« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月30日 (水)

サイトーさん再び

先週末は小学校と地区の合同運動会。
あいにくの雨で体育館での運動会となった。
体育館でできるほどの規模というのがなんともアットホーム。

11歳が1年生で入った初めての運動会、
のんびり撮影気分で行ったら大間違いだった。

親子競技、地区の競技、伝統芸能の着付け・・・
その上景品係り・・・とか役もあったりで
撮影どころではないのだ。
そして参加者が皆々熱いのである。
お楽しみ気分で行った私もいつの間にか
ホンキになったりしているからおかしい。

今年は室内なのでリレーもなくほっとしていたが
綱引きは男性チームの人数が足りず借り出される。
女性チームで2回男性チームで2回。
4回連続の綱引きは予想以上にこたえた。
綱引き後から全身の倦怠感・・・。
背中、足の付け根、腕これでもか的筋肉痛に見舞われたのであった。
お風呂で腕をみると両腕に綱の跡が。
おそるべし綱引き。

運動会の日はサイトーさんが再び訪ねてくれた。
わが家に唯一あったサイトーさんの著書(友人にかしてもらっている本なのだが)
「東方見便録」の共著ともいえるイラストの内澤旬子さん。
独特の緻密なタッチで、サイトーさんも絶大なる信頼を寄せている
イラストレーターだ。
彼女の各国の屠場をルポした「世界屠蓄紀行」
(解放出版社・刊アマゾンの総合ランキング19位にまでなったという・・・)
読みたい~という話をサイトーさんにしたら驚いた。
「内澤、フィールド・ノートに来たっていってますよ」と。
「なに~!!??」

びびっと思い出した。
私が来た年の2月、社民党の機関紙の取材で来てた
イラストのお姉さん・・・。
あわてて宿帳を引っ張り出すとまさに内澤さん!!
連れ合いと私のデッサンも書いていた。
魚を煮つけている連れ合いと
村のお店のポイントスタンプを台紙に貼る私。

せっかくだったらいそいそ働く姿を書いてほしかった。
が、来た当時はそれくらいしか私も仕事できなかったか・・・。
永久保存版の宿帳だな。

翌日は連れ合いとサイトーさんは早池峰山頂トイレの
ウ●コおろし。
天候悪く中止となったのだが、
連絡行き違いで、上で待っているという情報が入り
山頂へ。友人にも会えず上は雪。

いかなる文章も、実際に出かけて感じたことだけを書く
という信念のもと旅を続けるサイトーさん。
リベンジを約束して帰路についたのだった。

一雨ごとに緑が濃くなるタイマグラ。カッコウも鳴き始めた。

| | コメント (0)

2007年5月25日 (金)

ディオネア・ミュシピュア

ディオネア・ミュシピュア・・・ハエトリソウ
変なもの好きな10歳がかねてから欲しがっていた
この食虫植物を今日ホームセンターで見つけたので買ってきた。

早速部屋の中においておくと
ハエやら小さなカやらが入っている。
葉の中に虫がやってくると
2枚貝のようにパタッと閉じる。
そして葉のまわりのギザギザの針が
交互に重なり厳重に閉じ込める。
なんとも不思議な植物。

土中の養分が少い場所でも
虫からも窒素分を植物中に取り込んで
生きていく。うまくできてるな~。

この2日間わが家に滞在していたのは
水生昆虫のアミカを研究している方。
昨日はアミカの幼虫を顕微鏡で見せてもらう。
なんとも不思議な生き物だ。
何節にもくびれた体に吸盤がついて
水に流されないようにその吸盤で石にくっついている。
エラも節々についている。

いやはやいろんな生き物がいるものだ。
そんな生き物に魅せられて
研究をしている人からお話を聞けば
ぐっとアミカが身近に思えてくるから不思議だ。

生まれて初めて出会ったアミカの幼虫。
すぐ近くに住んでいたご近所さんに
始めてあったような。
こんにちは。これからもよろしく・・・。

私の知らないご近所さん
まだまだたくさんいるのだろうな。

| | コメント (1)

2007年5月24日 (木)

ささやかな うたげ

ウドの天ぷら
アサツキ生味噌添え
シドケのおひたし
岩手のお酒

日中の熱も冷めた庭先に 
椅子を並べ
しだいに暮れる山を眺めながら過ぎる時間

これで十分・・・。

| | コメント (3)

2007年5月18日 (金)

新緑の効用

昨年の経験から
長期戦の偏頭痛を覚悟するも
本日4日目。
かなり痛みの間隔もあき、痛みも強から弱へ。

ひたすら頭のてっぺんのツボを
おしまくったのが良かったのか
自分でもおどろくほど眠ったのがよかったのか
楽になった。

ギックリ腰で連れ合いがお世話になった
盛岡の鍼灸にいよいよ私もデビュー・・・
と思って連絡すると
アメリカへ研修に出かけているとか。残念。

楽にはなったが
この際もひとつかねてから気になっている
操体の方を訪ねてみようと思う
(たとえ偏頭痛がおさまっても)。
私の気がおさまらぬ・・・。
長距離運転で再び頭痛が出るのでは・・・と
思わないでもないのだが。

先日から縁側があまりに気持ちよいんで
いつも簡単にメールで済ませていた友人に
手紙など書いていた。
ここんところぽつりぽつりと友人から返事が来る。
先日は秋田。
今日は神戸から。
やっぱり手紙って嬉しい!

