。
10:05ニュースが終わり「さー始まる」と思っていたら
なんと岩手は高校野球の中継。
それも雨のためグランド調整中とか言ってるし。
「だったら伊勢さん聞かせてよ!」

「大きな家」「風のかたり」詳しくはいせフィルムへ。

最後!
『フツーの仕事がしたい』
派遣切り、格差社会、ワーキングプア…。
つい先日も厳しい労働状況のタクシードライバーを経て
組合の専従スタッフになったというお兄さんが
盛岡から訪ねてくださる。
きっとこの上映会知ってるよね…。
私も3人の息子たちの行方とかね、ちらついたりして。
誰しも他人事ではない…。

  10月17日(土)
  岩手大学農学部 5号館2階ぽらんホール
  13:00~
岩手上映会実行委員会

  問い合わせは 様々活動家(笑)でもホントは 農家、生産者のpepper@0194.net

明日は紅葉ツアー団体さんお昼ご飯
キャンセルになり(涙)。
時間が出来たので盛岡へ。
「フツーの仕事がしたい」モードに急遽切り替える。
頭痛もしずまったし。

14歳今日は英検。
ま、ちょっとハードル高かったけど
(…ってまだ終わってもないのに結論出してごめん)
その頑張る姿勢が大切。
こちらも朝起こしてもらって助かったよ。

英検終わったら盛岡へ行きたいと言ってたので
明日は部活終わった足で一緒に盛岡へ。
映画を観るのか
本屋に行くのか
図書館に行くのか
電器屋か?

小学生明日は学校。
日曜の学習発表会の準備やらで。
先週からがんばってきた剣舞
夜の練習も明日で最後。

| | コメント (8)

2009年10月15日 (木)

久しぶり!

初霜は12日。今週は晴天が続き
紅葉もグンと進んだ。
日に照らされて森全体がキラキラしている。

カメムシよりも一足早くカメノコテントウが越冬に入って来る。
でもこれは数が少ないので全く問題なし。
圧倒的な団体でやってくるカメムシXデーも間もなく。

タイマグラから眺める早池峰には
まだ雪を確認していないのだけれど
先日11日に登ったお客さんは山頂付近は真っ白だったと。
岩手山も初冠雪と言ってた。
早池峰も1回目とカウントしてもいいかな。
さ、早池峰にあと2回雪がついたら次は里、タイマグラにも雪が降る。

先日の夕暮れ時14歳を迎え車で帰宅。
県道から養魚場のところで車を切り替えしているところに
何やら飛んで来た。
車のライトに照らされたクルミの木にとまったのは
モモンガ。私一人。カメラもない。

ライトが眩しすぎるかしらと消したり
しばし眺めてみたり。
そして家族とお客さんを呼びに戻る。
車で刺激しては…と
暗がりを懐中電灯持って走りクルミの木へ。
すでにモモンガの姿はなかった。

10年ほど前、やはり夕暮れ時
家の前で滑空するモモンガに出会って以来
久しぶりの知り合いに会うような…。

中学生のスクールバスを待ちながら
今日は満天の星空を仰ぐ。
時折ニホンジカの悲しげな鳴き声も。
ここ数年増殖しているニホンジカ…。

ま、様々モンダイが起こる暮しは
いずこも同じではあるのだろうが
そんなこんなのゴタゴタを
吹き飛ばしてくれるよな~この場所は。
…などと思いながら14歳の帰りを待つ。

14歳とカントクの所の14歳ちゃんを乗せ
車を走らせていると、ライトに照らされて白い六角形がひらーり。
モモンガが目の前を滑空。

「モモンガが多いのか モモンガを呼ぶ女なのか」
帰宅して言うと
12歳と9歳声を揃えて
「モモンガが多いんでしょ」

クマが山へ戻ったタイマグラも
まだまだ野生の気配は続くのであった。
夕暮れ時は楽しいなぁ。

今年2度目の偏頭痛が1週間続き
ようやく今日はシャンとした。

締め切り!とか
何時までに!とか
そんなことがない
「ホッ」…と意識するタイミングで頭痛は現れる。
正月明けの時もそうだった。
根っからの貧乏性なんだわ。

| | コメント (2)

2009年10月 9日 (金)

えっ!?

