« アレ!? | トップページ | 余韻・・・ »

2006年7月18日 (火)

韓国少年

Yohann

あっという間の3泊4日、
韓国少年 イー ヨハン君のホームステイが終った。

事前にもらっていたヨハンの自己紹介に
「落ち着いた性格」「絵を描くのが好き」
「お刺身が好き 」「料理の味見が趣味」
とあった。なかなか気が合いそう・・・。

村の歓迎会の後タイマグラに到着すると
ホタルが出迎えてくれた。

他のホームステイの子たちが「食が細い・・・」と、
お母さんたちが心配しているのとは裏腹に、
ヨハンは学校の給食も残さず、
キャンプ場でのバーベキューの時も
皆遊びはじめているのにもマイペース。
もくもくとよく食べていた。

夕飯のピザと朝食のパン生地をこねていたら「やってみたい」と
息子たちと一緒にこねはじめた。
テコンドーのノリでパンチパンチパンチ。
段々エスカレートして
パン生地を成型するころには、もう粘土遊びの男子4人。
目にくっつけてめがねかけてみたり
鼻型とったり・・・。「これあなた達食べるんだからね!!」

その晩のお風呂はうちの11歳とヨハンが二人で沸かしたお風呂。
どんどん燃えるのがおもしろかったらしく
焚き口の蓋を開けたまま、薪を入れたり団扇であおいだり
煙だらけの中がんばってくれた。

お風呂も4人で水鉄砲で遊ぶやら
彼らの考えた「くじらの潮吹き」に興じるやら。
(バケツにおしり突っ込んで股の間から水を噴き上げる・・・)

本棚を足場にして5歳9歳と共にヨハンも押し入れに上がり
飛び降りて遊びはじめるやら。
「カンチョー!」やら・・・
子どものやることは万国共通か・・・。

水木しげるの妖怪花札が気に入ったらしく
最後の晩も「出発早いから早く寝て!」と言ってるのに
あと一回!と花札遊び。ルールはだいたい同じらしい。

夜、私が蚊帳を張っていたら、すっと手伝ってくれた。
かわいい手。

出発の朝は、思いがけない見送り登場。
クマ!!
クワを食べに来たのだ。皆で見た。
ヨハンも「首の白い月の輪もしっかり見えた!」と。

タイマグラ フィールド・ノート3泊の後は
東京の高輪プリンスホテルに泊まり
ディズニーシーで遊んでから帰国するらしい。
高輪プリンス ディズニーシー vsフィールドノート タイマグラ
なんだか「対極体験!?」

見送りの車の中、お土産にもらった韓国の人気歌手のCDを聞きながら
「・・・サランヘヨ~(愛してる~)」だけわかった。
まージャケット見るにあちらのSMAPってなところなのだろうか・・・。

釜山生まれマンションの11階に暮らすヨハン。
タイマグラの山奥の暮らし、おったまげただろうか?
でも虫を嫌がる風でもなく、真っ暗闇を恐がるわけでもなく
風呂焚きもパン作りも楽しそうで
とっても自然にうちの子たちと一緒になっていた3日間。

連れ合いが望遠鏡に木星とその衛星をいれてくれた。
日本の片隅タイマグラから見る木星。
ヨハンの住む釜山ではネオンの明かりで木星は見られないかもしれない。
でも同じ星に暮らす友達だということをあらためて感じさせてくれた。

わが家のノートにハングルでメッセージを残してくれた。
あー!!ハングル勉強して彼のメッセージを解読せねば!

|

« アレ!? | トップページ | 余韻・・・ »

コメント

いい話だね~。
ぜひともその韓国語のメッセージ、解読したら教えてね!
あ、うちの原田君読めるかもよ!!

投稿: カモノハシ君 | 2006年7月18日 (火) 19時59分

都会のねずみと田舎のねずみって話を思い出しました。
それぞれの暮らす場所で、居心地よさを見つけられればいいよね~。
メッセイージ、近々11歳の担任の先生に解読してもらいます。
韓国で日本語教師をしていた先生なのです。(お連れ合いは韓国人)おかげで子どもたちは積極的に韓国交流参加することができたのでした。
原田君スゴイ!それで英語と中国語もでしょ!まだまだありそう。

投稿: yama  | 2006年7月20日 (木) 05時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3430/2706750

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国少年:

« アレ!? | トップページ | 余韻・・・ »