« ワカンタンカ | トップページ | 消えた液体 »

2007年12月22日 (土)

冬の一日

昨日は終業式。
お昼に帰ってきた子どもたちは
昼食を食べ終わると、夕方薄暗くなるまで
ひたすら外で雪遊び。
最高気温もマイナス値の中。

いつもの平日は4時ごろ帰宅するし
土日も予定があったり宿題もがっぽりあったりで
どこか気にかかりながらなのだろう。

学校へは毎朝張り切って行くし
帰宅後も学校でのあれこれを三人で賑やかに
報告してくれるけど
こんなにのびのびと遊ぶ彼らを見るのが何より嬉しい。
開放感がみなぎっているもの。

冬休み中のお手伝いの割り振りを
朝ごはんの時に決める。
お父さんもお母さんも家にいる今時めずらしい家だけど
ちょこちょこ人がやってくる今時めずらしい家でもあり
日々を回していくためには皆が協力していかないと
動いていかないし…。
時々つまづくだれかがいたらフォローして。

子どもたちもいろいろ思うところ
ぼちぼちあるのだろうけれど。
そうやって自然に家を出て行きたくなるんだろうね。

今夜の夕飯は塩蔵のフキをもらったので塩抜きして
フキとじゃこと油揚げの煮物
3日かけてようやく味が落ち着いた黒豆
南部せんべいのせんべい汁
漬けものあれこれ
お気に入りの奈良のお酒「風の森」。
もちろんご飯もまきストーブの上でこれから炊くよ。
冬至のかぼちゃ・・・は焼こう。

ガス代も値上がりして…。
だからってわけでもないけど(わけではあるか…)
今朝はパンケーキの朝ごはんに
始まって1日ガスを使わなかった。
こんな一日が私のヨロコビ。

明日は今年最後のお客さん。
宮城の友人一家が3年ぶりに訪ねてくれる。
楽しみ楽しみ。
カモ君一家と鴨鍋にしよう!
(カモ君はカモノハシか…)

|

« ワカンタンカ | トップページ | 消えた液体 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワカンタンカ | トップページ | 消えた液体 »