それにしても走り書きの私と違い
友達の字の美しいこと。

今日の神戸の友達は学生時代から
美しい字で定評があったけど
彼女も3人の子どもたちとの日々に
奔走しているはずなのに
この落ち着いた文字は!!??

今日は雨。ひと雨ごとに
濃くなる緑を眺めながら
またお手紙書こう。

| | コメント (3)

2007年5月17日 (木)

寝ても覚めても

楽園のような春の日!とは裏腹に・・・
頭痛に占拠されている。
偏頭痛とはタイマグラへ来てから縁がなかったのに。
寝ても覚めても・・・である。

去年の4月とパターンが似ていて
日記を見ると2週間続いている。
あー3日目・・・。
冬の間の動きが少ない暮らしから
急激に活動し始めたからか・・・。

昨日は息子10歳の誕生日。
リクエストでフルーツパフェと
つぼ焼ききのこ(ロシア料理)
連れ合いはビーツがあったのでボルシチ。

プレゼントにはエッシャーの「爬虫類」の
ジグソーパズル。
ジグソーパズル好きで
精密画好き
そいでもって生物に興味ありの彼には
これしかない!・・・と思ったのだけど。
好みが難しい10歳君気に入ったかな?
エッシャーってオランダ人だったんだ。
1000ピースなのに完成品はA3サイズ。
モノクロで難易度★★★★★!
はりきってとりかかる。

10歳寝言で「難しいから・・・」
パズルの夢でも見ていたか?
私は頭痛にうなされているらしい。

| | コメント (2)

2007年5月14日 (月)

至福のお昼

蕎麦よりもうどんが好き。
蕎麦屋へ行って「うどん!」と注文する
無神経なところもかつてはあった。
(でも蕎麦色をしたうどんのような
蕎麦というのも実際あるのです・・・)
・・・が、最近周辺で手打ち蕎麦ブームがおこっており
香りもあり美しい蕎麦を食べると、
世間で蕎麦蕎麦言うのも
わからないでもないと思うこの頃である。

あの繊細な香りは粉にひいてから
日ごとに酸化がすすみ
香りも味も落ちていく。
ぼちぼち手打ちうどんに切り替える季節だろうか・・・。

本日のお昼は乾麺のうどんで
コゴミ、ヨモギ、ミツバの天ぷらをのせ
薬味にネギと生姜の
讃岐風ぶっかけ山菜うどん。

縁側にて抽象画のような
生まれたての緑を眺めながら至福の時。
ゴクラク ゴクラク。

| | コメント (4)

2007年5月13日 (日)

暖冬の弊害

雪が少ない暖冬で何の文句あるんだ!
と言われそうだけど
暖冬のため雪の少ない畑で
子どもは遊びまわり
あちこち穴をほり・・・
春先には畑の畝が消えていた。

畑の土はよーく踏み込まれた
てかってか目のしっかり詰まった状態。

子どもにはかわいそうだけど
ここは遊び場ではなく
キミたちの食料がとれるとこだから!
と今更ながら不要な立ち入り禁止となった。

昨秋知り合いから豆トラをもらった。
うちみたいな石垣農園(石が湧いているように多い)
では使えないのでは?と思ったが
以外に使える。
不耕起というのも気になりつつ。
ここまで岩盤化!?した畑を
どうすればいいのだ・・・と、とりあえず豆トラで
ふっくらさせ、堆肥を入れてみる。
見た目だけかな~。
調子づいて私の手にも豆ができるくらい
やっていたら、ピタリ!と豆トラ突然停止。
それからうんともすんとも言わず。
うーん結局クワ使ってます。
雨も降ったしお休みだ。
どこまでいっても体が頼り。

| | コメント (2)

2007年5月 7日 (月)

桜咲く

連休も終わり28日から続いたお客さんも
昨日でひと段落。
皆さんタイマグラ時間を楽しんでくださったかな?
私も疲れも出ず、今日は洗濯、床板修理、
お天気にまかせて動きまわってました。
地元誌の読者の方も何人か訪ねてこられた。
現実をみてどう思われたか・・・ふっふっふ・・・。

「お若いんですね~」とおっしゃってくださった方もいて
ウハウハとしてしまったが、
つまりそんなこと言われて喜ぶあたりがおばさんなのね。
ここんとこ前髪に白髪が1本あり、抜いてたけど
先日2本目発見。
もう抜くのはやめた。
前髪だけメッシュのシルバーってのも
いいかも。

連休中はお花見したり、お客さんとよもぎ摘みして
杵つき餅をついたり、コブシも満開。
昨日はお客さんが帰ってから雨が降り始めたのだが
9歳と自転車で桜を見に行く。・・・がまだ1分咲き。
今日、ようやくタイマグラでも山桜が開花、
ついでにうちの畑の
梅も本日開花。下界とは3ヶ月近く時間差が・・・

そして連休のしめくくりに妹の赤ちゃん誕生!
イネと名づけるらしい。
兄が調べたところあの長崎のオランダの
医者シーボルトの娘がイネ、
それも同じ5月6日生まれとか
日本で始めての産科女医だったらしい。
予定日過ぎても気配なく心配していたら
あっけなく!?産まれたらしい。(つまり安産)
オランダ、イネ、5月6日・・・。

ひとまず母子ともに健康のようでよかったよかった。
連載の版画も6月には復活の予定。
こちらもほっとしているところ・・・。

さーさ私も、畑、連載、民宿、お母さん業・・・
忙しい5月の始まり始まり。

| | コメント (10)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »