« どんな声 どんな人 どんな気配 | トップページ | かかさらない »

2007年12月10日 (月)

沖縄の風

那覇空港へ向うレンタカーが走り出すと
ラジオから矢野顕子の
「自転車でおいで」が流れてくる。
いつも車で聞いている曲。
もう涙がそこまで出てきそうだったのだけど
同乗の兄や姪っ子たちを驚かせても悪いので必死にこらえた。

金曜の朝一番でタイマグラを出発。
従兄弟の結婚式で沖縄行き。
昨晩雪のタイマグラへ帰ってくる。
温度差25度。

もうすっかり36歳のいとこだが、いつまでも「…ちゃん」扱いでごめん。
子ども時代、東京時代もそれほどお世話はしてはないけど
でもね心配はしてたのよ。
これから進む自分の道、そして二人で歩んでゆく道。
どうぞよき道が開かれていくように。

沖縄へは私が中学1年生から二人の兄たちの遊学をきっかけに
毎年行っていた。
今回の旅は15年ぶり。
上の兄は家族5人で出席
下の兄と私はそれぞれ三人の子どもと連れ合いはお留守番
久々の一人旅同士。
青春プレイバックをすることにした。

朝5時からいろんな話をしながら散歩をする。
「レンタカーで回ろう!」と結婚式が始まるまでドライブ。
何の予定も入れていなかったこの旅の自由さ。
宜野湾のアパート、琉球大学、宜野湾セミナーハウス
親と旅行する中学を卒業しても
何故か沖縄にひかれた。

兄の下宿していた中城の家はもうだれも住んでいなかった。
ドアノブが壊れてツッカエ棒でしっかり止めてあったが
500円玉ほどの穴から中を見る。
そのまんま時間が止まったような部屋。
ルームシェアしてた兄の友人にも夜那覇で再会。

帰る日も5時から8時過ぎまでしっかりドライブ。
御嶽(聖地)へ行こうかといっていたのだが時間切れ
琉大医学部の駐車場から朝日を見る。その手前に久高島を望む。
それぞれ家庭も仕事も忙しく話す機会も昔ほどなくなっていたけれど
兄から受けた影響は20代の前半にかけて多かったな~と思う。

神戸へ向う兄たちを見送り、30分後に私の乗った
飛行機も飛び立つ。
・・・と何だかこらえていた涙が流れだした。
隣のおしゃれなシャツを来たオニイサンに
気づかれたくなかったのだけれど…。
何の涙だったのか自分でもよくわからない。
「沖縄病」ととりあえず名づけることにしといた。

感謝の涙かな。

本日はフーチバージューシー(よもぎのぞうすい)
ジーマーミー(ピーナツ)豆腐 by わさび醤油
沖縄ソバ、豆腐ようの夕飯。

この一ヶ月半私のつぶやきを黙って聞いてくれたナディ
先週ネパールから戻った飼い主がお迎えに来る。

今日は1日沖縄病により放心状態。
何事も手につかない。
明日には回復しなければ・・・。
できるだろうか。

子どもたちは私の留守中に友達にもらった
ウルトラマンコスモスメビウスのDVDにすっかりはまり
夕食後「カカも一緒に見たほうがいいよ」とのすすめで見る。
7歳はまだ時おり「ウルトラマン」だったが
もうとうに卒業したと思っていた10歳
そして12歳までもまるで夢中。
永遠の憧れ。

子どもたちへのお土産はサトウキビと
それぞれに選ぶ。

7歳にはハブのおもちゃ。
あれなんという名前だろう
「うそつきは指が抜けなくなるっ」て
ドキドキしながら指をつっこんで遊んだ。
クバで編んであるのかな?
値段も当時と同じくらいで売っていて
嬉しくなって迷わず買った。
私のセーターの中に頭を突っ込んできて
「あーカカは沖縄のにおいがする」

10歳には沖縄の貝のトランプ。熱帯魚と
どっちか迷ったけど形、色フェチの彼にはコレ!
「今日はカカがいるから百ます計算ちょっと
間違えたけどヘイキだった」と嬉し恥かしそうに帰宅する。
鳥の巣の本読んで!というので一緒に読んで寝る。(その後復活)

12歳にはガジュマルの枝3本。
育つかどうかは極めて怪しい。それも真冬。
せめて夏までもつならそれから水に挿そうか
それともガジュマル温室を工作するか
思案している。12歳食事後
「では聞かせていただきます。
何を食べましたか?そして一番楽しかったことは何ですか」

そうね。一番楽しかったことは何かな~。
沖縄の風を感じたことかな。

|

« どんな声 どんな人 どんな気配 | トップページ | かかさらない »

コメント

ご無沙汰しています。
本文とは関係が無いのですが、昨日今日と岩手ネタを二つ仕入れましたので御注進を(笑)

桶屋が、今朝の朝日新聞に載ってましたね。
ビックリ

ボワド・ヴァン・センヌが閉店だそうで。
今度は新宿に進出だそうです。
もっとビックリ。

ビックリは順不同です。

投稿: 居酒屋のオヤジ | 2007年12月11日 (火) 07時55分

先日は、私たち2人の為に、遠路遥遥有り難うございました。yama様の思いや涙が嬉しくて、何度ももらい泣きした事、最高の思い出になりました。思えば、上京して初めにお世話になったのがyama 様。受験滞在中には、小火騒ぎまで起してしまいましたが(汗)、今もおっちょこちょい振りや小心者ぶりは変わりません(苦笑)

今度は是非タイマグラでお会いしたいです。私のために留守番の憂き目にあったご主人、こどもたちにもくれぐれも宜しくお伝えください。

投稿: okinawanoitoko | 2007年12月12日 (水) 11時13分

居酒屋のおやじさーん
コメントありがとう!
すっかりご無沙汰なかなか仙台それも
大人の旅というチャンスはめぐってこず。
パン屋何故!!
岩手でがんばってほしかった!!
okinawanoitokoくん
もう「沖縄病」の仕掛け人!
大変です。
それにしてもokinawanoitokoくんは
何というか愛されキャラであるなと。
返してあげてくださいね皆さんに。
そしてYさんに。お幸せに。

投稿: yama | 2007年12月13日 (木) 05時33分

yama様

沖縄病かかりましたか。後遺症強いので気をつけて下さいね。
私も「タイマグラ」楽しみにしています。タイマグラ病にかかる資質があるのかも含めて。

>愛されキャラ

多分、頼りないから、何とかしてあげたくなるのでしょうね(苦笑)
でも、このキャラも年齢的に限界です。仰るように皆様に恩返ししていけるようにならねば・・・

投稿: okinawanoitoko | 2007年12月13日 (木) 07時11分

okinawanoitokoさん
いまだ沖縄病
後遺症を引きずりつつ
雪のタイマグラで沖縄の風を思っているのですよ。
年齢的限界ね・・・
でもその人の時間が流れているから大丈夫!

投稿: yama | 2007年12月18日 (火) 10時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« どんな声 どんな人 どんな気配 | トップページ | かかさらない »