« 冬の一日 | トップページ | 信じる子には… »

2007年12月24日 (月)

消えた液体

バシャーン…
と音をたてて私の1日の(大げさか)
ま、トータル3時間くらいの仕事が流れた。

昨晩のメイン合鴨の鍋。
羽根むしりと内臓はすでに処理してあったので
非常に助かった。
解体、そして鶏がらを鉄鍋で焼き
ネギと生姜を加え更に焼いて
水と酒を加えてあく取りしながらストーブの上で
静かに煮る。

みりんと醤油、砂糖でカツオだしをとり割り下を作り
スープと加えて味を調える。

味も決まった。
後は野菜と合鴨肉を投入。

置く場所がなかったのでストーブ脇に。
子どもたちが引っかからないように
気をつけて等と思いながら

私の足がひっかかり冒頭のバシャーン。
ふき取る分はふき取りあとは土間に吸収…

素早くあきらめ(きりかえ)
わずか鍋に残った1センチくらいのだしに
濃い目の割り下をつくり直し加え
「鴨肉からもだしは出る!」と言い聞かせる。

おいしい鴨鍋だったね皆の優しさを受ける。
としか言えない状況だったよね…。

カモ君一家とタイマグラのカントクも招き
2時まで薪ストーブを囲む。

六ヶ所のこと、子どもたちのこと
友人一家の農的暮らしにシフトしたこの2年のこと。

子どもたちはカルタ、坊主めくり、百人一首で盛り上がる。

「あーだし汁!」との思いもおかげで尾を引かず。
こぼれてもかえっていく液体ならばいっかと。
トリチウムの半減期は12年、クリプトン85は10年
プルトニウムにいたっては2万年もかかるというのだものね
鴨のだし汁は許せる!
もったいなかったけど。

ボタボタと重たい雪が降って
また新たに木々に雪がついている。
今日は満月そしてクリスマスイブ。
雪を青く照らすお月様は見えるだろうか。

|

« 冬の一日 | トップページ | 信じる子には… »

コメント

先ほど無事帰宅しました!
楽しい一泊でした。
美和はね「もっと泊まりたかった」って。
時々「仙台に戻りたい」とか言うくせに。

今日はショウ君興奮して眠れるかな?
子供たちの成長は時の流れというものを感じさせてくれます。

かも鍋の悲劇は全然感じずに頂いてしまった。
美味しかったよ~~。
やはり、ホメオパシー的なエネルギーが投入されたのかしら?

投稿: カモノハシ君 | 2007年12月24日 (月) 17時53分

ひっくり返ったのはだし汁でよかったねー。
松江でも鴨料理しましょう。mixi復活!

投稿: nobotomo | 2007年12月24日 (月) 21時23分

カモ君
ガソリンも足りたようでよかった良かった。
やっぱりブログ開けない。
タイトルはわかったよ「タイマグラへ」
残念。何故だろう。
また会えるのを楽しみに!
nobotomoさん
ほんとよかったというかね・・・
放射能と比較すれば良かったです。
またお世話になりますよ。
自力で復活したのネット環境?

投稿: yama | 2007年12月25日 (火) 15時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬の一日 | トップページ | 信じる子には… »