« 苦渋の選択 | トップページ | 島はだれのもの? »

2007年10月 1日 (月)

下も向いて歩こう

先日、久々に泣いた。
上を向いても涙がこぼれるほどに
友人の悔し涙を一緒にもらい泣き。
ポロン ポロン
涙のかいあったのか、
友人の問題は解決方向となったようだ。
…って今回は涙の話ではなく。

快晴ではないものの
本日も洗濯。
お風呂場と部屋とを
いつものごとくせっせと往復していたら
脱衣所の前で何か踏んだ。
こんなところにホースあったっけ?というかんじ。
それでも急いでいる私は
行き過ぎて、ふっと振り返ると
ホースのようなアオダイショウ!!
小さく高く叫んでしまいました。
家の中(でもないけど半分家の中)で見る
アオダイショウは初めて。
ここんところの冷え込みで冬眠場所をお探し?
私に踏まれはしたものの
ご無事だったようでヒュルル~とどこかへ行った。
でも、家の中はやめてよね。

上を向いたり下も向いたり
あちこち向かないとね…。

|

« 苦渋の選択 | トップページ | 島はだれのもの? »

コメント

良かったですね。
ウチの中にヘビがいることは良いことだと聞かされませんでしたか。
拙宅では改築するとき、基礎部分の北東角(まさに鬼門!)から、アオダイショウがにょろっと出てきました。見つけたのは当方で、大工の棟梁が「屋敷ヘビだ、殺すなよ」と一喝。もちろん殺すつもりなど毛ほどもなかったけど。
「裏の薮に逃がしてやれ。そしたらまた住み着くべから」
屋敷ヘビは、家の守り神。災いの来し方に居着いていたことに、びっくりしたのでありました。まあそんなに毛嫌いしないでおくんなまし。巳年のジブンでした。

投稿: columnbank | 2007年10月 3日 (水) 19時54分

columnbankさま
こんにちは!ヘビ年なのですね。
そう家の守り神といいますね~。
それほど苦手ではないですよヘビ。
むしろ私の苦手なネズミの捕食者として
歓迎してもいる。
・・・けど、グニュッと踏んだあの感触。
今も足裏が記憶しています。
ヘビの骨折とか脱臼・・・頭をよぎってます。

投稿: yama | 2007年10月 4日 (木) 11時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 苦渋の選択 | トップページ | 島はだれのもの? »