« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月27日 (水)

味噌仕込みと犬

最後まで微熱が続いた10歳も
今日から登校。
グッタリ元気のない3兄弟は可哀相だったが
元気になったら元気になったで
ピーチクパーチク 「うるさーい!」
と、一喝したくなるほど賑やか。

私のしぶとい咳もボチボチぬけてきた。
それにしても恐ろしいほどの早寝の習慣が
副産物として残った。

昨日からタイマグラの炭焼きに又貸ししてもらい
(図書館すみません)
長野で炭焼きをしている青年の本を
おもしろく読み始める。
世の中にはお友達になれそうな人が
まだまだいることに嬉しくなる。

週末は恒例の味噌豆踏みツアー
今日は豆を洗い水に戻した。
今年は「秘伝豆」でも仕込む。
豆の旨味が濃い青豆の秘伝豆、楽しみ。
口開けは3年後だけど…。

今日になって味噌ツアー2名キャンセルの連絡が入る。
飼っている犬の具合が悪いという。
そんな連絡をもらって思い出したが
去年の参加者の一人も、出発間際に飼い犬が
天国に旅立ったといってた。

先日は連れ合いの両親のところで
飼っているゴールデンの♀エルが死んでしまった。

松江の家のすっかり弱ってしまった老犬は
先週危うく臨死体験。
父など看取りの時間まで計ったようなのだが
ほどなくむっくりと起き上がったという。
電話がなるたびに「もしや…」
と、なんとなく覚悟はしているのだけれど
おちゃめで陽気な犬。
ちっこいけれど存在感は大なのである。

味噌豆と犬の旅立ち、春先はそんな季節なのだろうか。
今月と言われていた
六ヶ所、核燃料再処理工場の本格稼動が
5月に延期になった。
ガラス固化体の製造がうまくいかないとか。

嫌だな、そんな危なっかしいものがうまくいかないのに
急いでやってるって…。
ど~ぞ~このまま~ ど~ぞこのまま~(by 丸山圭子)
って思わず新聞読みながら歌ってしまったけど。
洞爺湖サミットむけて「やってますよ~」
とかって言いたいからだろうか。
6月青森でエネルギー大臣会議があるらしい。

子どもたちが電気に頼らない暮らしに盛り上がっており
目標1ヶ月使用量100kwhを下回る努力をしているのである。
ちなみに2月は111kwh。冬は少なめなのだけど…。
省エネ少年たちのおかげもあっての早寝。
やっぱり冬眠か。

| | コメント (3)

2008年2月23日 (土)

特効薬

結局溶連菌かインフルエンザウィルスかどっちだったのか
スタートは先週土曜日に熱が出た7歳。
月曜日私。
火曜日10歳。
水曜日12歳。
次々発熱。

連れ合いは今のところ何事もなく
ひたすら今週は寝込んだ私たちの
看病をしてくれる。
今日は宮古へ六ヶ所関連食飲会議。
私も行く予定だったが…。

何とか今日は朝から起き出した。
小学校も水曜の午後から学校閉鎖で木、金もお休み。

体中の関節という関節、指の関節さえ痛くて
どぎゃんもこぎゃんも状態だった。
うんうんうなっている日中もツライけど、夜もツライ。
痛みでウツラウツラ。

夜中に10歳が「お茶飲みたい」という。
用意するの忘れた!
起き出してま、赤ん坊の頃のことを思えば楽になった。
となぐさめながら用意する。
そしてウツラウツラ。
「カカ○×△~カカ、カカ」
再び10歳。
「どしたの?」
返事なし。うっ!10歳も熱でうなされているらしい。
辛いの~風邪は。

つげ義春もびっくり的
人間の深層心理を映像化したような夢をみて
更にどかんと疲れる。
熱が下がっても偏頭痛と咳が続く昨日、
朝もウダウダとしていたら
学校から電話。
「宿題持ってこれからまわります」
うーむ、家庭訪問ではないが
あまりにもこれは惨状ともいえる家の状況。
おもむろに私のエンジンがかかった。
センセイに何よりの薬をもらったような…。

12歳と10歳は昨日は熱が下がったのに
今日は二人とも再び熱。

本日二人に泣く子もだまる!?
第一大根湯。
私はどちらかといえば好きなんだけど。
子どもたちは何だか観念しました的に飲む。
大根おろしに生姜おろし加えて
三年番茶の熱いので割って
お醤油たらしてグイグイっと。
明日は二人とも元気になりますように。

