« ウタガキ | トップページ | レディスサイズ »

2007年10月10日 (水)

ダイヤモンド

すっかり日が暮れた駐車場。
到着するなり
「頻繁にクマが現れるから・・・」と注意を促す。
薪ストーブの火も消えてしまった寒い家、
ひっくりかえった台所で夕飯の支度、
火吹き竹でストーブの火をおこす子ども
夫も帰宅が遅い日で一人パタパタ…。

ちょうど一年前の今頃、初めてフィールドノートを
訪ねてくれたそのお客さんは
相当この「暮らし」に面食らったようだった。

落ち着きを持ってポツリポツリ…、確実な言葉で語る。
静かに、しかし石への熱い思いが伝わる研究者。

「石」という繋がりもさることながら
彼の思考に心通じるものを(・・・と勝手に思っている)
あれから思っていた。

その彼から先日手紙が届いた。
これまで日本にはないと言われていた
天然のダイヤモンドを彼が発見したという。
何というビッグニュース!

その後お客さんや兄などと話していたら
「見た見たその新聞記事!」
…知らなかったよ!

小さな小さなダイヤモンドが、
彼の震えるような驚きと喜び、
そして大きな可能性と輝きを届けてくれた。

やっぱり指輪もネックレスもいらない。
地球が作り出した宝石の上に暮しているんだから。

|

« ウタガキ | トップページ | レディスサイズ »

コメント

フジテレビで8時からやってる「特ダネ」という番組のオープニングトークでその話してましたよ。小倉という司会者が得意げに話してましたが。
いつも8時には出かけてるんだけど、その日は面白い話だなあと、ついつい見入って遅刻しそうになったです。
『石』のおもしろさ わかる気がします。
今興味のある人物、新島襄も知る人ぞ知る石の収集家で、熱心な信仰と石に夢中になることとの組み合わせが面白いなあと思っています。

投稿: やまだいかん | 2007年10月10日 (水) 15時36分

「タイマグラの風」39号を読んで、この記事の中に生きる喜びや心の叫びが集約されている様で、私がなぜタイマグラの魅力に引き寄せられたのが少し判ってきました。”ダイヤモンド”の採掘場は身近にあったんですね~。

投稿: ジンクトミー | 2007年10月14日 (日) 12時22分

素敵なお便り(2通も!)をありがとうございました。
とても元気づけられました。

このところ、わが家の新たなメンバーが存在感を増していて、ダイヤどころではないよ、という感じになっています。娘と2人の日常、新しいいのちに向き合う時間、私にとっては大切な時間をもらいました。

私がフィールドノートを訪れてから一年が経つのですね。
短い滞在でしたが、いろんな場面が思い出されます。
今度は家族みんなを連れて行きたいな。

14

投稿: tm380 | 2007年10月15日 (月) 15時32分

やまだいかんさま
さすが情報通!?
おまけにサイエンスねたには敏ですね。
新島譲の石好きというはなしも興味深いです。
ジンクトミーさま
「タイマグラの風」も後半あと何回・・・
と毎回指折り数えてます。(終わるときを待っています。笑)
いや、ほんとにいろいろなことを経験させてもらったなと。
ダイヤの発見場所は愛媛県なんですけど、
それ以外にもあちらこちらにちりばめられていますね。
そう思うとワクワクします。
tm380 さま
忙しい日々が続きますね。
そして赤ちゃんたちも秒読み間近。
どうぞお連れ合いお大事に元気なあかちゃんが
産まれますよう!
昨日は代休の小学生連れて父は孔雀石と黄鉄鉱
県南に。子どもたちも大満足。
自慢の品々品評会してくれました。

投稿: yama | 2007年10月16日 (火) 06時44分

わたしの姪子が男わらす産んだ。dakasita。今日は祝宴。は口実で普段と同じく酔うって候。タイマグラ秋ですか。。。

投稿: 旅の途 | 2007年10月16日 (火) 23時14分

旅の途さん
タイマグラの秋進み具合は遅いようですが
確実に色づいてきた山々。
しかし今日は雨。早池峰は雪かも。
姪御さんおめでとうございます!

投稿: yama | 2007年10月19日 (金) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウタガキ | トップページ | レディスサイズ »