« 国策 | トップページ | 月あかり »

2006年12月 3日 (日)

冬はじめ

朝7時過ぎ お客さんを見送りに駅まで。
留守番ができない3兄弟も連れて。
たとえ「留守番する」と言ってもストーブも怖いし。
かといって火の気のない家の中は寒すぎる。

車の中はお客さんと
お話もできないほどの騒ぎになってしまったけれど。

昨日は午前中天気もよく外で遊ぶというので
1時間ほど9歳と6歳を留守番させ
お客さんを桶屋に案内。

帰ってくると外に転がっていた蛇口を
台所のホースにつなぎ
「水道ができた!」
あたりはビショビショ。
彼らの憧れか蛇口。
それと仮面ライダーショッカーごっこをしていたとかで
顔にペインティング・・・。
まだまだ何をやらかすか。9歳と6歳。1時間が限界か。

何となく肩こり。
今シーズン初めての
凍結した道路の運転からか。
道はガリッガリのツッルツル
これから春までこの道が続く。

冷える~といいつつ
朝の残りの冷えたコーヒーなど飲むものだから
いっそう冷えてしまっていかんいかん。

白い世界に塗り替えられたこの週末。
子どもたちは待ちにまった雪降り。
外へ出て大きく口をあけて空を見上げる。
「雪をつかまえる」
「あの雪!」
「オレはあの雪にする!」

汚いんだよ~と夢のないこと言いながら
私もやってみた。
けっこうねらった雪がつかまえられるね。

3時にあわせておからバナナケーキが焼けた。
熱いココアをいれようか。

|

« 国策 | トップページ | 月あかり »

コメント

あ、また、おいしそうなものが登場。
おからバナナケーキ。今度行くときに食べたい!

月山には、40、50過ぎても雪だるまを作って楽しんでる
人々がおりますよ。ラッセルして頭から湯気たってきたら、
手で雪をきゅっと握ってコンデンスミルクかけて食べます。
友人のお母さんは、70歳にして、まだ雪山の斜面を尻滑り。
雪のない世界なんて、考えられないけれど、雪道、凍結路
の運転は怖いですよねー。
こちらも、昨日も今日も路肩つっこみとか、追突の車が続出
でした。
ではでは、外出のときはお気をつけてー!

投稿: あかねずみ | 2006年12月 3日 (日) 22時24分

はい.こちらも、凍結始まりました。きちんと、外にある水道は、凍結防止のために囲まないと!と地元の人に言われつつもなにもせず。今日朝見事に凍結です。まだ、12月初めなのに。。。
冬を馬鹿にしててはいかんいかん、と反省です。
そうそう、私も美味しいコーヒーが好き。なので飲むのだけれども、暖かい国のものなんだよねえええ。
体を見事に冷やしてくれるのねええ。でも、でも、あの柿も冷やすって言うしね。まあ、ほどほどなら癒してくれるのかもね。
さあ、今日も修理屋始めますよ。

子供の留守番は怖いよ。
私はカーテンに火をつけた。
子供ゴゴロにもあれは怖かったよ!!!

投稿: めらんぢ | 2006年12月 7日 (木) 07時47分

「冬はじめ」なんと心地良い言葉でしょう、心が暖まります。
それとリンクするかもしれない「うかたま」冬号読みました。
ほぼ刊頭に出て来ているので、とても新鮮味がありました。
味噌踏みも3回目兆戦しょうと思っております。楽しみです!!

投稿: ジンクトミー | 2006年12月 7日 (木) 09時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国策 | トップページ | 月あかり »