« ナディ | トップページ | 手のシワ »

2007年10月30日 (火)

ありがと

「ほんもののいねちゃんに会いたいんだよぉ」
7才が前日になっていとこのいねちゃんに会いたいと
ちょっとこじれた。
一旦布団へ入ったのに「ここでかかを見ながら寝てもいい?」
出発前夜も原稿を書いていた私の横へきて言う。
「運んであげるからいいよ」
ほどなく毛布にくるまって寝てしまった7才を運ぶ。
いつの間にこんなに重くなったの。
でもそんな子どもを留守番させることに
申し訳なさしきり。

山の仕事はないとはいえ
連れ合いにガバチョと仕事を
言い残していく。

この秋も私一人がぱたぱた。
せっかく必要とされるのなら
とあれこれ仕事を引き受けてしまう。

まずは子どもたちと連れ合いとの暮らしが
きちんと回っているか。
タイマグラでの暮らしがまわっているか。
忘れないように心に問ながら。
自分のテンポをくずさない連れ合いが
羨ましくもあり
ついそこに私がケンカ売ってしまったり。

植え残したニンニク
干し大根霜にあてないように出し入れ
子どもたちの学校行事の参観・・・
あれやこれや言い残して出発。
山のような洗濯、
登校前の慌ただしい朝ご飯。
連れ合いも子どももやるだろうけど
何だか反省してしまった。
子どもたち連れ合いがいるからこそ
私は在るのだなと。今更ながら。
それで12月いとこの沖縄の結婚式
にもしっかり行かせてもらうし・・・。

5人それぞれの存在がこのタイマグラの暮らしを
回していることをあらためて
確認するとき。

そんなこんな思いながら盛岡の新幹線の
ホームで待ってたら
ザックかついだ大男がエスカレーターで上がってくる。
「あれれ?」
ナディの飼い主、金曜の夜大酒飲んでった
ネパールへ行くという友人が
ガイドするお客さん夫婦と共に現れた。
「この新幹線?」
新幹線も同じ車両も同じ、座席は前後の続き番・・・。
全席指定のはやて8号みどりの窓口で
数日前に買ったチケット。不思議です。

羽田空港でその彼の今年の新米でつくってきた
おにぎり一個、一人しみじみと食べながら
やっぱり家族よありがとう。

八雲立つ風土記の丘・・・
宍道湖畔の空港は雲が重なり合い
まさに八雲。
ゆるやかな山々にぶつかる日本海・・・。
懐かしい風景を俯瞰した。

|

« ナディ | トップページ | 手のシワ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ナディ | トップページ | 手のシワ »