一人早々元気になった7歳は薪ストーブに
薪入れたり、薪運んだり
鼻歌うたいながら
お手伝い楽しそう。

今日久しぶりに外へ出ると
懐かしい湿った土のにおいがした。

| | コメント (6)

2008年2月17日 (日)

マザー光線

昨日は12歳鉄の発表で盛岡へ。
のんびり午後一くらい盛岡着かと思いきや
受付8:30から。7時前に出発。マイナス8度。
10歳7歳も参考になるかもと
「いかない?」と聞いたらあっさり
「せっかくのお休みにもったいない」。
まーねそうかも。と、12歳と出かける
連れ合いも県南で会議。
ありがたしジジババさま。

学年ごとに分科会になっている発表会で
いろんな研究、に取り組んでいるのが面白かった。
資料は全てもらってきた。昔話になぜ白鳥は登場しないのかとか
へーってのも。
12歳と同じ分科会の中には
口腔内研究として歯、唾液に続く第三弾で
「咀嚼」なんてテーマでやってる5年生の子など
初めの挨拶からして違ったね。
「…このような発表の場をいただきまことに光栄…」
12歳と帰り道
「何だかすげかったね。ご静聴いただき…とか言ってた」
と本筋と違うところに親子でシビレたりして。
でもいろんな刺激をもらったような12歳であった。
まったく最近まだキンキン声のわりには私に身長追いついたし
私の冗談でいったつもり発言が
気に触ったりと思春期突入。フフ。がんばっておくれ。

風邪が小学校でも週末はやりはじめたらしく
欠席者がでてきた金曜日。
風邪に備えてリンゴ、大根、レンコンおさえる。
番茶、梅干は常備してるし…。
実はポカリとかアルカリイオン飲料が
子どもにはウケが良かったりしてね。
こっそり用意しておいた。

冬場の外出は6時までには帰りたい。
何故って湯たんぽのため。
朝は朝でおにぎり作ってお茶持って
冬の外出は大変なのである。

図書館へもダッシュで行きしっかり借りまくる。
7歳10歳たちへも留守番土産として
アフリカにはまっている10歳にアフリカ関連、
フクロウの記録写真とねずみ女房(これ感動的にいい本だった)。
なんとか薄暗いうちに帰宅。

と帰ると7歳熱。
日中9度台まで上がったらしい。
ひゃーきました。
でもインフルエンザではなさそう。
今日は7度台。昨日の夜のグッタリ感から
今日は表情もいい。
溶連菌もはやってるというから
喉かぜのほうだね。

今日はウルトラマンの問題まで出すヨユウ。
7歳「問題です。ウルトラの母の出す光線は」
私「えーっと マザー光線」
7歳「ジョーシキだよね!」
私としてはけっこう頑張って答えたのに。

発熱体7歳のご指名でぴったりくっついて
寝たおかげか、うーむ、
夕方あたりから私も喉がおかしい。

風で落ちたカラマツの枝が
よく燃えて、薪ストーブは高温。
お湯も次々沸かしてくれる。
今日の湯たんぽは私だけ2つ。
こういうことにリッチな気分を味わえる
お得な体質。さー早寝しよ。

| | コメント (3)

2008年2月14日 (木)

これよこれ!

つい一昨日は外へ出ると
「2月というのにヌルイ!」
と、イチャモンまでつけたくなるような朝だった。

そしたら今日は嬉しいまでの風!雪!冷え込み!
三拍子揃った。
「そうそう これよこれ!」
冬はこうでなくちゃね。なんて。

もう北島サブちゃんを越え、
石川さゆりも軽くクリア
北原ミレイってかんじかな。

山が鳴っている。
時折防風林のカラマツの枝が風に落とされ
パラン パラランと
屋根に当たる音。

こんな尋常ではない風が吹いたりすると
何だかワクワクしてしまう。ある意味自虐的。
人の心をハイにさせる作用があるのか。
私だけ?

