« 消えた液体 | トップページ | 東京経由 »

2007年12月25日 (火)

信じる子には…

友人一家が帰ってからは3兄弟冬休みの宿題に取り組む
集中する子
つっかえながらやっては機嫌を損ねる子
邪魔をする子…

さて子どもたちお待ちかねのクリスマス。

7歳はまだまだサンタさんの存在を
自信を持って大真面目に信じている。
しかし昨日の時点で希望の絵本から
ウルトラマンメビウスの怪獣に変わってしまった。
すでに絵本はアマゾンで注文して届いている。
変更認めず。
「おもしろいお話だよ」ってメッセージを入れておいた。
ウルトラマンマックスもカントクから
「1日1話だよ」との約束で昨日プレゼント。
今日は三人正座して1話見ていた。

10歳は「ハチドリの図鑑」というので探したのだが
日本語版はないし英語版はちょっと時間かかりそうだし予算も…。
友人からナショナルジオグラフィックで特集があったとの情報
バックナンバー2月の特集を購入。
しかしもう一つの特集は「心臓手術最前線」。
10歳にはちょっとリアルな写真かな~。
でもお医者さんごっことかいって
内臓の絵を細かく描き
その上に皮膚の色に塗った紙を置き
はさみやカッターで切って
7歳と「汗」とか「ピンセット!」とか
どこで覚えてきたのか手術ごっこを時々しているので
参考になるか!?
やっぱりまだ信じているのかな
自信を持ってサンタさん信じている弟と
怪しげな微笑を浮かべてプレゼントに関しての
忠告をしてくる兄の狭間でぐらついている
真ん中の悲しい性か。

お昼ぐらいからソワソワして
「もう寝よっかな~。お昼寝から起きても
おいてあるのかな~。」
しかし希望はパプアニューギニアの鳥と動物の図鑑
変更認めず。
寝る前に10歳と7歳はサンタさんへねぎらいとプレゼント
最終確認の(涙)お手紙と
お茶とお菓子とみかんをお盆に用意して寝る。

12歳はそんな「あーだ こーだ」と揺れる弟たちとは裏腹。
私にリクエスト。
「ねーね、カンカラ三線のキットがいいなぁ。」
数年前から言い続けていたので
「ま、認める」ということで沖縄からとり寄せる。
島根行きにも持っていくつもりという。
荷物は責任もってね。
「一応オレもサンタさんに手紙書いとこうかな」
ってあなたも信じてた?もしかして。

さてと、ぼちぼちお盆上の
お茶とお菓子などいただいて
お手紙のお返事を書いて
枕元へスタンバイOK!

どんな顔して起きてくるか
楽しみ楽しみ。

いちごのアイスクリームを希望して
明け方にいちごのピュレを作ってアイスクリーマーで
クルクルつくったり
枕元にクーラーボックスを置き、「皆で食べてねっ」
て5人分を新しい小皿に盛り付けて入れたり。

ドーナツが欲しいという年もあった。
真夜中にドーナツ作り
「お家の人に作ってもらってね」
とご丁寧に作り方まで書き残しておいたことも。

馬が大好きだった3男が2歳の頃
「スーホの白い馬」と
私の作ったフシギ馬人形というプレゼントも
あったな…。

自転車を部屋に置いてサプライズとか。

「おーいお茶」のトミカのミニカーは
二男が2歳の時かな探した探した。

私へのプレゼントは
夕方下の集落へ降りた時に
国道に出たら東の空にぽっかり大きな大きな満月。
いいプレゼントもらいました。

よいクリスマスを!

|

« 消えた液体 | トップページ | 東京経由 »

コメント

「国道に出たら東の空にぽっかり大きな大きな満月。」
いいですね~このフレーズ、ニアンスは違いますが、私も一人
ぼっちのクリスマスをお月様を眺めながらそれなりに考えにふけっておりました。(お月様って平等に地上を照らしているんですね)
ところで、タイマグラの風「山小屋の年末風景」のスナップ写真見て
本当なのでビックリしました。まるでお芝居のセツトの一場面の様に写りました。子供達一人一人が輝いて見えます。

今年最後のコメントです。みなさん良いお年を、そして又お会いできる日をたのしみに。

投稿: ジンクトミー | 2007年12月27日 (木) 21時23分

子供たちが小さかった頃を思い出しました。

クリスマスもあの頃は楽しかった。

今は楽しくも何ともない。

楽しめるときにいっぱい楽しんでください。

投稿: ヒロシ | 2007年12月27日 (木) 23時01分

ジンクトミーさん
仙台でもお月さん見られたのですね。
よく晴れた美しい夜でしたね。
年末年始は神戸?
すみません1月中旬までフィールドノートおやすみです。

ヒロシさん
クリスマスは本当に子どものおかげで
こちらも夢をもらっているようです。
あと数年、楽しませてもらえるかな。

投稿: yama | 2007年12月28日 (金) 10時19分

この記事へのコメントは終了しました。

« 消えた液体 | トップページ | 東京経由 »