« 根っこよ育て | トップページ | 雨、雨、雨…。 »

2009年6月22日 (月)

死んじゃあいけない人たち

昨日はシトシト雨降りで、
日の長さを実感できないままの夏至。
今シーズン初のヤブ蚊に刺され、
マタタビの葉も白くなり
クワの実もほんのりと赤く色づく。
6月、出会いがてんこ盛り…。

春、タイマグラばあちゃんの上映会でお世話になった
丸森町のご一行、
いつもいつも私たち家族を応援してくださる
仙台JUNK-TOMYさん
宮古での「大きな家」上映会の後、
泊まりに来てくださる。

私の学生時代からの友人の訪問、
夫の大阪時代のアルバイト先の社長さん
それぞれの20代を共に過ごした人との
再会に盛り上がる。

昨夜は週末に開かれた花巻映画祭の後、
伊勢カントクご一行。
6名宿泊。
渓雲荘宿泊6名のかたがたもご一緒に総勢20名の夕餉。

土曜日花巻で「大きな家」を見ようかと思ったが
大入り満員だったので、また次の機会にする。
その間私は友人と大沢温泉へ。
露天風呂デビュー。40才も過ぎればねぇ…。
お昼からの伊勢カントクの新作「風のかたち」を観る。

聖路加国際病院で
小児ガンの治療を受けてきた子どもたちの夏のキャンプを軸に
10年間の記録をまとめたもの。

病気が治り念願のお母さんになった子、
ステキな女性に成長した少女
聖路加の看護士になった子
そして帰らぬ旅立ちをした子

病気と闘う苦しさだけでなく
学校では病気を理解されない苦しさを味わう子。

キャンプでは自然の中で仲間と支え会い
どの子も「素」でいられる優しさに満ちた時間が流れる。

キャンプ恒例の藪こぎにはおきてが二つ。
  道は自分でつくること
  仲間を助けること

自分が優しくしてもらってきたことを
人に返していきたい。

つらい思いをした子どもたちの口から
出てくるのは、希望の言葉ばかり。

このキャンプの中心メンバー小児科医の細谷センセイが
「子どもは 死んじゃあいけない人たちだよね…」
と語る。

スクリーンの中の子ども達に出会いたくて
3人の息子たちを誘って「風のかたち」を観にでかけた。
「生」の塊りである子どもたちと
日々このタイマグラで過ごせることは
感謝であり、奇跡とさえ思う。

この世から旅立った小さな命を思いながら
そして私の子ども時代
優しくされたり、許されたりしながら
すごせたことを思いながら
目の前の子どもたちにまた向かおう。

連れ合いは大沢温泉で伊勢カントクの
もうひとつの新作
「白い花はなぜ白い」の上映会と交流会でお泊り。
こちらも是非見たいな。
一昨年亡くなられた植物、山が大好きな
伊勢カントクの友人を描いた作品。

夜8時、タイマグラに到着するとタイマグラ恒例
コウモリ観察会になんとか間に合う。
クロホオヒゲコウモリ、コテングコウモリ…
気温、天候などコンディションに恵まれたためか
いつになく沢山観察することができた。

12歳しみじみ
「ほんとにいろんな生き物がいるところだねぇ~」

|

« 根っこよ育て | トップページ | 雨、雨、雨…。 »

コメント

「暮らしの手帖」の聖路加国際病院の細谷先生のエッセイ、毎回楽しみにしています。

フィールドノートで買った絵はがき全部使ってしまい、また買いにいきます。

梅雨でじめじめしていますが、お体にきをつけてください。

投稿: aimaki | 2009年6月22日 (月) 19時23分

aimakiさん
こんにちは!
こちらもaimakiごはんを食べにいきたいなぁ。
私も「暮しの手帖」や「婦人之友」で
細谷先生の子どもへの眼差しいいなあと思っていましたが
実際にお会いしてますますファンになったのでした。
外遊び!?もしていますか?
早池峰のお向かい薬師岳に先日久しぶりに登り
神々の庭を歩いてきました。お元気で!


投稿: yama | 2009年6月26日 (金) 23時20分

はじめまして。映画「風のかたち」応援ブログというブログを個人で運営しております、松野といいます。

当ブログで「風のかたち」についての感想等を書いていただいているブログを紹介させていただております。事後報告になり、申し訳ありませんが、もし不都合があればご連絡ください。

今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: 松野照樹 | 2009年10月 5日 (月) 16時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 根っこよ育て | トップページ | 雨、雨、雨…。 »