« 比較的 | トップページ | 月心居 »

2008年1月26日 (土)

いいのができそう

子どもたちのおかげで
すっかり週末にホッとする体質ができあがった。
正確には冬場の週末。
夏は週末のほうがお客さんもあって忙しいので。

一応5時過ぎに目が覚めるものの
布団の中で明るくなっていく外を眺めつつ
今日するべきことや、
ぼんやり考える幸せな時間。

…と7歳が「ひどい、ひどい」と寝ぼけながら泣きだした。
「はいはい どしたの?」
聞けば
「カカはひどい!コロッケを勝手に選んだ~」
コロッケ?選ぶ?身に覚えはない。

7歳の夢の中で、一緒に買い物に行った私が
コロッケ売り場で勝手に決めて
かごに入れ、その上さっさと行って置いてけぼりにしたという。
そりゃひどいお母さんだ。夢のできごとだけど
一応謝っておく。
「チーズとかコーンとかあったかもしれないのに~」
不機嫌ついでに
お腹がかゆい、背中がかゆい
もうちょっと右、左、上
そうそのもうちょっとした
そこそこ。
ついでにわきの下もくすぐって…

そんなことして遊んでいたら
あっという間に7時半。
お休みの日が短くなるともったいないからと起きる。
寒波もひと段落、穏やかな1日。
のどもと過ぎれば
「たいした寒波じゃなかったね」。

7歳は何を思ったか
2009年版のカレンダーをつくる
きっかけはちょっとした勘違いだったようだけど。
「今年は2008年だよ」
というと、えらく落胆していたものの
切り替えの早い7歳早くも壁にぶら下げ満足顔。
 
10歳に
「昨年の年賀状、紙相撲の力士にどうぞ」
って進呈したら、大喜びで作りまくる。
力士のシコ名も考え、カラフルなお相撲さん。
初場所は明日で終わりだけど
タイマグラ場所はこれから。
トントン空き缶をたたく賑やかな音が。

12歳、冬休みの宿題で、
鉄の自由研究の総仕上げとして
釜石や島根・安来のことなどまとめるはず。
が、火おこし実験と、インターホン作りにかわってしまい
来月の盛岡での発表にむけての鉄の研究もちこしてしまった。
学校の宿題免除で大論文、8割方は完成。
おかげで私まですんごい鉄の勉強させてもらう。

きっかけは5寸釘ナイフの鍛造と
砂鉄を製鉄する実験がしたかっただけのようだったのだが。

昔の人って還元だ~なんて思わずに
還元してたり、形を整えようと叩くことが
鉄の純度を高くしたり、ねばりを出したり。
経験の上にできあがった技術って深いね~と。

釜石の資料館では詳しい学芸員さんの解説で
体内のヘモグロビンの働き、酸化と還元が
体の中でも行われているフシギにまで及び感心しきり。
ちょっと広げすぎ!?

実験好きから始まった鉄調べ。
途中ベソもかきながらのまとめだったが
寝る前になって12歳曰く
「科学って科学だけじゃだめだね、
科学も文学も哲学もいろんな要素がいるんだね。
いいのができそう。おやすみ」

おいおい。
スーパーポジティブ12歳くんよ
明日は考察と感想仕上げてくださいよ。

|

« 比較的 | トップページ | 月心居 »

コメント

科学は科学だけじゃだめ・・・12歳くん、哲学的ですな。
私がこれを心底実感したのは大学生のときでした。
そのときは科学は自分には無理かなってへこみましたが
なんとかかんとかやっています。まだまだですが。
若き科学者に乾杯!

投稿: tm380(14) | 2008年1月27日 (日) 15時23分

tm380〈14〉さま
きっと12歳はまだ心底は
実感していない様子なのだけれど。
ま、無知の知ということの入り口くらいは
感じているか。
こちらこそ、今夜はお客さんと「石」話題で
若き科学者(tm380さん)に
祝杯をあげさせてもらわせてもらいました。

投稿: yama | 2008年1月29日 (火) 01時17分

無知の知ですか。
そこに探求すべきことがあるんですよね。
科学者にとって無知は武器かも。
って私は開き直っています・・・。

投稿: tm380(14) | 2008年1月30日 (水) 10時50分

tm380〈14〉さま
山小屋の女将さんにとっても
無知の知は武器でもあり
開き直りの日々であります。

投稿: yama | 2008年1月31日 (木) 11時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 比較的 | トップページ | 月心居 »