はっと目覚めて時計を持つ。
…と
「私もね、今鳴ろうと思ってたところだったんですよ」
的に目覚まし時計がジリジリと鳴り始めた。
5時ジャスト。
よっしゃ!今日は14歳より早かった。

水に浸している発芽玄米の芽をしばし観察したり
洗濯をはじめたり…

ほどなく14歳も起きてきてストーブの部屋で
英語の勉強を始めたので、私はラジオを聴くのを控え…。

やがて12歳も起きてきた
「おはよう!」
12歳、壁にかけてある時計を見るや
「えっ!!??」
つられて14歳と私も時計を見ると
「ええええっっっっ!!!!」

6時50分。家を出発するのは7時である。

その後は電光石火のごとく。
パン、トマトを切ってオートミールを牛乳で煮て
ピクルス食べて…
マスク持って
風邪予防のお茶うがい用のお茶作って・・・

集合場所には7時5分にはいた。

目覚まし時計のウソツキ!

1時間半遅れていたのだ。電池?子どものいたずら?
いや私が寝ぼけて夜時計を狂わせた?

そういえば5時にしては辺りが明るかった。
「台風一過か?」
などと呑気に思っていたのだ。

昨日は子どもたちは午後から休校になり、
棚ボタ的に時間が発生。
それぞれ本読んだり、クイズを作ったり
私はガスレンジの徹底掃除
重曹まみれになって過ごす。
タイマグラは冬の季節風程度だったので
ほっとしながら夜は早目に休んだというのに・・・。

週末はお客さんと剣道送迎な日々。

この台風で被害にあった人たちを祈りながら
風で落ちた木を集め、今日はお風呂で焚こう。

| | コメント (0)

2009年10月 7日 (水)

台風前は・・・

ここ数日の朝は
中間テストが終わりほっとする間もなく
英検に向けて勉強してる14歳に起こされる。

先に起きている人がいると思うと
つい甘えがでてしまう。

「6時過ぎてるけど~」
あー立場が逆転している…。
あなたはエライ。
私は2度寝して布団を畳む夢を見る。

今日はお客さんもなく
台風前の静けさに包まれた1日。
ほとんど台所で過ごす。

赤カブの漬けもの
カボチャときゅうりのピクルス
昼食にモチアワトマトソースのスパゲティと
水菜と人参のサラダ

おやつに豆乳のココアババロア
明日の朝のパンを仕込み
夜のおでんを保温調理で早めに仕込み
ツルムラサキのおひたし
モロッコ豆の和え物…

夜会議で花巻に出かける連れ合いに合わせて
お風呂を沸かすのもご飯の用意も全て早めに終了。

図書館で村上春樹の1Q84など並んでいたものだから
つい借りてしまう。一応チェックしなくてはね。
先日タイマグラの友人が「下があるけど上がない!」という。
ごめん私です。
直接貸すべきか一旦返すべきか。

その他同時進行で辛淑玉さんやら清水真砂子さんやら
同時進行読書のクセは父親ゆずりだな。

あー秋の夜長。シアワセな布団の中なのである。
その前に9歳が最近まっている
宮澤賢治のリクエストにこたえてから。
今夜はセロ弾きのゴーシュ。

ここのところ水不足のためか
朝取水口に落ち葉が詰まって水の出が悪い。
明日は雨…だけど台風お手柔らかに。

クマに小屋を壊されてから
すっかり自由を謳歌しているニワトリも
何だかオロオロしているのは台風を感じているからかな?

明日の台風
収穫間近の岩手のリンゴが心配。

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »