« 信じる子には… | トップページ | 屋根裏の本棚 »

2007年12月29日 (土)

東京経由

松江に来た。

ほどよい町だと思う。
大都会ではなく、
かといって「タイマグラ」ほどでもなく。

駅前の家から寄り道をしながら
宍道湖を越え
松江城のたもとの図書館まで歩く。

県庁所在地に原発があるほど
のどかな町。

私の育った町ではないけれど
祖父母の暮した家に暮す両親。
慣れ親しんだ町でもあり。
適当な間隔で人とのつながりもあって
大好きな祖母や叔母たちのいる町。

東京経由で来たのだけれど
子どもたちは目を丸くするほど
まっすぐに歩けないほど。
…私には「多過ぎる町」なのかな。

東京にいた頃「人」を意識しすぎたのか
そしてどこに向っているのかもわからなくて
自分を見失うような日々も哀しく…。

タイマグラのように人に会うたびに立ち話したり
お茶飲みしたりすることなどない町。

松江のように橋ですれ違いざま
会釈ができないほどの人の波。

そんな東京で出会えることは奇跡のようで。
…でも人を思うよりも自分を守ることに精一杯で。

ここから離れなければ暮していけない
なんて思ったりして離れた東京。
どこか島根に似た風景の岩手へ。

東京と未熟な私
今がこうしてあるのは、
東京を経由してきたからなのか。

いまだ未熟だけれど。
少しずつココロのひだなど加えつつ…。

両親と暮す、17歳になる犬が
帰るたびに弱っていて
静かに年月を感じる。

|

« 信じる子には… | トップページ | 屋根裏の本棚 »

コメント

お便りをありがとうございました。
矛盾と葛藤を受け入れて、ようやく立つことができる。
ああそうだな、って思いました。
今日、あるところから採用通知が届きました。
ひとまず、研究を続けていけそうです。

松江。
高校生のころ実家の松山から自転車で行ったことがあります。
お城の目の前にあった友人のおじいさん、おばあさんのお宅での
春休みの宿題合宿。日常の営みだけが刻む、静かな時間。
懐かしく思い出しました。

投稿: tm380 | 2007年12月29日 (土) 12時17分

tm380さま
HPの「よさげな」お子さんたち。
赤ちゃんのにおいが伝わってきましたよ。

採用通知よかったですね。

松山から松江自転車って!!??
中国山地越えは!!??

投稿: yama | 2007年12月30日 (日) 07時12分

正月に名古屋でも雪がぱらつきました。

弟はむくむくと大きくなってます。
姉はたまに授乳を邪魔しようとしたり
ちょっと複雑な気分になってきているようです。

中国山地。
行きは向かい風に妨げられて、山中の民宿で一泊。
帰りはノンストップで8時間ほどで日本海から広島まで
走り切りました。地面に足をつけた記憶がありません。
若すぎました。

14

投稿: tm380 | 2008年1月 2日 (水) 20時30分

tm380(14)さん
まぶしさが伝わってきますね。

松江も雪です。子どもたちは雪大喜び。
湿ったべちゃべちゃ雪です。

投稿: yama | 2008年1月 3日 (木) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 信じる子には… | トップページ | 屋根裏の本棚 »