« ストーブボンボン | トップページ | 冬はじめ »

2006年11月30日 (木)

国策

雪が降り始めた。

あたふたと製材所でもらってきた、食パンでいうなら「耳」の部分。
丸太から角材をつくるために不要となる材を束にした「セッカワ」を
軽トラでもらってきて、せっせと切っては積み上げる。
なんとか12月中旬くらいまでは、これでもつだろうか。

先日、映画「かもめ食堂」を観てから、
おにぎりやらシナモンロールやら
おいしそうで、
「そうだおやつはシナモンロール」と作り始める。

はっきり言って今日中に書き上げたいものがあって
やってる場合ではないのだけれど
そういう時に限って、横道にそれてしまう困った性分。

夜は日本一おいしいと言われている三陸広田湾の牡蠣を昨日もらい
今晩は牡蠣フライ!
添えるタルタルソースを作る!
と思ったらマヨネーズがないことに気がつき
材料をミキサーに入れ、サラダオイルを慎重に入れていた。
この糸のようにオイルを入れるところが
失敗と成功を大きくわける運命の分かれ道。

・・・と、そこへとんでもないニュースが飛び込んだ。
お隣遠野、といっても広い遠野市、その中でもタイマグラに直線距離で
10kmくらいって所で、
あの六ヶ所村の核燃リサイクル施設で再処理の際に出る
高レベル放射性廃棄物。それの地層処分に関わる影響調査として
来月ボーリング調査をするというのである。

地層処分・・・
つまりガラスとかで固めた核廃棄物を深ーく埋めて
処分しちゃったことにしようってこと。
なにー!!!!

日本原子力研究開発機構(あー漢字が一杯!
それだけで何だかたぶらかされている気がしてくる)
は地表部の調査はすでにしていたらしい。
この調査が最終処分候補地の選定とは関係ないって
言ってるらしいけど火山、断層、地震の影響が
少ないここ北上高地とか全国4箇所が
調査のモデル地区になってるとか。(でもボーリング調査は遠野だけ)

クリーンなエネルギーって国として原子力発電をすすめているけど
核廃棄物の処分とか古くなった原子炉の処理とかって考えれば
こんなに危険でお金のかかるエネルギーはないんじゃーないの?って
電気の恩恵をバリバリと受ける生活をしていてなんだけど
やはり自然エネルギーを開発したり
もっと電気に頼らない生活を探していかなくちゃ
省エネ!もう今日は寝るぞ。原稿はまた明日の朝。
基地にしても原発にしても自分の近くになきゃいいやってんじゃなくて
それ自体がない世界に向わないとね・・・。

子どもたちも「どうしたらいいの?」
考える。動く。
・・・けど明らかなのは核は子どもたち次の世代に
とんでもないおき土産になってしまう事実。

幸せのタルタルソースになるはずのマヨネーズ。
これまで失敗したことなかったのに
わなわなとオイルを入れるのに集中できなかった。
今日は分離して大失敗。なんとしてくれる
このオイル3カップ分のマヨネーズを!!

国民を不安に陥れる国策って!やっぱりそういうものなの?

|

« ストーブボンボン | トップページ | 冬はじめ »

コメント

こういうのって、反対が目に見えているから、なるべく
気づかれないようにって感じで目立たないように準備
が進められ、ある程度進むと「もう絶対に引き返すの
はやだかんね!」ってな感じでごり押しされることが
多いような・・・
山形でも、小国川の穴あきダムが強行されそう。
確かに住んでいる方たちは、大雨が降るたびに心配
だろうけれど、川っぷちきわきわのところに建物を建て
るということは、そういうことも知っていてのことではな
かったのかな?なんてこと思ってしまう。

投稿: あかねずみ | 2006年12月 1日 (金) 09時49分

行きたいけれど行けないこのジレンマ・・・・・タイマグラライブ!

タイマグラ映像ライブ観ました、雪のタイマグラ・・・・すばらしい!

先日六ヶ所村当事者に、意見を申しあげました、不謹慎とは思いますが、小さいトラブルが起きて、マスコミが大々的に取上げることがせめてもの私の出来る抵抗です。と・・・その人は黙ってうないずいていました!

かもめ食堂の新作おにぎり評判悪かった様ですが、タイマグラ女将の創ったおにぎり、早池峰の頂上で食した味は天下一品でした・・・・又食べたい!


投稿: ジンクトミー | 2006年12月 3日 (日) 09時40分

あかねずみさま
ほんとにジリジリといろんなことをすすめます。
アジア大会とか知事の談合とか言ってる間にも・・・。

ジンクトミーさま
ライブ残念日程あわず?
またおにぎりにぎりますからね。
食べにきてください。味噌は3月の第一土日です。
遠野はとりあえず市と県が即反対を表明したので
なんとかなるでしょうが、もぐらたたき。
あちこちでおこってくるのでしょう。

投稿: yama | 2006年12月 4日 (月) 10時16分

yamaちゃんさん、こんにちわ。
チーム発酵(笑)のさだっちです。

先日、この問題について東和で学習会をしました。
ツキモウシの方も一人来ていて、このような機会を遠野でも開催したいとおっしゃっていましたよ。
http://sadaiwate.jugem.jp/?day=20061220

いろいろ私たちに入ってこない情報もありますが、私たちも
知ろうとする努力をしていかなければならないと思います。

北上山系同士、一緒にできることはがんばって、安心してマヨネーズがつくれる暮らしをキープしていきたいですね!

高レベル処分場候補地の秘密調査の状況はコチラで見れます。
http://homepage3.nifty.com/ksueda/waste0505.html

高レベル廃棄物を川に垂れ流していた例や核廃棄物の行く末を
取り上げたテレビ番組が
http://macoco.at.webry.info/200612/article_11.html
コチラでご覧いただけます。

投稿: sada | 2006年12月25日 (月) 10時09分

さだっちょさん
こんにちは岩手を離れたyamaです。
でもこちらも今朝は8センチ。
ノーマルタイヤで父は仕事にでかけてしまいました。
東和勉強会平和ネット経由で知りました。
こちらでも永田さんのお話勉強会したいなあと
思っています。
あちらはあの手この手でかかってくるので
こちらもあちらこちらで繋がっていけたら心強いです。

投稿: yama | 2006年12月29日 (金) 10時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ストーブボンボン | トップページ | 冬はじめ »