« 命をつなぐ | トップページ | 黄色いリボン »

2007年11月10日 (土)

取り越し苦労

妹のとこの姪っ子に会ってきたからだろうか。
昨日はふと12歳が赤ん坊の頃のことを思い出した。

息をしてるか心配で、すやすや眠る息子の鼻のあたりに
ティッシュをかざす。
ヒラヒラと彼の呼吸で揺れるティッシュを見て
喜んでいた私。

「お兄ちゃんでしょ」っていうコトバは
なりたくてなったわけではない彼には
使うまいと思いながらも、弟たちの存在から
結果的に「お兄ちゃんでしょ」
的行動をとることもあった母の矛盾・・・。
「カカはわかってないっ!」なんて
いつも穏やかな子が
モーレツに怒ったこともあったっけ。
数年前までいつも寝顔に「ごめんね」なんていっていた。

大人になればもっと分別がついて
落ち着いていられるのかと思ったけど
うろたえたりドギマギしたり迷ったり
一向に変らないではないの。

でもそんなのもいいかと思うようになったところが
わずかな私の成長か。

先日から12歳足首が痛いという。
特に腫れもないし「成長痛じゃない?」なんて思っていたのだけど
太ももに手のひら大の面積で小さな紫斑が今日は出てる。
2ヶ月前に両太ももに出ていたのと同じもの。
数日で紫斑は消えたのだけど、2度目となると何だか・・・。
紫斑病とか調べだしたら
何となく気になりだしてしまった。

12歳のことを振り返ってみたりした私の直感。
結構当たるのだ。

お昼には布ナプキンのことと合わせて
盛岡からのお客さんの予約があったのだが
2時間ずらしてもOKというコトバに甘える。

検査の結果血液は正常値。
溶連菌の検査結果を来週待つ。
でも熱が出た記憶もないし・・・。
ふーっ 取り越し苦労。
直感もね、大したことはない。

予防接種など受けていないので
注射針に免疫のない12歳。
「血液」とか「針」に過剰に反応する。
私は意外にヘイキな分
「しっかり見とけば~」と言うが
彼は180度首横にしてを目を逸らしている。
しかし今回の採血はあっけなくクリア。
そんな自分に自信がついたのか、
結果も異常なしで安心したか
ニッコニコ。学校へも寄って帰る。

帰宅して電池切れで動かなくなったテスターに
宮古で買ってきた9ボルトの電池を入れイソイソと
何やら計っている。

私はおかげでこれまでで最高(悪)の原稿ぎりぎり入稿と
なってしまったが、盛岡からの2年ぶりに再会のお客さんとも
しっかり会えて、楽しいひと時、ココロも晴々。

「六ヶ所村ラプソディー オレ観たい」という12歳と
明日は再び宮古へ。

12歳がこの映画に出会った後「お兄ちゃんでしょ」という
理不尽を感じたように、大人への不信感を増幅させるだけに
ならないようにしたいのだけど。

「何てことするんだ!」って父も母も怒っているのよ。
ささやかな人の営みが巨大な力に翻弄される。
それでも希望を灯を消さずに生きていく
科学少年のココロよ育て。

※それにしてもこのカメムシ何とかならないのかな
2週間もすれば完全越冬態勢に入るのだろうけど・・・。
冬が始まる。

|

« 命をつなぐ | トップページ | 黄色いリボン »

コメント

こんばんは。昨日、国分寺でも「六ヶ所ラプソディー」上映がありましたよ。2人で行ってきました。
"地雷が埋まっているのがわかっている所に家を建てる"例えがとっても腑に落ちて、イギリスの漁師さんの語る海の姿にひっくり返り、大学の教授センセイのお話に「!!!」
けれど、ウチにやってきている電気が出来るときにも、もう・・・。

とりあえず「これはいりません」と言い続けたいと思いました。
何だかレジ袋みたいだけど。

こっちもだいぶ気温が下がって、今日は雨です。一次発酵がずいぶんゆっくりゆっくりになってきました。


投稿: はつの | 2007年11月11日 (日) 21時06分

続けること・・・ですね。
地雷の話。でも六ヶ所は地雷というよりは
迫撃砲の中に家をたてるようなものかも。
確実に放射能はあるんですから。
冷えてきましたね。薪ストーブの横が
酵母の定位置となってきました。

投稿: yama | 2007年11月13日 (火) 09時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 命をつなぐ | トップページ | 黄色いリボン »