« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月31日 (金)

本日のおやつ

ここんところ子どもが春休みで、いつも以上に
1日が食べること中心にまわっているような気がします。
毎食毎食いつもとそう変わりばえしないのに
「今日のごはんは?」「今日のおやつは?」と聞いてくれる
カワイイやつらよ。
やはり「やったー!」という声が聞きたくなるものです。

・・・で、ぜーんぜんやったー!ではないのだけど
今日のおやつは、名づけて「粉飾クッキー」
世も世ですし・・・って!?
何が粉飾かって私としては、お昼に作ったコロッケの衣、
パン粉、小麦粉、卵が少ーしづつ残ったのを使いたかったのです。
それにそーいえば冷凍庫に大豆を茹でてマッシュしたのがあったぞ・・・。
その時冷凍庫で目があったちょっと残しのきな粉も発見。
おまけにカゴの中で日の目を見るのを待っていた
やはりちょっと残しの山芋をすりおろし・・・
ありあわせの粉類でとりつくろって・・・ってあたりが粉飾!?

ちょっとテンサイ糖と小麦粉と菜種油を足してコネコネ。
ゴマバージョンとココアバージョンとプレーンタイプ。
3種類もできてしまいました。
本当はダッチオーブン+薪ストーブで省エネするつもりが
今日はパンを2種類焼くことになったので
フライパンで焼くことにしました。
うちのお子様たちは基本的にいつもハングリー状態なので
こんなあやしいクッキーも大喜び。いやーいい子です。
コロッケの人参とか玉ねぎもちょっとはいってたはずだけどね。

大丈夫、お客さんにはあまり怪しいものはだしませんから!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月30日 (木)

吹雪です

3月30日16:00現在吹雪です。
昨日も吹雪でしたが、更に気温は下がってます。
どーなってんだか。
昨日は忍者の修行で賑やか三昧でしたが、
今日はガラッとオモムキを変え3兄弟刺繍にはまる・・・。
といっても、さらしにチャコペンで絵を書いて
ちくちく運針なのですが・・・。

10歳仮面ライダー
8歳 マダガスカルの国旗
5歳 一反木綿(ゲゲゲの鬼太郎より)

静かです。スゴイ集中力。恐るべし針仕事。
そういえば私は繕い物をしようと
針箱を出したことから僕も僕も僕も~!と刺繍大会に
なったのを今、思い出しました。
でももう夕飯の支度を開始することにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月29日 (水)

テレビはないけど

わが家にはテレビがない。
まあ主義主張で・・・とカタックルシイ理由云々よりも
衛星放送しか入らないというのが主な理由。
そしてあったら真っ先に私がテレビにかじりつく意志の弱さを
わかってもいるからでもある。
それに山の中の民宿に来てお客さんとテレビ見ている
というシチュエーションも、「ここまで来てね~」
・・・ってなことでテレビはない。しかし決して静かではない。
山の中の静けさとは裏腹に、10歳8歳5歳の息子が・・・。

最近のブームは忍者の修行ごっこ。
目はアイパッチをつくって片方隠し背中にプラスティックの刀、
頭には私のショールを巻き頭巾に。
今日の修行は昨晩使った湯たんぽを出してきて
三人が川の字に寝転び「ハイッ、ハイッ、ハイッ・・・」と
かけ声をかけながら、顔の上で上げたり下ろしたり・・・。
腕力を鍛えているそうである。
テレビよりは、まあ、私も楽しませてもらっているかも。
という訳でテレビはないけど、今しばらく賑やかな日々であります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

味噌を仕込む

昨日は部屋の中の味噌玉をおろしてきて味噌桶に仕込みました。
空気中の麹を味噌玉に取り込む1ヶ月。

おろして洗ってそれを細かくほぐす。塩と麹と水を加え
味噌状のゆるさに調整。
笹の葉をかぶせ、重石をして二年間熟成。
3年後に口開けします。おいしい味噌になりますように。

ばあちゃんは晩年味噌を仕込む度、オラが動けなくなっても味噌は生きている。
三年くらいしたらお迎えが来るべ・・・。と言ってました。
最後の味噌を仕込んで三年。口開けの3ヶ月前にばあちゃんは旅立ちました。

単純に味噌を売ってお金が入る、保険代わりのようなもの。というだけでない
ばあちゃんの中できっと味噌はココロの支えのようなものだったのかなと思います。

汗をポタポタと流しながらくる日もくる日も同じ作業を繰り返す。
ばあちゃんの体とココロを注ぎ込んで作ってきた味噌は「ドッコイ!」
っと音が聞こえてきそうな力強く、そしておいしい味噌でした。

大地にはいつくばって生きてきた自信と誇り、
そして命が込められた味噌でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月25日 (土)

共時性

共時性、よく起こります。

今朝、北海度で友人が関わっている農場のチーズを一切れ食べました。大事に大事に食べていて、これは最後のひとかけでした。やはりおいしい。香り(というか匂いかな)も強烈なラクレット。どーしてるかな?とその友人を思いながら。

スイス土産で昨日チーズフォンデュで有名な本場のグリュイエールをいただいたので、そのラクレットの最後のひとかけを食べる決心がついたのかもしれません。グリュイエールも今朝一緒に開封して早速食べようか、とも思ったのだけど、これはこれでまた誰かと話の種にしながらいただこう。と、今日は見送りました。

するとその1時間後、まさにそのチーズの友人から電話がありました。「北海道から大阪へ車で里帰りの途中、遊びに行ってもいいかな?」12年ぶりの再会です。

とっておきの相手とチーズを食べることができそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月23日 (木)

咲いたのだよ。

昨日フクジュソウが開花しました。写真も撮ったので

大きくあの黄金色の愛らしい花をブログにアップして

シンプルに「咲いたよ」と一言コメント。写真最近アップしてないしな~。

完璧な計画。しかし昨日は時間がなく・・・・と、モタモタしているうちに終わり

そして今朝起きると真っ白。5センチの積雪でした。

写真も見てみるとピンボケだったので雪がとけたら

開花2回目のフクジュソウにチャレンジです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

「ばあちゃん」スイスへ

「オラ、雫石の姉のところが一番遠くかな・・・」生前ばあちゃんは

そういっていました。一番遠くにでかけたことがあるのは県内のお姉さんのところ。

いまや「タイマグラばあちゃん」の映画となってばあちゃんは

国内はもちろんイギリス、オランダ、チェコ、

今はスイス・フリブールの映画祭にお出掛け中。

そして昨晩連絡があってドキュメンタリー部門の最優秀賞に選ばれました。

ばあちゃんの姿は、言葉や時間を越えて

人間の共通の理解が得られるのだなと。嬉しくなりました。

ばあちゃんも天国で驚いていることでしょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金)

3月の雨

今朝は雨音で目が覚めました。ザンザン降って

ドンドン雪がとけます。今はまだ白9:茶1の

割合ですが(雪と土の比率・・・)これがみるみる茶色の

大地が占める日も近い!

子どもたちは学校今日で終わり。「春」な気分です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月15日 (水)

トトパン

朝は、ご飯とパン、半々くらいのわが家。

冬の間も酵母が調子がよいので、快調に焼いていました。

昼仕込んで、夕方焼く。というペースが

わが家の薪ストーブで焼く酵母パンのタイムスケジュールなのだけど

ここのところ日中でかけたり、うーん何してたのかな?

何だかこねるタイミングを逃し

焼くタイミングも逃し・・・で作りそびれていました。

子どもたちから「パン食べたい!」とリクエスト。

買ってくればいいのだろうけど

私が子どもの頃、母はパンを焼いてくれていた「刷り込み」もあって

何となくパンを買うというのが、すんなりとできない・・・。

「うーん明日は焼けるかな?」とあいまいな返事をしていたら

連れ合いが「よーし明日はトトパンだ!」

昨日外出から戻ると「トトパン」1次発酵中。

私としてはつい生地は丸く、継ぎ目を下にして・・・などとアレコレ口を挟みなくなる

野趣あふれるそのパンの仕込み方、そこはぐっとこらえて!?

結局夜の10時までかかってストーブで焼いたとか。

(スミマセンさっさと休ませていただきました)

朝起きるとライ麦トトパンが焼きあがっていました。

子どもたちも「トトパンだ!」と大喜び。

決して今どきの子ども好きするフワフワパンではないのだけど

大満足。へへ、私も何だか楽しちゃったし。

いいね、たまには「トトパン」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月14日 (火)

振り出しにもどる

真っ白です。気温は昨日朝がマイナス8度日中がマイナス6度。

三寒四温よーく心得ているつもりですが、

春はじれったく、そしてあっという間。

昨日5歳の息子がカレンダーをのぞきながら

「カカ(お母さんの意)油断しちゃだめだよ。もうすぐ春だからね!」

は、はいっ!(それにしてもどこで覚えてきたんだか?)

昨日今日と一旦振り出しに戻りましたが

春のココロの準備はしておきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

「気楽なトト」

ココログのトラブルでログインできずやっとつながりました。便利なんだか使われてるんだか・・・。「適度な距離を持て!」とのメッセージってことにしてますが・・・。

今朝5歳の息子が「いーねートトは気楽で」わが家では父親のことはトトと呼びます。(ちなみに母親はカカ)ぎょっ!まるで私が刷り込みでもしたの?といわんばかりの鋭い一言(笑)えーあのー、私は何も言ってませんよ。

子どもは正直だな~って。「冬はね・・・」って私は一応フォローのような言葉をとっさに言いましたが・・・。冬は家にいることが多いので好きな鉱物のこと調べたり、図鑑読んだり顕微鏡で結晶みたり。「行きたくもない保育所に行く」という息子にとっては「気楽」に見えたのでしょう。気楽ばかりでもないんだけどうーんでも当たってるかも。 今の日本にこれだけ父親に遊んでもらっている(遊ぶだけではなく)関わってもらってる子どもっているだろうか?というくらいわが家の子どもたちは父親に遊んでもらっていると思います。リクエストの絵を上手に描いてくれ、仮面ライダー弁当作ってくれて、子どもの頃のお話をしてもらい、植物や鳥や鉱物や天文の話わからないことを一緒に調べてくれる・・・。

もちろんシーズン中(春~秋にかけて)は世間並みに忙しく留守にすることも多いのだけれど。カカとしては焼きもちやくほど子どもたちはトト大好き。 それにしても以前息子の検診の心理テストで「好きな色選んでごらん」といわれ選んだ色を見せると「あーお父さんの愛情不足ですね。しっかり遊んであげてください」って。母親の愛情不足なら納得するけど(笑)

連れ合いが「気楽」となると本来気楽なはずな人間も締まり役になってしまうものです。でも気楽もいいよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

春よ来い

啓蟄も過ぎ、味噌玉もぶらぶら、風も何だかやわらかく・・・。ブログも模様替えしました。ミツバチが飛び交う日が待ち遠しいこの頃です。

うかたま」の2号が先日とどきました。特集はおべんとう。私もそとにお弁当もってでかけるお話をかかせてもらいました。フクジュソウの咲く中でのお弁当、いつものお昼も南向きの縁側で。外で食べるご飯のおいしいこと。きっと春の風もご馳走ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

味噌玉ぶらぶら

味噌仕事がはじまれば春。今朝はマイナス8度まで下がりましたが、
日中はスンバラシイ晴れ!ここのところ春の気配を感じる瞬間が多
くなってきました。

先日の週末、3日かけて味噌豆を煮て玉にして吊るすことができま
した。今年は26kg(約2斗)の豆を仕込みます。神奈川、つくば、
仙台、盛岡・・・この味噌玉作りに各地から参加してくださった方、
タイマグラの子どもたちのおかげ、どうもありがとう!私の頭上に
はぶらぶらと味噌玉が。これから1ヶ月、空気中の麹菌を取り込むべ
く乾燥にはいります。

ばあちゃんが毎年毎年続けてきた味噌作り。私たちは少しの量だけ
れど、いろんな方たちの力をあわせて、ばあちゃんの真似事させて
もらいます。ばあちゃんはいなくなったけれど、ばあちゃんを感じ
るこの味噌仕事をいろんな方とできる幸せ・・・。
この味噌玉ツアーを前に合わせて三年前に仕込んだ味噌の口開けも
しました。手前味噌は言わずもがな・・・。へへっ。美味しい味噌です。

味噌玉ツアーに参加しそびれた方!4月の上旬までにタイマグラへい
らっしゃれば、もれなく味噌玉ブラブラをご覧いただけます。味噌
玉の乾燥に伴い、落下注意ですが・・・。(笑)

去年からはじめたこの味噌玉ツアー。今年は昨年に続き二年目の方
もいました。三年連続の参加者には自分の仕込んだ味噌をお土産に!
と考えています。来年もお待ちしていますよ。

味噌玉の写真がうまく取り込めず・・・。ちょっと仕切りなおしです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »