« すんごい楽しい | トップページ | 任せたよ! »

2008年3月27日 (木)

帰りたい場所

10歳、タイマグラの監督さんの車で
監督さん家の10歳くんと一緒に出かける。

時計を見ながら今頃着いたかな、
今何してるかなと。
留守番の12歳と7歳、寂しげ。

10歳だけが居ないということは
これまでなかった。
出かける間際まで取り組んでいた
3兄弟合作の仮面ライダーの立体の仮面
(この3日間かかりきりのかなりの力作。
しかし7歳がかぶるには、ちときついサイズで
着脱かなり大変そう)
10歳が色を吟味して塗っていた仮面は
製作途中のままテーブルに寂しげに転がっている。

帰りは10歳二人で電車を乗り継いで帰ってくる。
初めてのお使い状態。
二人のやりとりをこっそり見たいなぁ。
「困ったことがあったら
自分がどうしたいか人に伝えなさい」
とだけ言っておいた。
お守り袋も縫って持たせる。
「何か困った時に開けてね」と1000円札1枚を忍ばせて
出番がなければいいけど。

「タイマグラの風」最後の掲載紙が昨日届く。
妹の版画も何だか気合入れてくれたようで
タイマグラで只今満開のマンサク。
(あーして!こうして!
と指示を出してはいるのだけれど)
どこかアルフォンス・ミュシャを思わせるような
柔らかな色合い。(姉バカ)
妹の「妥協なし」の仕事で締めてもらう。
家族にも陰に日当に協力してもらい
脱稿の祝杯。

連載中、何度か手紙やお電話をいただいた
かつてこの村に住んでいたというまもなく90歳なるSさん。
昨日も電話をもらう。
「ほんとうに終わりなの?
毎週火曜日の新聞を楽しみにして、
切り取った新聞をくり返し読んでいる」。
名残惜しく言って下さる。
そんな方が一人でもいただけで嬉しい。
かつての山の暮らしと重ねながら読んでいたそうだ。
私のようなナンチャッテとは違い
過酷な、でもその分もっと自然からの恩恵を
身近に受けながらの暮らしだったのだと思う。

子どもや孫たちとの暮らしは、良くしてくれるし
便利だし、何の不自由もないという。
ただいつかは帰るつもりだった山の暮らしに
もう戻れなくなってしまった無念さをくり返し話された。
そんな90歳の思いがタイマグラのばあちゃんと重なる。

「どこも夢にみねぇが
     タイマグラだけは夢に見る」とばあちゃん。
最後のお見舞いになった、ばあちゃんがなくなる
1ヶ月前
「オラも山で皆と暮らしたい」
といって静かに涙を流した。
どうしてあげることもできない私。
どうすることもできないのは、ばあちゃん本人が
一番わかってもいたのだろうけど口にした思い。

「帰りたい」と思うのは
単に住み慣れた「場」という以上に
変わってしまった
価値観に帰りたいということでもあるのかなと。

来週盛岡のその90歳の方を
盛岡に訪ねることにしている。

今日は寒の戻り。朝から薪ストーブを真剣に。
春休み、新しいお客さん、懐かしい友達の訪問が続く。
感謝。

同時進行で、まずは1週間のばしてもらった
季刊「うかたま」の原稿!
「タイマグラの風」の余韻に浸る間もないな…。

|

« すんごい楽しい | トップページ | 任せたよ! »

コメント

変わってしまった価値観に帰りたい・・・
うーん、なんだかすごく分かります。
これからの人生だから、良い方に変わっていきたいものですね。

投稿: feefee | 2008年3月27日 (木) 19時22分

帰りたい場所いいですねぇ。
まだ帰れないですけど本能的に持ってるものを求めて行動するんでしょうか。人それぞれ違うけれど・・・やはり魂が喜べる場所が大切なんだと思う。

投稿: 旅の途 | 2008年3月29日 (土) 18時50分

feefeeさん
足跡だけつけてきましたが
谷川俊太郎の詩検索しよっと。
帰りたい場所
自分でつくっていくものでもあるのでしょうね~。

旅の途さん
旅の途さん帰りたい場所、
何だか魂の喜ぶ場所に存在しているようにも
お見受けするのですが。
先日のCD、
ウルッとしながら聞いています。

投稿: yama | 2008年3月30日 (日) 16時45分

私のとっての「帰りたい場所」、「タイマグラがっこう」へのスケジュールについてはハッキリ次第別便にてご連絡しますのでよろしく。
「タイマグラの風」最終回、7歳くんの行動には同時期の頃の自分と
重ね合わせてしまいチョット、うるうるきてしまいました。
実はサリーマン生活37年のところで引退して、自分なりの社会参加の場を探してる最中ですが、昨日も「世界がもし100人の村だったら」を出版した池田香代子さんの講演会で新たなヒントを獲ることが出来ました。という事で「タイマグラ学校」は自分探しの考える集約場所に必要なところなのであります。

投稿: ジンクトミー | 2008年3月31日 (月) 15時58分

ジンクトミーさん
タイマグラがっこうぼちぼち開校。
楽しみにお待ちしています。
わかめの会のRちゃん六ヶ所村へ向け
北上途中に寄ってくれました。

投稿: yama | 2008年4月 4日 (金) 15時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« すんごい楽しい | トップページ | 任せたよ! »