« お粥 | トップページ | いい湯だな »

2005年12月 6日 (火)

宇迦御魂神

Photo_858 農文協から新しい雑誌が創刊されました。「うかたま

うかたまとは宇迦御魂神(うかのみたまのかみ)

日本の食の神様のこととか。

タイマグラばあちゃんの監督澄川さんがばあちゃんの

味噌仕事のお話を書かれています。

三月はじめの一週間豆を煮、それを玉にして1ヶ月干し、

塩と麹、水を加えて仕込み2年間熟成させます。ばあちゃんの

一年の仕事の中でも力をいれている仕事、味噌の味も

仕事そのもの力強い味。

私も『タイマグラ「フィールドノート」』としてこの宿での

お客さんとの出来事などを書かせてもらいます。

他にも故郷島根の益田市雪舟山荘のうずめ飯とか

学生時代うろうろしてた練馬区石神井台の

うどん屋さんエン座などなど。

今すぐにでも出かけて行きたい所、日本(韓国も)あっちこっちの

お餅もあーおいしそ!どれもこれも食べてみたい。

冷凍食品を電子レンジでチン!とすれば、5分で食卓は

整うし、コンビニへ行けばそれなりに食べものは手に入ります。

でもでも・・・。

注意深く包丁で材料を刻み、火加減を気をつけながら

味をみて作った1品。これだけの仕事の中に、どんなに

知恵が込められていることか・・・。

「1日のほとんどを気がつけば台所で過ごしてた」なんて日は

なんともいえない幸せな充足感が得られるこの頃です。

要領が悪いという話もあるのですが(笑)。

宇迦御魂神さま!こんな時代だけど見捨てないでくださいね。

|

« お粥 | トップページ | いい湯だな »

コメント

 「うかたま」見ました!ここ最近増えているいわゆる生活系雑誌に飽き飽きしていた私ですが、朝ごはんとおもちのテーマにつられて購入してみたら、タイマグラとの出逢い(おおげさかな?)がありました。毎日仕事に追われてるのを言い訳に、夢や生活を顧みるのに最近いい加減になっていた私の心にじわじわと・・・なにかくるものがありました。海外や国内の各地を旅する為に資金を貯めているのですが(なかなか退職できなくて叶わないのだけど)、タイマグラを出発点とすることを現在胸に誓いマス!
 雪舟山荘のうずめ飯も気になるし、浅めし食堂のじゃがいもすいとんも美味しそう~!やっぱり現地の食べ物って何よりのご馳走ですよね。(単なる食いしん坊です・・・)
 寒さ本番の季節、もちろん都会とは比べものにならないでしょうが、風邪には気をつけてタイマグラ生活を送ってください。突然長々と偉そうなコメントで失礼しました・・・。

投稿: ゆうゆう | 2005年12月 8日 (木) 01時08分

ゆうゆうさんはじめまして。
コメントありがとうございます。
「生活系雑誌」わかります!次々と。
「なんちゃってエコ現象」と私は言っているのですが
まあそんななんちゃってエコは
それはそれでうまく使えばいいと思っています。
街の本屋ではとりあえずあの手の数誌を
ぱらりーんと見て、時にフムフムなんて記事もあったりして。
利用されないように、乗せられないように。
(自戒をこめて)

投稿: yama | 2005年12月 9日 (金) 12時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3430/65902

この記事へのトラックバック一覧です: 宇迦御魂神:

« お粥 | トップページ | いい湯だな »