« 菌類・・・ | トップページ | 雨降りの前に »

2006年6月10日 (土)

森の夜 2

夕食をしている間にオオコノハのヒナが1羽巣立ったようです。
食事前巣口にとまりながらも体を上に伸ばしてみたり
下をのぞきこんだり。
まるで「こ、ここから飛ぶの~!?」と
様子をうかがっているようにも見えます。

息子たちとそそくさと食事をすませ7:30pmモニターを覗き込むと
ポヤポヤのシルエットが1羽枝にとまっています。
巣口にも別のヒナが。おそらく4羽のヒナがこれから順番に
巣立っていきます(5羽目は・・・ないよね)。
はしゃぐ子どもたちに「シー静かに!」と言うと
「カカが一番さわいでるよ」お互い様でした。

オオコノハの親らしき影が巣立ちを促すように、
巣の周辺を行ったり来たり。

その後コウモリの観察会をタイマグラで企画していたので
子どもたちとゾロゾロでかけました。
調査のため許可をとって仕掛けておいたトラップに
すでにお客さん。クロホオヒゲコウモリ2匹。
小さな小さなコウモリです。
気が強そうで盛んに先生の軍手をはめた
手に噛み付きます。
コウモリの周波数にあわせて声を聞く
バットディデクターを使ってコウモリの声を聞き、
そっと背中や膜を触らせてもらって
また森に放してあげました。
毎年同じ場所でもう数年になるこの観察会。
ハズレはなし。毎年いろんな発見があります。

その後半時間ほどコウモリを待ちましたが現れないので
(・・・というか子ども賑やか過ぎ?)
またゾロゾロとわが家に移動してオオコノハ観察。
・・・と巣口から少し離れた枝にヒナがとまっています。
初めて巣から出てきた世界。これからこのポヤポヤさん、
狩りをしながら自分の力で生きていくんだよ。
しばらくは巣の周辺をウロウロして狩りを覚えていくのだと
隣人の動物カメラマン氏。
一度巣立ったヒナはもう巣には入らないのだそうです。
パートナーを見つけてまた戻っておいで。

満月2日前、ぼんやりと、しかし大きなお月さま。

子どもたちはコウモリ、オオコノハ プラス夜遅くまで
お友達と遊べてハイテンション。
さすがに今日はお話の本なしで、パタンと寝てしまいました。
(声が裏返ってたぞ・・・)
私はもうしばらく一人オオコノハを見ていよう。
明日が日曜日でよかった。

|

« 菌類・・・ | トップページ | 雨降りの前に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3430/2162492

この記事へのトラックバック一覧です: 森の夜 2:

« 菌類・・・ | トップページ | 雨降りの前に »