ぼんやり過ごすうちに今日はバレンタインだったりした。
こんな形で男たちに囲まれる人生を歩むとは
思いもしなかったが(笑)
4人のわが家の愛すべき男たちにガトーショコラを焼く。
あとパソコン先生の渓雲荘主にも。
できの悪い生徒(私)に本日も懲りずに指導。
が、まだフシギ現象が起きるのだけど…。
ケーキだけでは申し訳なく週末あたり夕飯
ご招待して指導を願いたいところ。

ガトーショコラ、若干残りあり
本日のチョコのもらい分に不足ある方はどうぞ。

3兄弟は早くも来月の14日のホワイトデーに
どのクッキーを焼こうか
本を眺めて楽しんでいる。
ってお母さんへのお返しではなく
小学校のカノジョたちへ。

| | コメント (2)

2008年2月 9日 (土)

ビー玉の楽しみ方

放射冷却で冷えた今朝。
朝の味噌汁用に昨晩煮干を浮かべておいた
鍋の水がガチッと凍っている。

外に出ると薬師岳と早池峰が赤く染まっている。
木に霜がはりついて
わー!今まさに外がキラッキラと輝きだした。7:03am。
今日はいい天気になるのかな。
西から崩れているようだけど・・・

子どもたちはタイマグラで育ったせいか
寒さは平気、というか
子どもは基本的に元気であれば
寒さは気にならないのか。
が、この厳冬期だけでもせめて「スパッツをはいて!」
と私がシツコク願うものだから
しょーがねーな的にはく。

昨夜の遊びはビー玉。
湯たんぽを入れるときに使うジョウゴの先に
ビー玉はめて写真を撮る。
なかなかおもしろい写真が撮れるのである。
色のビー玉にしてみたり。

そうこうしてるうちに
「ほらほら寝る時間」
と着替えるよう促すと
スパッツ姿の10歳がビー玉をスパッツの中へ入れる。
そしてその冷たさゆえに
ビー玉が足首の方へ下りていく間踊る。
そういうヘンテコな遊びを考える天才は10歳。
そして「バカなヤツ」と思いながらも一緒にやりだす12歳。
おもしろそうなことには迷わずすぐに相乗りする7歳。
3兄弟ビー玉ダンスに盛り上がる。

生まれては消えていく遊び。
もう今日はやらないのだろうか。
ビー玉の正しい遊び方というのは
よくわからないのだけれど
ご参考まで。

| | コメント (2)

2008年2月 6日 (水)

ゆるゆる前進

きっかけは腹痛だった。
先週末の土曜朝、起きようと思ったら
左肋骨の下あたりに鈍痛。
普段元気なぶん、弱気な思いがめぐる。
食欲全くなし。そのわりには日中も夜も
これでもかってほど寝られるのだから
鬱ではないのだろうけど。
自律神経失調症とか不定愁訴とか更年期とか
いろんな言葉をならべてみるけれども。
アルコールもカフェインも断つ。
ま、嵐が過ぎるのを待つしかないな。
幸い来週火曜日は新聞の休刊日で
こんな時にこそ書き溜めておけばよいものを、
知ってしまったからにはあれこれ他の用事がはいってくる。
あれっ、先に休刊日というのを聞いてから腹痛だったのかな~。

そんなまるで凹んでしまった私に
文句一つ言わずにご飯作って、
体が冷えたからかと(それもかなりあると思う)
川からバケツで水運んでお風呂を沸かし、
春には薪がなくなりそうだからと薪集めをして。
連れ合いの働きには頭が下がる。
朝も2度ほど早起きしてストーブつけてくれた。感謝。

冬は様々な思いが交錯する。
夏、考える間もなく何とかしてしまっていることなどが、
冬には時間がある分、私のあるよな、ないよな
覚悟のようなものを揺すぶられたりして。

今日は1週間ぶりにパンも焼く。
来年のエコツアーのお知らせとHPもでき
(これはお隣の渓雲荘主のおかげ)。
今年もいろんな出会いが用意されているのだろうなと。
ブログ書いてるうちに元気もでてきた。
書くという気力すらわいてこなかったから。
昨日12歳の中学校の保護者説明会へ行って思い出した。
6年前、小学校に行って「学校」という世界を久々に感じて
ヒョエ~っと思ったこと。
中学校ではまた更にヒョヒョエ~。
子どもたちも少しずつ少しずつ親、そしてタイマグラという
安全地帯からの巣立ちを視野に入れつつ。ゆるゆる前進。

ぼちぼち子どもたちが帰ってくるぞ。
ストーブ全開で迎えよう。

| | コメント (4)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »