« 冬は寒くねぇーと | トップページ | いいのができそう »

2008年1月24日 (木)

比較的

マイナス15度の世界からいっきに緩んでマイナス3度。
暖かい朝。私の中の比較する能力がメキメキと働く。
暖かさのせいか思わず二度寝してしまった。

一昨日は薪を運び込んだり、
朝の段取りも珍しくばっちり備えていたというのに
空振り。天気が崩れるのは今朝からだった。

これまでの
冷え込みは厳しいけどキラキラ眩しい真冬日と
気温はそれほど下がってないけど陽もささず
遠くから山が鳴りながら
細かい雪を吹きつける強風の一日。
どちらがよいかと言われれば困ってしまう。
こちらは比較し難いな。

こんな日に10歳と12歳は歯科の予約を入れてしまい
連れ合い付き添い。
7歳が一人歩いて帰ってくるのは可愛そうかと
迎えに行く。

ちょうど家を出た頃
スクールバスが上の家に向うのが見えたので早足に行く。
が、7歳降りた気配はない。
下りで降ろしてもらうのかと待つ。
何か雪降りの中シャッターチャンスはないかと
カメラを持って出たのだが
猛吹雪でそれどころではない。

しばらく待っているとスクールバスやってきた。
運転手さんが
「上の家で遊んでいくって降りましたけど・・・」

「うっ・・・」

ベイリーフ、シナモン、
カルダモン、クローブを
スパイスミルでつぶしお鍋に多目の生姜を入れて
薪ストーブの上でことこと煮出し中。
雪とともに降ってわいた一人の時間がありがたい。
スペシャルミルクティーで一人のお茶を楽しも。

|

« 冬は寒くねぇーと | トップページ | いいのができそう »

コメント

マイナス15度の日が10日続いていることびっくりしましたが、
マイナス3度に上がったようでほっとしました。
スキーをしていた頃、羊蹄山でマイナス7度の世界に感動しましたがマイナス15度なんて想像を絶する世界です。
10日以上も続けば体は大丈夫だろうか・・。人間はそれでも順応できるのだろうか・・。防寒着や保温グッズは大丈夫?・・・・などなど・・。松江の雪を眺めながら案じていました。
でも今日のブログで7才君の逞しさに脱帽しました。
タイマグラ風物詩なんて優雅なものではないのでしょうが、
大自然の中で厳しい季節もまっすぐ受けとめて暮らす人々に感動です。

投稿: kohara tokiko | 2008年1月24日 (木) 22時53分

koharaさま
けっこう人間はいけるもんです(笑)
特に子どもは。
でも北海道のお客さんが
マイナス30度の世界のしてくれて
まだまだタイマグラ・・・
でも家のつくりが違うか。

投稿: yama | 2008年1月25日 (金) 06時28分

ご無沙汰してます。
yamaさん一家の厳しい越冬生活日記に拍手を送るよ。
私は今シーズン情けないことに森を出て都市で越冬中。
怒涛のような吹き降ろしや、一滴の沢水を溜めたり、雪で食器磨いたりした生活が幻だったように思えてくるほどの都市生活にどっぷり浸かってしまってます。
不便でも豊かな森の生活を知ってしまった者にとっては、これまたある意味厳しい修行といえるかも。
薪、春までもちますように・・・・・・。
明日は久々に岩手に帰ります。

投稿: joan | 2008年1月25日 (金) 23時48分

映画の1シーンのような情景が目に浮んで来ます。
9日楽しみです。

投稿: ジンクトミー | 2008年1月26日 (土) 09時21分

joanさん
わーコメントありがと。
どこの町に!?
いやー話を聞いてると
うちよりもきっと楽しげな
山の生活だよ。
でもそんな比較をできる
暮らしができる町もまた楽し。
どこにいても
joanさんの醸し出す雰囲気は
周囲に何か感じさせる。

ジンクトミーさま
9日楽しみにしています。
7歳も「ジンクトミーさんか~」
と今からニコニコして楽しみにしていますよ。

投稿: yama | 2008年1月29日 (火) 01時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬は寒くねぇーと | トップページ | いいのができそう »